発達障がいと2次障がい。

先日も少し書いたのですが、寒波の時期、絶不調な我が家の発達障がいくん。


思い返せば1年前も、同じように絶不調で、チック症のことを「僕は病気だ!」とずっと言っていたなぁと思い出しました。


今も毎日、夜になると「眠れない」と泣きます。


軽い睡眠障がいの気がある我が家の長男ちゃー。


布団に潜るとシクシク泣き始め。。。毎日1時間はグダグダです。


c0325213_13054154.jpg



我が家の長男は、自閉症スペクトラム障がいの中でも、アスペルガー傾向が非常に強く、ADHDもあるので、常に交感神経が緊張している状態にあります。


ですから、日常的にアロマを用いていて、朝はシャキッと目覚める香り、夜はリラックスできる香りと使いわけています。


寝室には、こちら。


c0325213_13054288.jpg



交感神経を沈め、安眠をもたらすラベンダーと、鼻や呼吸器系が弱い我が家の子どもたちのために、ティートゥリーを。


朝のリビングはこちら。


c0325213_13054311.jpg



フレッシュで前向きな気持ちになる、レモン。


これからの花粉の季節にはこちらのペパーミントもおすすめです。


c0325213_13054427.jpg



発達障がいの子は、発達障がいだけではなく、睡眠障がいや、協調性運動障がいなどが潜んでいる場合が多く。それらが原因の2次障がいによって発達障がいが見つかる場合が殆どです。


眠れない→鬱になる→受診する→発達障がいが確認される。


運動ができない→学校に行くのが嫌になる→不登校になる→受診する→発達障がいが確認される。


という具合です。


皆さん、本当に勘違いされているのが、実は発達障がい自体はそれほど問題ではなく、社会に出た時に問題視されるのは、2次障がいの方です。


鬱もしかり、不登校もしかり。


どんな風に社会と関わってよいかわからなくなった例の根底に、発達障がいが潜んでいるのが現代の状況です。


裏を返せば、発達障がいを認めて生かす方向性を定めたなら、2次障がいは防げると言っても過言ではありません。


今私は、長男ちゃーの寝る時には、できるだけ自分自身の感情をフラットに保ち、沈んだ気持ちの立て直し方を、プラスの言葉で補っています。


障がいだから、仕方ない。


そんな気持ちで受け入れると、お母さんの気持ちも少しは楽になります。


どうして、この子はこうなんだろう?なぜ、この子はあぁなんだろう?


そんな風に考える日々から見えてくるものは、マイナスな感情でしかなく、この症状は障がいなんだーと思えると、対策の方向性が見えてくるものです。


怖がらず、もう半歩前に進むと、見えてくる景色は違います。


その半歩が、何十年も先には、大きな大きな足跡になっているものだったりしますよね。


子どもたちの未来が、輝いていますように。そして、今しかないこの時を、キラキラした瞳で過ごせますように。


★☆★


今日は、取材を受けるでしたが、私の体調が悪くキャンセルとなってしまいました。


でも、虫の知らせかな?なんとなく今日はキャンセルした方が良い!と思ったのはビンゴで、おマメさんが微熱です。。。


c0325213_14084556.jpg

食欲はある。


冬の嫌な時期がやってきました。隣接する小学校は学級閉鎖が出ています。


皆さんもお気をつけて。


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉美保さんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、590人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-01-27 13:26 | 発達障がい☆

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧