旦那さんと子どもへの意見が異なる時。

なんだか、いつまでも寒いですね。


春の足音が、近付いては遠ざかる。そんな日々です。


先日告知させていただいた数学教室。早速、お申し込みやお問い合わせをいただいています。


数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。


春休みに、是非、お子様と遊びに来てくださいね!


★☆★


さて、普段から良く耳にする相談の内容に、


「旦那さんが、話を聞いてくれない。」
「旦那さんと、子育ての意見が違いすぎる。」
「旦那さんが、わかってくれない。」


というのかあります。


はい。わかります(笑)男女は平等ですが、違います。育って来た環境が違い、見て来たものも違います。


ましてや、24時間子どもと対峙している母親と違って、帰宅後や土日の数時間。ベタベタと甘えられることもなく、まとわりつかれることもなく、ましてや、幼稚園や保育園での様子なども見ていない父親とは、意見が違うのは当たり前。


c0325213_02561112.jpg



あくまでも社会がステージの男性と、結婚して子どもができると、どうしても家庭がステージの女性。はじめから意見なんか合わないと思っている方が無難かもしれません。


ですが、実は子どもにとって、「価値観は2つあった方が良い」のです。


というのも、社会は多種多様な価値観で満ち溢れており、それらを取捨選択して生きていかなければならないのが人間です。


1つの価値観だけに縛られて生きることは、実は大変危険で、社会適応力の低い大人になってしまう可能性が高くなってしまいます。


ですから、まずはベースとなる考え方。つまり、「卑怯なことを許さない。」「小さな子どもをいじめない」などの人間の基本となる価値観を擦り合わせておけば、子どももそんなにぶれることはありません。


c0325213_02561198.jpg



ですが、そこはこちらも人間。一緒に暮らす中ではイライラも募りますよね(笑)。


旦那さんをどうにか説得、納得させたい。というお母さんの気持ちもわかります。


全てが全て、考え方を変えることはもちろんできませんが、男性というのは意外に素直で、納得ができれば、コロっと考え方を変えたりしてくれたりもします。


その一番大切なことが、理論的に話し、医学上や理科学的に証明がある。ということを元に話すことです。


男性は女性の「感情的な面」が理解できません。


「泣いて訴えたのに聞いてもらえなかった」ということを良く聞きますが、そのシーンだと男性側からすれば「泣いていること」しか記憶に残らず、内容は全く聞こえていない(笑)。言っても無駄な感じですね(笑)。


私の言っていることが、どれだけ社会的に認められているかを伝えるために、データー収集をする。まるでビジネスマンのプレゼンです。


c0325213_07260987.jpg

ちゃーが貰った、ラブレター(笑)。人生最大、唯一のモテ期です(笑)。


例えば、「甘える」ということについて、両親の意見が食い違ったとします。


物を与えることなども意見が食い違いがちですね。


「甘える」ことをどこまで良しとするか。父親の方はどうしても、「甘やかすな!」と言いがちです。


でも、物を与えること以外の甘やかしは、とことんやってあげる方が良いのが子ども。


つまり、心はとことん満たしてあげる方が良い。


c0325213_07261051.jpg

「やりたい気持ち」もそうですね。


それを、感情的に話すのではなく、理論的に伝える。


「小さな頃に、十分依存できなかった子どもは、将来100%何かに依存するというデーターがあるの知ってる?ギャンブルや男女関係、非行に走るというのは実証されてるよ。」


などのように、きちんと伝える。


私は、ずっとそうしてきました(笑)。元々、子どもについては、私が専門家ということで、旦那さんはあんまり煩くはなかったのですが、それでも微調整が必要(笑)。


障がいについては、特にそうでした。


あ、男性は特に「専門家」にも弱いかもしれませんね。


男性の方にも譲れないことがあるでしょうし、こちら側にもある。


相手の思考回路を理解することで、物事がスムーズに運ぶ。家庭もつまりは、人間関係から成り立っているわけです。


でも、決して全てにおいて、同じ方向を向けば良いというわけではないことを是非知っておいて下さいね。


それは、お姑さんの関係においても同じです。


違う価値観で育てる人がいても良いのです。


たくさんの価値観に触れることが、子どもの人格形成に役立つことを是非知って下さいね。


c0325213_07324229.jpg



★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-03-11 07:32 | こどもにいいこと☆

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧