子どもの感性の伸ばし方。

c0325213_20340171.jpg



暖かい日が増えてきましたね。


春休みに入り、1日2回の公園に、母はクタクタです。


さて、我が家では子どもの「感性」を特に大切にしています。


「センス」と「感性」って、同じように使われる言葉ですが、根本的には違っていて、「センス」は大人になっても磨けるけど、「感性」は幼い頃に決まってしまうような気がしてなりません。


「感性」って、「センス」のベースになるもの。


つまり、生きていくにも、何をするにも「感性」がなければ、美しいものに心を動かされたり、危険を察知したり、ピンとくる、ピンと来ない、ということも、感じることが難しい。


感じ取る力があるからこそ、生きて行く力になる。


c0325213_03135135.jpg



その子どもの「感性」は本当にちいさな頃から、育ててあげることができます。


1番大切なことは、自然に触れること。


桜が咲いたなら、それを見て、触って、香りがあって、色があって、「桜が咲いた」ということを、全身で感じ取れる場所に身を置くことが何よりも大切です。


桜が咲いていることだけなら、テレビでもわからります。桜を知ろうと思えば、スマホで簡単に調べることができます。


でも、それは違う。


桜の花びら、木の肌、吹いている風。それら全てを感じることで、子どもはやっと「桜が咲いていて、美しい」と感じることができるのです。


c0325213_03135165.jpg



野に咲く花も、こんな風に集めて、束にして、やっと、たくさんの色や形があることに気づきます。


次に大切なのは、どんなことも「好きなだけやる」ことだと思います。


c0325213_03135267.jpg



私が幼い頃からの習い事に消極的な理由がここにあります。


なぜなら、本当にちいさな頃には、専門家に教えてもらう30分よりも、本当に好きな時間を好きなだけ使い、満足するまでやりきることが、何よりも大切だからです。


c0325213_03135353.jpg




習い事ならば、区切られてしまうことも、家でなら、心ゆくまで遊ぶことができる。


時間に追われることなく、好きなことをやりきることでしか、生きる力は育たないと言っても過言ではありません。


c0325213_03135369.jpg



そして、最も大切なことは、親が口を出し過ぎないことでしょう。


c0325213_03135419.jpg



絵でも、何でも、遊びには正解なんてありません。


やりたいように、やらせてあげれば良いのです。


c0325213_03135587.jpg



2歳ではぐちゃぐちゃで、見境なくやっているようなことも、6歳になれば自ら秩序を生み出すようになる。


それが成長であり、それが子どもです。


親の言いなりになんてならない、それが子どもです。


約束やルールを守ることはもちろん大切です。


だからこそ、家では好きにやらせてあげる。これさえあれば、子どもの感性は必ず伸びます。


人と同じではない生き方をしても、生き抜く力は、こんな風にして伸びて行くものだと思います。


c0325213_03135500.jpg



色とりどりの子どもたちがいるから、世界は輝くのだと、私は信じています。


さて、春休みも中盤。明日(ってか、今日!)は、子連れひらパー。。。1人で3人。。。連れてきます。


屍になる予定(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村








[PR]
by Maria0815 | 2017-03-30 03:13 | こどもにいいこと☆

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧