育児書に書いていないこと。

私は普段、心理カウンセラーとして活動をしています。


心理カウンセラーにはたくさんの資格があり、私は、4つの資格を持っています。


•上級心理カウンセラー
•メンタル心理カウンセラー
•チャイルドカウンセラー
•家族療法カウンセラー


c0325213_10421122.jpg



学生時代は心理学部に所属していました。関西では有数の心理系の大学です。


いわば、普通のお母さんから見たら「プロ」なんです。


ですが、私が自分の子育てに悩まないかと言えば、全くそうではありません。


プロとして知っているが故の葛藤もありますし、「こうすべき」とわかっていても、3人の子どもと関わる中では、ベストの答えを選べない時もあります。


3人は私の子どもですが、全く違う個性を持つ素晴らしい存在で、以前からお伝えしているように、発達障がいの子もいれば、定型発達の子もいます。


c0325213_11065110.jpg



心理カウンセラーとして、たくさんのお母さんにご質問いただいたり、私を信頼して悩みを打ち明けてくれるお母さんたちもいます。


そんな時、私がお伝えするのは、たったひとつのこと。


「あなたのお子さんの育児書は、あなたご自身が手塩をかけて作るものなんですよ。」


ただ、これだけです。


例えば、我が家の真ん中さんであるゴンさんは、この春から幼稚園へ通いはじめました。


お兄ちゃんが楽しく通った幼稚園、お兄ちゃんが大好きだった「にじぐみさん」になれました。


でも、毎朝「行きたくない」とゴネ続け、園のテラスで最後まで渋っているのも、最後まで泣いているのも、彼女なんです。


長男は発達障がいを持っていますが、泣かずに幼稚園へ行きました。帰宅後荒れていましたが(笑)。


真ん中さんゴンは、定型発達ですが、毎朝泣いています。でも帰宅後は普通(笑)。


この時に感じるのが、定型発達だから手がかからない、発達障がいだから、手がかかるとは限らないし、それはどっちでも良いということです。


c0325213_11065271.jpg



長男は発達障がいだけど、泣かなかった。長女は定型発達だけど毎朝ぐずる。


それぞれで良い。


泣かないから偉いのでも、ぐずるからダメな子でもない。


「他の子はみんな行けているのに!」なんて言う言葉は全く意味がありません。


私ができることは、「待つ」ことだけ。


「楽しく通えるようになるまで、待つ。」


それしかありません。


c0325213_11065264.jpg



我が子の「取扱説明書」が作れる権利を与えられているのが、お母さんです。


育児書に書いてある「正解のようなもの」が、全て我が子に当てはまるわけではないのとおなじように。


それぞれ違っていて、当たり前です。


幼稚園に馴染むまで1日いらない子。1ヶ月かかる子。それぞれで良いではないですか。


1ヶ月、泣きながらでも通えたことは、きっと自信になります。


手がかからず通えている子が、将来素晴らしい大人になるかと言えば、そうではないのと同じです。


そういう意味で言えば、我が家は3人とも、誰に似たのか頑固者で、恐ろしく手がかかりますよ(笑)。


動画で、前田家の1日をお伝えしたいくらい(笑)。


でも、それで良いと思っています。


だから、良いのだと思っています。


育児書には書いていない、我が子の取扱説明書は、私も絶賛製作中です。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、700人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。



インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村









[PR]
by Maria0815 | 2017-04-17 10:32 | こどもにいいこと☆

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧