カテゴリ:未分類( 93 )

イヤイヤ期の「やりたい」が「生きる力」になる。

我が家の次男坊おマメは、2歳4カ月です。


イヤイヤ期真っ只中の年齢ですが、我が家の3人はイヤイヤ期にあまり苦労した経験がありません。


イヤイヤ期はもちろんあったのですが、発達障がいの長男ちゃーの場合も特性を理解していたので、「事前告知」でだいたいのことは納得していたように思います。


イヤイヤ期という言い方も、あまり好きではないので私は「やりたい期」と呼んでいます。


なんでも「やりたい!」。


なんでも「自分で!」。


でも、「できない!」。


「うぎゃー!」となるわけです。


c0325213_11312132.jpg

今は4歳のゴンさんと同じことがやりたいのね。


専門的なお話をすると、この1歳半くらいから出てくるイヤイヤ期は、「第1反抗期」と言われるもので、体外妊娠期と言われる「赤ちゃん」の時期を経て、自分の力で歩み始めた全ての子どもはが、


「僕は、私は、お母さんとは違う人間なんだ!」


とはっきりと自覚する時期てす。


自分の足で歩みはじめることで好奇心が芽生え、世界が広がる時期と、このイヤイヤ期が同時期に訪れることは、子どもの成長にとって本当に大切な時期であると大人たちに警告をしてくれているのだなぁと、驚かされるばかりです。


c0325213_11312254.jpg

なんでもね、やりたいの。結果じゃなく、過程が大切な子ども時代。


この、「やりたい期」が訪れた子どもたち。決して縛らず、やりたいことを、やりたいときに、やりたいだけできる環境を1日に1度でも与えてあげることができたら、子どもたちは満足し、無意識のうちに自己を肯定し、親を信頼し、それを生きる力に繋げて行くことができます。


c0325213_11312379.jpg

玄関のお掃除はおマメの日課です。


決して手は出さず、口を挟まず、見守る。


初めから終わりまで、自分でやめるまで待つ。


c0325213_12134411.jpg

ちりとりの使い方が斬新(笑)。


こんなことを話すと、必ず出る質問があります。


「親の言うことを聞けない、ワガママな子になりませんか?」


と言うことです。


ワガママと成長過程の違いをしっかりと理解し、適切な援助をすれば絶対になりません。


親の邪魔にならぬよう、やりたい時にやりたいだけテレビやスマホを見せることは、ワガママです。


ですが、子どもが成長したいと言う欲求に対して、思う存分させてあげることは、ワガママではありません。人間の欲求です。


そればかりではありませんが、全てにおいてバランス良く。


ワガママを聞くべきない場所では、絶対に聞かないという親の態度を貫くことも大切です。


テレビやスマホ、ゲームも、全て悪ではありません。発達におけることからお話すると、必要なものではないのですが、「善」だけで、人間は生きて行くことができないのと同じです。


c0325213_12242179.jpg

ゴンさんはもう、お手の物です。


ただあまり早い時期からは、私は推奨しません。


特に発達障がいの子には。


またその辺りもお話しますね。


ここ数日の寒暖の差で、発達障がいの子どもはあまり調子がよくありません(笑)。


私の仕事も溜まりに溜まっています(笑)。


金曜日。ラストスパートですね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-02-24 12:24

発達障がいの子どもの「知識」は経験・体験を増やすこと。

本日月曜日、ちいさな森会員様サイトにて、発達障がいコラムをアップしています。


今回は少し年齢の高い子や、学習障がいの子どもたちにも応用できるかと思います。


是非お読みくださいね。



★☆★


c0325213_23472480.jpg



今回コラムにアップしている内容は、モンテッソーリ教育のコスミック教育をもとに、長男ちゃーの興味の行くところに焦点を合わせました。


ここで使用している白地図は、無印良品のものです。


かなり細かい地図なので、アバウトに塗っても良いかなーと思います。


この地球の話に行く前に、長男ちゃーが3歳から4歳のころ、宇宙に凝った時期がありました。


プラネタリウムへ行ったり、実際にプラネタリウムの大きな望遠鏡で土星の輪っかを見て、感動して帰宅したりという、体験的な宇宙の土台があってから、この地球の話へ流れてきました。


なかなか地球というものに興味がわかず、その宇宙にこだわる時期が長く続いてきましたが、きっかけは「海」の話だったと思います。


「海の生き物と、陸の生き物どっちのほうが種類が多いんやろう?」と長男が言い出したことで、「あ、今だ!」と思ったのです。


その時提案したのは、「ママと一緒に調べよう」ということでした。


あくまで、私が教えるというスタンスではなく、一緒に学ぶスタンスを取りました。


実は、これ、キーワードさえ打ち込めばスマホで簡単に検索できる内容だと思います。


けれども、調べる過程がすでに学ぶことですよね?


どこへ行って、何を調べればいいんだろう?と2人で考えました。


長男ちゃーは「本屋さんか図書館で、図鑑を調べよう」と即答してくれたことが、私はすごくうれしくて、紙の本。まだまだ無くなってくれるなよ!と思っています。


また、少しずつ、こんなお話もさせていただきますね。


今日はおマメの、似合わなさすぎの帽子シリーズをオマケ(笑)。


c0325213_23472562.jpg

手塚治虫大先生。。。


c0325213_23472664.jpg

太陽に吠えろのチィチィこと、地井武男。。。



c0325213_23472758.jpg

まるで、大木凡人のようだ。


あー、可愛い(笑)親バカ(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-02-20 00:30 | Comments(0)

感覚統合アートイベントへのご参加、ありがとうございました。

c0325213_13480930.jpg


11月23日に開催させていただきました、感覚統合アートへのご参加ありがとうございました。


胃腸風邪の流行か、キャンセルも出てしまい、3名様のご参加でした。


今回、一番大切にしたのは、


指導をしない。


手足を使う。


飽きるまで遊んでもらう。


の3点でした。


本来、アートというものは自己表現で、子どもたちは根っからのアーティストです。


ところが、幼稚園や保育園では「○○を描いてみましょう!」が殆どなんですよね。


それでは勿体無い。


色を混ぜたければ、混ぜれば良い。


好きなものを描けば良い。


そんな風に見守りました。


c0325213_13481159.jpg

発達障がいの子どもたちが持つ、独特の感性、ホンマに大切にして欲しいなぁ。


c0325213_13481298.jpg

黒ばかり作っていた女の子。パンダと手形の立派なアートやわぁ。


そして、感覚統合を養うために、手足をしっかり使うこと。


c0325213_13481382.jpg



c0325213_13481463.jpg



そして、私も。


c0325213_13481482.jpg



あとは、飽きるまで、つまり、子どもたちがもう終わり!と思うまでやりきってもらうことは、常に私が大切にしていることです。


c0325213_13481612.jpg



c0325213_13481781.jpg



子どもたちは、本当に一人一人個性的で、可愛いです。


みんな違うし、みんな凸凹。


そんな中で、みんながみんな、キラリとした、自分だけしか持っていない、素晴らしいのびしろを見せてくれました。


色の混ぜ方が独特で、素晴らしい色の感覚を見せてくれた男の子。


まだ3歳なのに、パンダを正確に描き、自分の名前も書いて、それを旗にする!という本当にその子にしか思いつかない発想を見せてくれた女の子。


手形アートを使い「チョウチンアンコウ」を描いた子ははじめて!大好きな魚の世界を表現してくれた男の子。


みんな、大丈夫!発達障がいでも、絶対大丈夫!そう確信した1日でした。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


またお会いできる日を楽しみにしています。


c0325213_13481803.jpg



最後にはお悩み相談コーナーも。
c0325213_13481925.jpg



ホームページでは、動画も見ることができます。是非ご覧になってくださいね!


c0325213_13505007.jpg

可愛い女の子にいただいた、どんぐり。大事に持ってきてくれたんやなぁ。ありがとう。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2016-11-24 13:13 | Comments(0)

発達障がいの特性かワガママか?③

発達障がいの特性かワガママか?

発達障がいの特性かワガママか?②

こちらの記事、たくさんの方に読んでいただいているようで嬉しいです。ありがとうございます。


また、ちいさな森の強力サポーター、朝倉ろすいさんが、「発達障害 当事者と語り合う会」を開催します。


発達障がい当事者の感覚や、これは認めて欲しい。という部分についてもお話しを伺うチャンスです。


気になられる方は是非参加してみてくださいね。


★☆★

c0325213_22301667.jpg

今日は粘土の日。久しぶりに市販の色付き粘土。発達障がいの子にはとっても良い粘土遊び。また、そのこともお話ししますね!

さて、私は発達障がいでも「しつけ」はしなければならないと思っています。


ダメなものはダメ。
絶対にダメ。何を言ってもダメ。


これだけは許さない。
これだけはしてはいけない。


と、そう書くとお金のことや、ものを買い与えることを思い浮かべるとは思うのですが、私は基本的に、ものやお金に関してはその家のルールがきっちり出来ていれば、他人に左右されることはないと思っています。


ただ、「ものばかり」を与えすぎることほど、子どもをダメにすることはありませんので、「親が楽をしたいから」と言う場合や、「与えておけば大人しいから」には大反対です。


では、ワガママか特性か?はどこで判断すれば良いのか?ワガママはどこまで許せば良いのか?


我が家は、物凄くシンプルで、「卑怯なこと」と「人を傷つけること」。


これだけは絶対にダメ。


もう何があっても絶対にダメ。


卑怯なこととは、人を姑息に出し抜いたり、自分の都合の良いように他者を使って、その場を言い逃れたりすることです。


そして、傷つけること。叩いたりすること、小さな子を押したりすること、発達障がいの子にはあるあるなんですが、もう、泣きわめいてもダメだと教えなければいけません。


これだけは問答無用。絶対ダメ。


以前、発達障がいの子が、滑り台の上で順番を待っていて、自分より小さな子を押してしまいました。


ADHDのある子は特に、順番は待てませんから、そういう傾向にあります。


幸い、その小さな子に怪我などはありませんでしたが、この場合は「発達障がいだから仕方ない」という言い訳は通用しません。


c0325213_22301743.jpg

結構上手にお団子を作るおマメ。1歳10ヶ月。


発達障がいの特性のひとつではあります。でも、それを許せば、社会のルールはないも同じ。


残念ながら、社会は「発達障がい仕様」にはできていません。社会は最大公約数で成り立っています。


社会で生きて行って欲しいなら、たとえ将来が不安でも、社会の一員として我が子を認めて欲しいなら、それだけは幼少期にきちんとしなければなりません。


どうしても押してしまうなら、どうしても叩いてしまうなら、母親は側から離れてはいけません。常に「押さないよ。叩かないよ」と側で言い続けるのです。


苦労します。でも絶対に、しなくなる時が来ます。きちんと守れた時は、思いっきり褒めてあげてくださいね。


そして、この「しつけ」がうまくいく秘訣は、お母さんの愛情と「障がい受容」です。


「障がいは認めない、しつけでなんとかしてやる。」はもう本当にダメです。


「発達障がいのあなたが大好き」と言えることが一番大切です。


子どもは、あなたを困らせるために生まれたきたのではありませんよね。共に生きるために、お母さんを選んだのですよね。


遅すぎることはない。子どもを変えるのではなく、自分が変わる。


大切なことです。


次回は、「幼稚園や保育園からなかなか帰らない」や「外に出てワガママを言う」など、シーンを想定したワガママについてお話しさせていただきますね。


いつもありがとう。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。
http://chisanamori.wix.com/home

インスタグラム。
https://www.instagram.com/maria19800815/

お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp



[PR]
by Maria0815 | 2016-08-20 22:30 | Comments(0)

発達障がいを生きるということ。

c0325213_01243134.jpg

「発達障がい」は何にも特別なことなんかじゃないよ。


発達障がいがあるから、不幸なんじゃないよ。


「発達障がいがあるから不幸だ。」と思うことが不幸なんだよ。


繰り返し繰り返し、呪文のように唱えてきた言葉です。


我が家には3人子どもがいて、発達障がいの子もいれば、違う子もいる。


発達障がいの子も、そうでない子も、親が思う気持ちに境界線なんてありません。


発達障がいの子だって、心があるし、ちゃんと成長する。


それでも、当事者にしかわからない感覚だったり、記憶だったりがあります。


多くの言葉を持たない子どもたちを、いくら健常者や専門家が代弁したところで、それは「憶測の域」を脱しないと思っていました。


そんな時、本当に不思議なご縁で朝倉ろすいさんにお会いするかとができました。
c0325213_01243123.jpg

ご本人が発達障がいでいらっしゃり、そして鬱で、心理カウンセラー。

え?鬱なのにカウンセラー?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、発達障がいと鬱は、実は深い関係があるように思います。

今、子どもたちにも鬱の症状が見られることも多く、その中には気付かれない発達障がいを抱えていることが少なくありません。

不登校や発達障がいの子どもたちの家庭教師をされていらっしゃるようなのですが、学校へ行くのが嫌な子が、ふとしたきっかけで、学校に行けるようになるお話しを聞かせていただいた時、

「これは、当事者じゃないとできないアドバイスだよなー」と、深く納得できました。

もう、本当にピシャり!としか言いようのないくらい、直感が働いたとしか表現を持たない私ですが、

「あ、この人は真実しか話さない人だな。」

と、お会いしてすぐに意気投合してしまい、2時間もしゃべり続けました(笑)。


ご自身の鬱のこと、リストカットを繰り返したこと、親から受けた虐待のこと、本当に困難を乗り越えてきたから、今、私の目の前で笑っていてくださるんだな〜と、ろすいさんの強い眼差しを見て、この人と一緒に活動をしたい!と強く感じました。

4月からの新しい活動にもご賛同下さり、来ていただけるようになりました。

発達障がいの当事者が、どんなことに困ってきたか、そして、「親にどんな風に育てて欲しかったか?」ということを、たくさん聞かせていただきたいなぁと思っています。


今までは、高槻市の方のみの参加でしたが、4月からは、どちらからも参加していただけるようになりました。

ですが、開催地はしばらく高槻市になるかと思います。

また、詳細が決まりましたら、こちらでご報告させていただきます。

ろすいさんも、この活動のことをブログに書いてくださっています。

発達障がいの偏見をなくし、全ての子どもたちが笑って過ごせる国になりますように。

★☆★
実は、この嬉しいご縁を繋げていただいたのはFU-KOさん、なのです。

FU-KOさんのお洋服はデザインはもちろんですが、タグの感触、裁断された裏地の処理、それから厳選された生地、それが発達障がいの子にすっごく優しい!とお話しさせていただいたところ、朝倉さんをご紹介していただけることになりました。

FU-KOさん。本当にありがとう。
楽しく、嬉しい活動ができそうです。

★☆★
人に助けられて、私も成長しています。

どんな世になっても、世を作るのは人です。

ろすいさんのブログに、子どもを持つことを諦めた、だから、その思いを子育て支援に繋げたいとありました。

私は3人の子どもに恵まれました。いただいた3つの命。そして、実はちゃーの前に天国へ行った命もありました。

今大切に育てたいと、深く深く感謝します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

インスタグラム→

いつもありがとう。


[PR]
by Maria0815 | 2016-03-21 00:28 | Comments(0)

5歳、男子の挑戦。0歳、男子の冒険。

★幼稚園からもらった、野菜の色塗りカレンダーの色を全部塗る。空欄も埋める。

★日本の地図を覚えたい。

★一人でお風呂に入る。

これが、ちゃーの夏やすみの挑戦です。
全部自分で決めました。

野菜の色塗りカレンダーとは、幼稚園からもらったもので、たくさんの野菜の絵がならんであり、食べたものの色を塗っていくというもの。
c0325213_05585055.jpg

色塗り中。
下に空欄があり、そこには描かれているもの以外の野菜を描きます。

もう、空欄も埋まり始めているのですが、そこに並ぶ野菜が、

「空芯菜」
「万願寺とうがらし」
「豆苗」
「冬瓜」
と、絶対に世の5歳児(幼稚園年中)は選ばないであろう野菜ばかりです。(笑)。

しかし、こんなものでは野菜嫌いは克服できないと思うけどなぁ……。

★☆★
そして日本地図。
c0325213_05585099.jpg

これは、シールになっていて、遊びながら地図を覚えるというものです。

私は早期教育には反対です。させる気もないのですが、ちゃーが自分から「世界の国を覚えたい!」と言いだしたので、理由を尋ねたら、

「外国の学校に行きたいねん。」

と言いだしました。

一過言ある母は、

「世界の前に日本じゃ!真の国際人というものはまず、自分の国の事を知らなければ!世界に出ると世界のことは聞かれぬ!日本のことを尋ねられるのじゃ!しかもインテリ軍団は、日本のアニメなんかには興味はないから、夏目漱石や谷崎潤一郎や三島由紀夫の自害のこと、新渡戸稲造の『武士道』は読んだか?などを聞かれるのじゃ!まず、自分の住んでいる国の歴史と文化と文学を学ぶべし!」

と5歳児男子に鼻息荒く説明(笑)。

で、日本地図を覚えるに至りました。

↑実際に海外で私が聞かれた(笑)。全部答えられたのは、本当に読書のおかげです。読んでおいて良かった〜!って思いました……。翌日から態度が違いましたね……相手の(笑)。

しかし、なんで外国の学校に行きたいと言いだしたのか謎だ……!

★☆★
そして、一人でお風呂に入る!はもうクリアしました!

挑戦したいと言ったら、手を離して見守ること。

これは、私がとても大切にしていることです。

★☆★
挑戦したいと……。
c0325213_05585036.jpg


挑戦……。
c0325213_06041094.jpg


挑戦……。
c0325213_05585158.jpg

ばれたで!

そう!渡辺篤史ならぬ「おマメの建もの探訪」がはじまりました。炊飯器のご飯は、三人揃ってこの時期にやりましたね。


しかし、こんなオッさんいてます。
c0325213_05585147.jpg

熟練者かよ……。
c0325213_05585267.jpg


最後はドヤ顔。
c0325213_05585288.jpg



冒険はまだ始まったばかり。
c0325213_05585238.jpg


しっかり見守ろう。

目が二つじゃ足りん……。
三つ欲しい……と思う今日この頃です。
いや、後ろにもつけて欲しい……!

毎日暑いですね。
皆さん、いかがおすごしでしょうか?

暑くて暑くて、へばっているのは母だけです。子どもたちは元気いっぱい!

皆様もお気をつけて!

お帰りにクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村
いつもいつもありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-08-03 05:18 | Comments(0)

男子チームの夏休み。

お兄さんも弟さんも、とにかく楽しんできました。


遠巻きに牛を見たり。

c0325213_14353580.jpg


アホなことしながら、ホテルのロビーでチェックインしたり。
c0325213_14353681.jpg


去年もゲットした光る剣で遊んでみたり。
c0325213_14353602.jpg


大好きな大好きな、こんなことをやって。
c0325213_14353717.jpg


LEDライトキャンドルを手作りしてみたり。
c0325213_14353725.jpg


していましたが、とにかくほとんどこの中です。
c0325213_14353777.jpg

どこかにいます(笑)。

弟さんも、パパとお揃いしてみたり。
c0325213_14353873.jpg


牛に号泣したり。
c0325213_14353821.jpg

プールサイドにこんな姿で現れて、小学生に「あ!金太郎来た!」と言われてみたり。
c0325213_14353865.jpg

初めての旅を満喫しました。

私も久々に家事から解放されて、ゆっくりできたかな。
c0325213_14353964.jpg

綺麗なタイルに、思わずパシャ。

夏休み。
まだまだ続くけど、とにかく今日は洗濯〜!


いつも遊びに来ていただきありがとうございます。

お帰りの際、クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村
今日もありがとう。

[PR]
by Maria0815 | 2015-07-29 14:11 | Comments(2)

氷珈琲。

カランコロンとグラスの中で遊ぶこおり。

純白に琥珀の溶けて行く様子があまりにも綺麗で、ずっとずっと見ていたいくらい。


遠くで蝉の声が聞こえる朝。
毎日迎える朝やけど、やっぱり毎日違う朝。

今日も機嫌よく、子どもたちと向き合えますように。
c0325213_15271927.jpg

大の珈琲党の私。
夏の朝の楽しみは氷コーヒーです。

ミルクや豆乳で割ったベーシックな使い方の他に、しゃりしゃりに細かく砕いて、コーヒーフレッシュをかけたり、バニラアイスとまぜてシャーベット感覚で食べるのも好きです。

c0325213_15095638.jpg

作り方は簡単。
インスタントコーヒーと砂糖を製氷皿に入れ、ぬるま湯で溶かして冷凍庫へ。

因みに主人は砂糖抜き。

氷珈琲の場合は濃いめが美味しいです。

★☆★
おマメ、9ヶ月で歯が生えました。

ちゃーは1歳4ヶ月。
ゴンは1歳3ヶ月。

だからおマメも油断してました。
一番早かったね!

へむ。
c0325213_15520456.jpg

ふぇっ。
c0325213_15520453.jpg

びぇー!
c0325213_15520517.jpg



この生えかけの歯がかわいくて(笑)。

写真撮ってらんと、抱っこしたげましょう。


今日も遊びに来ていただきありがとうございます。

お手数おかけしますが、お帰りにクリックしてもらえたら、更新の励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

いつもいつも、ホンマにありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-07-15 16:40 | Comments(0)

のんびり。ゆったり。

月曜日。
火曜日。
幼稚園へ行った。

帰宅後、少しごねたり、こだわりが強くなったり。

精一杯、自分を受け入れてくれる場所を探すように、ワガママを言う。

今月で5歳になる。

もう5年。
まだ5年。

成長を確かめるように、赤ちゃんの頃の写真を毎日目につくところに置く。
c0325213_162542.jpg

ここだけは、思いっきり家族のコーナー。

のんびり。
ゆったり。

急がんと、大きくなぁれ。

★☆★
幼稚園バッグから出してくれた、ママへのお手紙。
c0325213_162554.jpg


ばななの木。
c0325213_162558.jpg


それから、幸せの青い鳥。
c0325213_1625629.jpg


ありがとう。
幼稚園でも、ママを思ってくれて。

いつもいつも、応援ありがとうございます。

めいいっぱい生きている子どもたち。
私も、見習わんとね……。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

[PR]
by Maria0815 | 2015-06-09 16:09 | Comments(4)

どんな風に生きていこうか?

今日は、私のことを。


30代の記録として、3人目出産前の序章として、いつもいつも忘れそうになるので残しておきたいな。

どんな人になりたい?
どんな風に生きていきたい?

そんなことを、よく自分に問いかけている。

それは、私は意思が弱く、常にそうしていなければ、簡単で楽チンな方に流されてしまうから。


だからよく、自分に立ち返り、どんな風に生きていきたいかを、自分に言いきかせたり。

小さな小さな「なりたい」はたくさんあるけど、一番ぶれたくない部分は、いくつかしかない。


【一流の生活者でありたい。】

c0325213_20591144.jpg


一流の生活者。
有次さんの道具を手にするたび、いつも頭によぎる言葉。

私にとってのそれはシンプル。

暮らしに気を配り、美味しくてシンプルなご飯を、家族で食べること。

美味しいレストランを知っていることも十分素敵。

けれどそれ以上に、美味しいご飯を炊けること、美味しいお味噌汁を作れることを大切にしたい。

ワインの銘柄をたくさん知っていることも十分素敵。

けれどそれ以上に、新鮮な野菜や新鮮なお魚やお肉を見る目と、感じる舌を養いたい。

自分自身の肌や髪、そして爪や、自分という素材そのものを慈しみ、大切に育てていきたい。

c0325213_20591187.jpg



【カテゴライズされる人間でありたくはない。】


記号化された群れに属する人間でありたくはない。

私たちの生活はずいぶんカテゴライズされている。


ブランド好きな人。
ブランドを徹底的に嫌う人。

ナチュラルな服装が好きな人。
それらに見向きもしない人。

働いている人。
専業主婦。

子どもがいる人。
子どものいない人。

それぞれがそれぞれを、そんなカテゴリーの中に放り込み、
まるで「こちら側の人」と「あちら側の人」に、自ら振り分けてしまっている。

そして一番悲しいことは、その人たちが絶対に自分のことはわからないと思っていること。

分かり合えないと思っていること。
そして、自分のカテゴリーではない人を排除しようとさえすること。


c0325213_20591298.jpg



ブランドものが好きですか?と尋ねられたら、嫌いではない。と答えます。

私は特殊な仕事につき、きっとそれなりにお給料もいただきました。

自分で稼いだお金で贅沢もした。
今では買えないバッグやお洋服も買った。

たくさん買って失敗。
そして、本当に好きなものを手元に残して、後は処分。

c0325213_20591093.jpg



高いか安いか。
もちろん高い。

でもそれ以上に、職人の仕事と丁寧な仕事ぶりに、使うたびに感動させられているのも事実。

そして、それに見合う自分になろうとする心意気を育ててくれる。


そしてこれらのバッグと同じように愛しているのがこちら。

c0325213_20591068.jpg


かご。

「バスケットにパンとチーズ、ぶどうジュースを詰め込んで。」なんて言う、物語のワンシーンを切り取ったようなかごも、私は同じ目線で好き。

c0325213_20591594.jpg


ずっとずっと欲しかったあけびのかご。
誕生日に、主人から。

ブランドの高価なバッグが、仕事に自信が持てた時に購入するものなら、
あけびのかごは、まさに暮らしに自信が持てるようになったら欲しかったもの。

まだまだ、暮らしは初心者で、理想には程遠い。
でも、背中を押してくれる相棒みたいなかご。
日常に使って、アメ色になる日を楽しみに。



長くなりそうなので、また次回。


c0325213_20591434.jpg


今日もウォーキングができた。
お空を見上げる余裕もあった。

c0325213_2059154.jpg


伴走はちゃー。
ウォーキングについてきてくれるくらい、成長しました。

お目当ては大好きなゴリラ。

c0325213_20591692.jpg



今日も魔女の本棚におこしいただきありがとうございます!

応援していただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
今日もありがとうございます。
[PR]
by Maria0815 | 2014-09-10 23:47 | Comments(4)

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧