カテゴリ:ちいさな森☆( 47 )

雑誌「きらり。」4月5日発売。

c0325213_21590543.jpg



4月5日、いよいよ雑誌「きらり。」が発売になります。


ご支援いただいた方々、応援して下さる方々、本当にありがとうございます。


僭越ながら、私の文章を読んで「考え方が変わりました!」、「心の支えになっています」と言っていただくこともあり、身の引き締まる思いとともに、この雑誌を世に送り出すこととなりました。


熱い想いを持ち、共に全力投球をしてくれる朝倉美保さん。発達障がい当事者でありながら、力強く前を見つめ、生きる姿はきっと、発達障がいを抱える方の指針となるでしょう。


そして、FU-KOさんこと、美濃羽まゆみさん。多忙を極める中、いつも凛とした姿には尊敬の念すら覚えます。


彼女たちがいなければ、私一人では到底成しえなかった雑誌の制作と発売。


c0325213_21590536.jpg



なんだか、一年前にちいさな森を立ち上げ、あれよあれよとここまで来た感じがします。


小さな小さな活動ですが、確実に今私は、一年前と違う場所にいます。


私を取り巻く全てのことが、人生に大きく作用して、色々な方のおかげで素晴らしい毎日を送れている日々に、ただただ感謝です。


c0325213_21590645.jpg



「きらり。」では、本業以外のことにもチャレンジさせてもらっています。


基本的に、「◯◯の素」は使わない。冷凍食品はうちの玄関を跨がせないので、適当にできる本格料理をご紹介させていただきました。


c0325213_21590708.jpg



帽子が入らないおマメですが、大好きなお料理ができて、満足気でした。


c0325213_21590775.jpg



こんなことができたのも、子どもたちのおかげ。お母さんにならなければ、たどり着けなかった場所です。


さて、雑誌の購入方法を記載しておきますね。


① Amazon からの購入 
…Amazonから配送。1冊ずつの販売のみ。
送料がかかります。しかし、ポイントが付きます。


みのりの森のサイト「みのり。」 からの購入。
…みのりの森からの配送。1冊購入や定期購入もできます。
送料無料です。(メール便)
https://minorinomori.thebase.in (通販サイト)


是非、アクセスしてくださいね!


色々な所でご紹介いただけると嬉しいです。


さて、明日は長男ちゃーの幼稚園「にじぐみ」さんのお花見です。


楽しみー!


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2017-04-04 21:58 | ちいさな森☆

ちいさな森一周年と世界自閉症啓発デー。

先日4月2日は、世界自閉症啓発デーでしたね。


そして同じ日、ちいさな森は一周年を迎えました。


トップページに、一周年のご挨拶と発達障がいへの思いを書いています。良ければご覧になって下さいね。


c0325213_22294820.jpg



走り始めてしばらく経ち、少しずつですが距離が伸びて来ました。


今日は、子どもたち3人をじぃじとばぁばが連れ出してくれたので、少し長い8キロに挑戦。


まだまだですが、楽しくなって来た私です。


c0325213_22294960.jpg

クーゲルバーンは本当に使えるおもちゃですね。ドイツのものはかなり優秀なものが多いように感じます。



一周年を迎え、ちいさな森も少しずつ変化していきます。


まずは、5日に控えた雑誌「きらり。」の創刊。こちらはまた詳しくお伝えしますね。


そして、今まで毎週月曜に更新していたコラムが、不定期更新となります。


更新しましたらブログやインスタでお知らせさせていただきますのでよろしくお願いします。


より詳しい発達障がいの記事にしていきたく、発達障がい関係の記事はちいさな森にまとめさせていただきます。


こちらのブログでは、子育て全般やお母さんとしての気持ちなどを綴って行こうと思っています。


c0325213_22294921.jpg

2歳おマメ。積み上げる。


そして、ちいさな森メール相談を開始させていただくことになりました。


こちらも決定次第お伝えしますね。


c0325213_22295075.jpg

4歳ゴン。試行錯誤中。


私は今、子どもを預けずに、自分でできることからですが、少しずつキャリアを築いています。


会社員時代も、どちらかと言うとバリバリ働くタイプでしたが、やはり、誰もが知る会社の名前に物凄く助けられていたなぁと感じます。


今は子どもたちと過ごす時間を中心にしながら、身近な方からの紹介などで発達障がいのカウンセリングも行なっています。


自分でキャリアを築き、新しい道を切り開くことは生易しいことではありません。


たくさんの方と会い、出会えた素晴らしい方々とどのように仕事をし、どんな風に子どもたちと関わっていただくかを試行錯誤する。


本当に人に恵まれているので、その道の本物の方に出会える喜びは何ものにも代え難い宝です。


元々男性的な思考で(笑)ビジネスのアイディアはじゃんじゃん沸いてくるのですが、実は今は全てを実行にはうつしていません。


c0325213_22295192.jpg

さすがの長男ちゃー。ちゃんと仕上がっています。


それは、子どもたちのことを最優先にしたいからです。


だから、1人で働くことを選択していますし、無理はしないと決めています。


いつか、子どもたちが手を離れていくその日まで。でも、心は離さずに。


そんなお母さんの働き方についても、また書きたいなぁと思っています。


女性であるって、凄いですよね。いくつもの人生の選択肢から選ぶことができる。女性の選択肢は多い。だからこそ、楽しい人生になるのですよね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-04-03 22:29 | ちいさな森☆

雑誌「きらり。」創刊です。

昨日の大阪は、朝から冷たい雨の一日でした。


c0325213_20523175.jpg

今、スケジュールボードを作成中です。また、ご紹介しますね。


実は、3月31日は4月発売予定の雑誌「きらり。」のサイン会の予定でした。いるのかどうかは本人たちも不明。


ですが、朝からどうもゴンさんの様子がおかしくて、ずっとずっと泣いています。



「首が痛い、首が痛い」と泣くので様子を見ていると、どうも寝違えた様子。


幼児が寝違え???と思ったのですが、上を向くのが痛いというし、一定の方向にも向けないみたいなので、寝違えでしょう。


あまりに泣くし、普段は「ママ、お出かけしたらあかん!」とかは絶対に言わない子なので、物凄くびっくりして、朝倉美保さん、ふーこさんこと美濃羽まゆみさんには事情を話して、お二人で対応していただくことになりました。


ごめんねー。という気持ちでいっぱい。子どもが小さいと、どうも物事がスムーズに行かず、相手に迷惑をかけてしまうこともしばしば。


理解をしてもらえる環境にあることは、本当に有り難くて、感謝感謝の毎日です。


c0325213_11123758.jpg



さて、新しく創刊させていただく雑誌「きらり。」



予約はまだできませんが、Amazonのページも出来上がり、ワクワクとドキドキがいっぱい。


まさかの表紙がこの方(笑)。


c0325213_11123892.jpg

で、デカイ顔やな。。。


彼は、障がいを持っているわけではないのですが、ふーこさんの、


「これ以上の、きらり。の笑顔ある?」


のひとことで決まり!


有り難く、創刊の表紙を飾らせていただくことに決定しました。


実は出来上がった実物を、私もまだ見ていないので実感は沸かないのですが、なんとなくコトが動き始めたんだなぁと肌で感じる今日この頃です。


「きらり。」は、障がいの雑誌です。


私は「発達障がい」と子どもの専門家として、この雑誌と関わらせていただくことになります。


発達障がいをはじめ、様々な障がいを「障がい」にしてしまっているのは、社会です。


枠から少しはみ出たからと言って、「障がい」だと除外する理由がどこにあるのでしょう。


世界を変えてきたのは、常に「普通ではない人たち」です。


発達障がいを、「ダメなこと」だと捉える社会を変えたい。むしろ、障がいがあるのは「社会」のほうではないのか?


ちいさな森の活動を通して、私が言いたいのは常にそのことです。


「障がい」を「障がい」とわざわざ言わなくても良い社会。多様性を、本当の意味で認め合える社会へのお手伝いができればと、いつも思っています。


c0325213_11123824.jpg



子どもたちの未来が「きらり。」と輝いていますように。



★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

[PR]
by Maria0815 | 2017-04-01 11:12 | ちいさな森☆

発達障がいって、なんだろう?

数学パズル教室にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


今回は発達障がいのお子さんが対象でしたので、何名かの方にお問い合わせいただいた、発達障がいではないお子さんには、ご参加を見合わせていただきました。


本当に申し訳ありません。


皆様お一人お一人と、もっとお話しをしたかったのですが、お時間が足りずごめんなさい。


キャンセル待ちも出た人気のイベントでした。遠方より、朝早くから来ていただいた皆様、本当にありがとうございます。


また、お休みにもかかわらず、お父さんたちがたくさん来てくれたことも、私はすごく嬉しかったです。


また、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。



★☆★


今回、数学パズル教室への参加をいただいた子どもたち。何回目かの子もいたし、初めて会えた子どもさんもいました。


みんな、本当に個性的で、本当に面白い。


もじもじしながら、お母さんの影に隠れてお部屋へ入って来てくれた子。


初対面なのに、もう、随分前からの知り合いかのように話しかけてくれる子。


ゲームのルールがわからなかったけど、時間をかけて話すと、ちゃんとわかって、満面の笑顔を向けてくれた子。


元気がなくて、冬から幼稚園へ行けなくて、私も心配で会いに行かせてもらって、でも、時間が解決するだろうなぁと感じて、お母さんにもそのように伝えたら、やっぱり、3月の声を聞けた頃から、幼稚園へ通いだした子。


c0325213_21421104.jpg

長男作、お寿司(笑)。


ボソッと、本当にボソッとだけど帰り際に「ありがとうございました」と言ってくれた子。


「帰りたいんだー!」と、全身アピールしてくれた子。


数学パズルのピースや枠を使って、橋を作ってくれた子。


最年少ながら、へびに拘って、独特の絵パズルを見せてくれた子。


「卒園おめでとう〜」って言ったら、ニヤリと笑ってくれた子。


c0325213_21421290.jpg

まだまだ小さい、株分けブロッコリー。おんなじように育てているつもりでも、違うように育つ。人間と一緒やね。


みんな、発達障がい。


でも、私には彼らが強烈な個性を持った、素晴らしい子どもたちに見えて仕方がありません。


目が合いにくい。


他人と自分の境界線が曖昧。


コミュニケーションに問題がある。


発達に遅れがある。


じっとできない。


悪いように取ろうと思えば、いくらでも取れます。


でも、今日来てくれたみんなは、やっぱり素晴らしかった。


個性は爆発。


でも、それでいいやんか。


そのままがええやんか。


そう、心から思います。治す必要なんか、どこにもない。


特性は特性のまま、絶対にダメなことはダメと教えて、彼らが生きやすい社会を、私たちが作らなければ!


c0325213_21421352.jpg



発達障がいって、一体なんだろう?


そもそも、回り回って、子育てはおんなじじゃないか?


まず、受け入れること。


どんな子も。そのままをきちんと受け入れること。


発達障がいでなくても、それをなかなかできる大人がいない現代。


子育てに、境界線なんかないんじゃないか?


そんな風に思えてしまう、今日この頃です。


きっと、みんな、絶対、絶対大丈夫やで!親がそう思っていれば、不思議と子どももそう思うものです。


絶対、大丈夫。発達障がいでも、大丈夫。


皆様との出会いに感謝です。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-26 21:42 | ちいさな森☆

数学パズル教室開催のお知らせ。

以前、こちらのブログでご紹介させていただいた数学パズル。


数学パズルの記事。


かなりの反響をいただき、遠方よりご注文いただいています。


兵庫県立大学名誉教授 木村良夫先生とコラボさせていただき、1日限りの教室を開催させていただくことになりました。


木村先生の記事。


以下詳細です。


★☆★☆★☆★


ちいさな森主催
子どもと一緒に数学パズルを作ろう!



c0325213_07552898.jpg



内容★

木村先生より、
①基礎的な算数の教え方の話
②数学パズルを作る
③数学パズルやり方の説明
④みんなでやってみる
⑤質問。


私、前田マリアより発達障がいと数学の話を少しさせていただきます。


日程★3月26日 日曜日
時間★10時30分〜12時
場所★高槻市立文化会館→
参加費★3000円(パズル代込み)
お申し込み方法★メールに、①お名前 ②参加されるお子様の年齢③参加理由 を書いてこちらまでお送りください。→chisana_mori@yahoo.co.jp
締め切り★3月16日 23時59分 応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※当日保育はございません。お子様と一緒に作っていただく内容になっています。ちいさなお子様はお手元でみていただきますよう、お願い致します。


今回作るパズルは、以前ご紹介したものよりも一回り大きなものです。


レベル的には小学生くらいから、長く楽しんでいただけるものです。


春休みに皆さんにお会いできることを、たのしみにしています。


★☆★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-09 07:35 | ちいさな森☆ | Comments(0)

出版ラッシュ。

本日月曜日、ちいさな森会員様サイトにて、発達障がいコラムをアップしています。


今回は、発達障がいの子との大切なコミュニケーションの方法であるコミック会話について書いています。


良ければ、読んで見てくださいね。



★☆★


雑誌の校正が佳境を迎えています。


c0325213_22553017.jpg



発達障がいだけではなく、「障がい」を扱う雑誌「きらり」。


私ももちろん、かなり登場します(笑)。


専門家として、発達障がいを扱う記事ばかりではなく、なんとこんなコーナーが!


c0325213_22553182.jpg



大丈夫か?私の料理で(笑)と、思わなくもないのですが。。。


料理は好きで、レシピなどは見ずに適当に作ります。お菓子やケーキも、本やクックパッドなどは参考にしたことがなく、私自身の舌を信じ、自分でレシピを作るのが好きです。


こう書くと、長男ちゃーの味の敏感さは完全に私譲りであるとわかりますね。


ははは。


c0325213_23094168.jpg



そしてそして、我が家の長女ゴンがモデルを務めたこちらの本。

c0325213_10155012.jpg


男の子にも女の子にも、作ってあげたい服


がいよいよ発売になります!


3月3日発売です。我が家の家宝となる本の発売、今から本当に楽しみです。


4月には雑誌きらりと、発達障がい当事者で友人の朝倉美保さんの本。


そして、秋には私の本。


わぁ、まさに出版ラッシュ!


書いて書いて書きまくりですが、まだまだ足りません。


今、もしかすると、人生最強のバタバタ具合かも(笑)。


こんなのも楽しいのですがね。


c0325213_23094256.jpg



幼稚園まで、あと少しのゴンさん。ベッタリできるのも今のうち。


嬉しくて、少し淋しいのが親心ですね。


なんでか太文字ですみません。何度やっても何故かなおらなかったので、このままアップしますね(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2017-02-27 02:00 | ちいさな森☆ | Comments(0)

発達障がいの子がハマる、数学パズル。

先日の記事には、コメントをいただきありがとうございます。


皆さんのコメントをじっくり読ませていただきました。


厳しいご意見を頂戴することはもちろん、覚悟の上ですし、色々なご意見があることはごもっともです。


ですが、これはあくまで、私個人のブログです。私の考えや、我が家の場合を掲載しています。世間の中庸を目指したブログではありません。


けれど、発達障がいの子を抱えるご家族のお母さんは、教育現場との熱量の差を少なからず一度はお感じになられたことがあると思います。


先生方の中にも、素晴らしい先生もたくさんいらっしゃり、我が家の長男ちゃーの現在の担任の先生は、お若いですが、真摯に長男のことを考えて下さいます。


ですが、やはり、多くの先生方は非常にお忙しく、なかなか子どもたちのことだけに集中できないというのが、現在の日本の教育現場の現状のように見えて仕方ありません。


また、親が教育現場の挑戦を妨げているのも事実だと思います。


ですが、やはり、改革をしなければならない気がして仕方がないような気がするのは私だけでしょうか?


貴重な時間を割いて、コメントやメッセージをいただき、本当にありがとうございました。


コメント欄は、しめさせていただきますね。


また、開けさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。


★☆★


先日、お伝えした数学者・木村先生開発の数学パズル。


c0325213_21262564.jpg



これだけのピースがあります。


c0325213_21262659.jpg



絵柄も、これだけではありませんが、わかりやすいものを並べてみました。


赤いピースを使って絵柄を作り、回りを白木のピースで埋めていくパズルです。


かお。
c0325213_21262712.jpg



数字の1。
c0325213_21262869.jpg



ねこ。
c0325213_21262933.jpg



などです。


だいたい、標準で幼稚園年長さんくらいからだそうですが、ジグソーパズルやパズルが得意な発達障がいの子は、もう少し幼くてもできるかもしれません。


因みに長男ちゃーは、半日で全てクリアしました。


これが簡単すぎる子には、もう一回り大きく、ピースが多いものもあります。


私はと言えば完全なる体育会系で(笑)、数学は大嫌いだったのですが、こんな数学のやり方から入れば、もっと好きになれたのかもしれないなぁ。


木村先生のご著書も楽しく読ませていただきました。
c0325213_21263071.jpg



数楽(すうがく)かぁ。。。




今日は、阪神大震災から22年の日。
あの日のことは、忘れられません。


学生時代を過ごした神戸。


いつまでも、人々が忘れることのないように。





★☆★


毎週月曜日、ホームページにてコラムを更新しています。


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、580人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-01-17 21:26 | ちいさな森☆

兵庫県立大学名誉教授 木村良夫先生とコラボさせていただきます。

この度、ちいさな森は、兵庫県立大学名誉教授 数学者 木村良夫先生と、「数の教室」をコラボさせていただくことになりました。


木村教授は、この数学パズルの発案者で、数学の著書も多数執筆なさっていらっしゃいます。


c0325213_23332834.jpg




近年、数学教育に力を入れてらっしゃり、ダウン症のお子様の数学教室もされてらっしゃいます。


かねてなから、このブログでもお伝えしている通り、発達障がいの子どもたちの中には数字の概念に優れている子が多く、中にはギフテッド(神様からの贈り物)と称されるような能力を、小さな頃から発揮する子もたくさんいます。


ですが、現代の学校教育や、療育システムでは、「好きや得意を追求する」やり方ではなく、「標準に合わせる」というのが目的です。


私は、この状況を常日頃苦々しく思っており(笑)、残念ながら今の教師の中には、それらを特別に教えることができる能力もありません。


学校運営の方に忙しく、児童や生徒と関わることは、二の次であるのが現状です。


だったら、私がやろう!と思いたち、コラボのお話しとなりました。


c0325213_23332940.jpg

私と、木村先生。


木村先生も私も、家庭における親と子の関わりを何よりも重要視している点で、意気投合し、上記の数学パズルを、親子で作成し、遊ぶことをイベントの内容としています。


実は、先生のお孫さんが我が家の長男ちゃーと同級生の男の子で、彼も発達障がいです。


c0325213_23333020.jpg

実は友人のお父さん(笑)。彼女も、ハワイ大学出身の才女。未だに神戸嬢だとのたまうのですが、今やすっかり大阪のおばちゃんです。同じ発達障がいを抱える子のお母さんとして、サークル活動をしていた仲間です。



発達障がいの子の好き!を見つけていくために、ちいさな森にできることを、少しずつ広げていこうとしている今年。


これは、早期教育ではなく、発達障がいの子の心の支えになるものです。


今回、このブログのコメント欄を久しぶりにあけます。


このコラボに対する、ご意見や感想を、率直に書き込んでくださいね!


皆さんが、ちいさな森に期待することも、どんどん書き込んでいただいて結構です!


皆さんとのおしゃべり、お待ちしていますね!



明日は、数学パズルについて、少し詳しく説明します。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、560人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-01-15 23:35 | ちいさな森☆ | Comments(9)

プロジェクト成功とラジオ出演日。

今日、かねてからお伝えしていましたプロジェクトの達成がかないました。


c0325213_19385945.jpg



これも、皆さまのお力添えがあってこそです。


本当にありがとうございました。


当初、成功するはずないと思われていた、出版プロジェクト。


c0325213_20572632.jpg



皆さんの応援が、実を結びました。


私との往復書簡も、多数ご要望いただいています。ありがとうございます。


c0325213_20572668.jpg



今年は、何かが形になる年なのでしょうね。


明けて早々から、嬉しく、またびっくりするようなお話が、次々に続いています。


数日前、ブログにも書きましたが、ラジオ出演日が決まりました。


ラジオ放送局 ゆめのたね
個を育てるラジオ
育Cafe



私は、2月7日、14日と2週連続で登場します。


c0325213_21025798.jpg



皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。



本当にありがとう。まずはお礼まで。


前田 マリア


[PR]
by Maria0815 | 2017-01-12 21:35 | ちいさな森☆ | Comments(0)

妥協せず、良いものを。

ちいさくても、本物を作る。


きっかけは、朝倉美保さんFU-KOさんで話していた時だったと思います。


本を出したり、文章を書いたりする仕事って、自由なようでいて、実は自由ではありません。ライターをしていたのでよくわかります。


みんな、言いたいことを言ってるように見えますが、きちんと出版社の意向があり、もちろん内容については吟味されます。


こと、障がいに関しては、執拗なほどに出版社から訂正がはいるでしょう。


c0325213_05591025.jpg

完成真近かな?


「もう、お涙ちょうだいの障がいの本はいらんよなー。」


「どんな本なら欲しい?」


「ホンマのこと、書きたいわ。強い文章になるかもしれんけど。」


「広告載ってないやつ。」


「暮しの手帖の障がいバージョン?」


「えーやん!えーやん!」


そんな風に話していた夢が、皆さんのおかげで実現しようとしています。


出版プロジェクト。


ちいさな森から発足したこのプロジェクト。様々なことを実現するために、朝倉美保さんが株式会社を立ち上げます。


障がいを持っていても、好きなこと、やりたいことができるんだ!と、体現したいと言っていました。


最初の本は「きらり。」という、発達障がいだけではなく、障がい全般を扱った雑誌を予定しています。


私も書く予定ですし、先日FU-KOさんとも対談をしてきました。


私とFU-KOさんの共著は、夏頃かな?と言っています。


c0325213_05591103.jpg

実は今、前田マリア監修の療育おもちゃを開発中です。皆さん、お楽しみに!



プロジェクトは、後11日。


後、54000円で達成です。


正直、ここまで集まるとは思っていませんでした。


私たちの考えに賛同して下さり、本当にありがとうございます。


私との往復書簡への申し込みも、多数伺っています。本当にありがとう。


後、少し。後、少しで夢が叶うところまで来ました。


障がいを、発達障がいを、人生の宝物のように思える本を作りたいなぁと思います。


皆さん、よろしくお願いします。


c0325213_05591155.jpg

只今、たくさんの原稿と格闘中。。。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、560人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-01-09 05:59 | ちいさな森☆ | Comments(0)

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア