カテゴリ:わたしのこと☆( 4 )

「好き」と「大好き」しかない人生。

今日は少しだけ私のことを。


普段、発達障がいや精神障がいを持つ人と接することが多いカウンセラーという仕事。


友人にも、発達障がい者もいれば、性同一性障がい者もいます。


もの凄い頭のいい友人もいるし、なんでそんなに男に騙されるんだ?という、どうしようもないバカもいます(笑)。


c0325213_22440550.jpg

今日はおマメのおもろガオシリーズです。


隣のおっちゃんは、パソコン教えてーと玄関先にやってくるし、近所の子どもはトイレを借りにきます(笑)。


我が家は常に開け放たれていて、色んな人が出入りしています。


まるで毎日が「園庭開放」状態。


でも、それで良いのです。子どもの育ち以上に大切なことはありません。


c0325213_22440614.jpg



そんな中で、ふと気づいたことがありました。


私には「嫌い」な人がいない。ということです。


接する人全てが「好き」か「大好き」(笑)。


老若男女全てです。「あの人苦手〜!」がない(笑)。


36歳で初めて気づきました。


c0325213_22440612.jpg



でもねー、これ、良いことだなぁと思えたんです。


接する人全て「好き」か「大好き」ってことは、悪口を言わないで済むんですよね。


そうすると、心をクリアに保つことができます。


しかめ面になることもないし、誰といても楽しいんです。


c0325213_22440734.jpg



色んな人の色んなことが知りたいし、人と出会うことが、本当に1つ1つ学びです。


出会い全てが、私の糧になり、財産になります。


「好き」と「大好き」しかない人生。こんな生き方もあります。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-02-28 00:03 | わたしのこと☆ | Comments(0)

心に、私の「軸」を持つ。

10月1日よりスタート致しました、ちいさな森の会員様用コンテンツ。


本当にたくさんの方にご登録いただき、ありがとうございます。私自身、その数にかなり驚いています。


こりゃ、ヘタなこと書けんな・・・と(笑)。


また、発足当初、再度パスワードを要求されるなどのトラブルの報告を受けています。申し訳ございません。今は復旧しております。感想やご意見などございましたら、是非メールやインスタにていただけたら、嬉しいです。


そして、何件かお問い合わせがあったのですが、地方に講演に来てくださいませんか?と、私などにお話しをいただけることもありました。条件さえ合えば、可能です。そちらもメールにていただけましたら、幸いです。


メールアドレス。
chisana_mori@yahoo.co.jp


今後ともよろしくお願いします。


★☆★


さて、今日は少し発達障がいを離れて、お母さんの事を書きたいなと思います。


私は今、6歳の発達障がいの男の子。3歳の女の子。明日2歳になる男の子。3人のお母さんをしています。


毎日子どもと暮らしていて、そして、発達障がいの子を授かって、一番必要だと感じたことは、「自分自身の軸」をしっかりと持つということでした。


つまり、他人の意見に左右されない自分自身であり続ける。ということを今、私は一番大切にしています。


例えば、「発達障がいでかわいそう」と思うのか、「発達障がいって、素晴らしい!」と思うかで、人生は変わります。


そんな考え方の軸をしっかり持つために、私がずっと大切にしていることがあります。


それは、「書く」ということです。


c0325213_20550828.jpg



ずっとずっと、ノートが好きで、文房具が好きで、オシャレなショップからはモゾモゾと退散する癖に、ロフトや東急ハンズには何時間でもいられます。


とくにジャンル分けはしていなくて、決まりごとは、使っているノートは常に一つだということ。


プライベートの事も、発達障がいの事も、料理の事も、オシャレの事も、お金の事も、思った事も、これからの事も、気になった言葉も、全て一冊に集約させることを大切にしています。


c0325213_20550902.jpg

お恥ずかしいのですが、目指す女性像なんかも。面白いのが、年配の女性ばかりだということ(笑)。

どんなことも、このノートに書いていきます。


特に見返すこともないのですが、ふとした時に見返すと、発見があったり、「あの時、私こんなことを思っていたんだなー」なんて。


目標が実現していることも多く、私はこんな風に「書く」ことで救われているなぁと感じます。

c0325213_20551033.jpg

今年、こんなスタイルをしたいなぁということも。使いたいルージュの色まで。


もちろん一番多いのは、仕事のこと、今、学んでいること。
c0325213_20551192.jpg

ふせんやシールも、たくさん使います。


いただいて嬉しかったメッセージも。
c0325213_21021633.jpg



長男ちゃーが描いてくれた、キュウビも(笑)。幼稚園のスケジュールも。
c0325213_21021731.jpg



りょう先生に聞くことも。
c0325213_21021889.jpg



全てを一冊にまとめ、どこにでも持ち歩きます。


できれば、一年間で一冊が理想なので、薄いスケジュール帳では物足りないので、毎年分厚いノートをカスタマイズします。


シールカレンダーを使って、私だけのスケジュール帳を作ります。
c0325213_22114548.jpg

来年度の私のノートです。真っ白なノートに、私は何を書くのでしょうね。カスタマイズしたノートも、いずれまた。


もう、本当になんでも書くノート。


これを、中学生の頃から続けています。


初めは日記だったのが、だんだん違う形になっていき、今に至ります。


私の「軸」を作るためのツールと言っても過言ではないのが、このノートです。


例えば私は、他人の意見に左右されるということが、全くと言って良いほどありません。


神さまはいると思いますが、神頼みはしません。


考えるのも自分。行動するのも自分。決定するのも、全て自分です。


例えば、私と仲の良い友達の子がある幼稚園へ行っていたからと言って、自分の子を入れることは断じてありません。


親友に進められたものを、試しもしないで買ったりすることもありません。


全て、自分自身が感じ、捉え、納得いくものでなければ、前へは進めません。


子どもたちのこともそうです。


これだけ情報が溢れている世の中、何が正しくて、何が間違っているのか。それを知りもせずに、安易に選んでいる、選ばされているのが現代です。


早期教育、英語教育、ゲーム、テレビ、アレルギーに、発達障がい。


何を選んで、何を捨てるか。


全ては自分次第なんですよね。


そして、子どもたちは、そんな親の背中を良く見ています。


親の「軸」がグラグラしていたら、子どもの「軸」もグラグラします。


本当に、子どもって、親の「言った」ことは聞いていないのに、「している」ことは見ています。


是非、皆さんも、悩んだら書く。心にとまったら書く。一度、試して見てください。


お母さんのための、ノート作りワークショップもいずれ開催しようかな?と思っています。


お楽しみに。


久しぶりにCDを買いました。
c0325213_22114705.jpg

大好きな宇多田ヒカルさん。


活動の再開が、とっても嬉しいです。


皆さん、いつもありがとう。


インスタグラム。
ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2016-10-02 22:11 | わたしのこと☆ | Comments(0)

36歳のこれから。

8月15日、36歳になりました。


c0325213_14242363.jpg

長男ちゃーがお誕生日のプレゼントにくれた、「家族の絵」。


なーんにも、特別なことはない誕生日。


独身時代のように、食事に行くわけでもなく、誰かに特別扱いされるわけでもなく、当たり前に過ぎた1日。しかも、晩御飯はカレー(笑)


でも、年齢を重ねるごとに、8月15日に生まれたということが、どうも偶然ではない気がして仕方がありません。


日本という国は、71年前の今日、大きな戦争に負けました。思えばあの日から、それまでの日本を大きな力で変化させ、今に至る社会を築いてきたのです。


日本は豊かな国になりました。


望めば、手に入らないものはないのではないかというくらい、物と情報で溢れています。


貧しく、食べるものがなく、凄まじい戦争の時代からすれば、現代の豊かさは望んだ以上の幸せに思えるでしょう。


c0325213_17581499.jpg

こちらが、昨年描いてくれた家族の絵です。


けれど、「日本は幸せな国ですか?」と聞かれれば、誰もが「うーん?」と首を捻ってしまうのではないでしょうか?


隣人が何をしていても、関係のない国。


子どもが泣けば、「騒音」となる国。


毎日毎日、子どもや障がい者への虐待がニュースになるような国だったのでしょうか?


「私もあなたに迷惑をかけませんから、あなたもかけないでね」


私には社会全体が、そんな風に言っているような気がして仕方がありません。


c0325213_17581484.jpg

レゴTを着て、レゴに興じる2人。


今年4月。なんだか突き動かされるようにはじめた、ちいさな森の活動。


発達障がいの子どもたちとその家族とともに。


支援なんてかっこいいものじゃなく、良ければ一緒に「手をつなぎたい」。そんな思いでスタートしました。


思いの外たくさんの人が力を貸してくれて、本当に思いがけない出会いが重なって、あたたかい輪が広がりつつあります。


どんな思いで、この活動をしているのですか?どうして、こんなことをはじめたのですか?


最近、こんな質問をよく受けます。


「幸せな子どもと、幸せな家族が少しでも増えて欲しい」


きっと根底はそこにあるのだと思います。


今のお母さんたちは、昔に比べて学歴もあるし、オシャレだし、子育ての情報もたくさんあります。


間違いなく、「進化」しています。でも、「成熟」はしていないのではないのでしょうか?


「子どもの障がいなんて、絶対認めない。私の人生に傷がつく」


耳にした時は、本当にびっくしました。


いつから日本には、「成熟した大人」が、こんなにも少なくなってしまったのでしょうか?


今、ふと3人の寝顔を見ながらそんなことを思い出しました。親と子は共に育ち合うものだと思います。


自分の子どもだけが良ければ、それで良いのだという子育てはしてはいけないと思います。


36歳。


十分に大人と言われる年齢になり、果たして自分は、成熟した大人であるか?と、日々自問自答しながら、大きくなくてもいい、雨が降ったら、隣で困っている人に傘を差し出せる自分でいたいなぁと思います。


「ありがとう」がたくさんの人生。


そんなこれからにしたいなぁ。


皆さんと一緒に。


いつもありがとう。



発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。
http://chisanamori.wix.com/home

インスタグラム。
https://www.instagram.com/maria19800815/

お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp




[PR]
by Maria0815 | 2016-08-15 20:40 | わたしのこと☆ | Comments(0)

夏休み、母の目標。

あー夏休み。


夏休みって、ドキドキ、ワクワクするけど、母にとっては、なかなかハードな毎日。


我が家の長男はまだ幼稚園なので、宿題はありませんが、野菜の色塗りやら野菜の成長やら、歯磨きチェックシートやら、何かしら色々あります。


それらを見ていて、ふと、私も何か頑張ろうと思い、「母の目標」たるものを立ててみました。


2016年、夏休み、母の目標。


★心理カウンセラーの勉強を再開する。
c0325213_02192654.jpg

以前、色んな事情があり、途中でストップしていたカウンセラーの勉強を再開しました。


今、長男ちゃーは物凄く落ち着いていて、ベストなタイミングを迎えていると強く感じています。


★家の中をスッキリさせる。
c0325213_02192696.jpg

なんだか最近、モヤモヤすることがあり、ふと思い立って、気になっていたところを整理整頓。


それが、思った以上に身も心もスッキリ。


改めて、環境の大切さを知り、夏休み中に家を整えたいと思います。


★字の練習。
c0325213_07513740.jpg

自分の字にコンプレックスがあり、ずっとずっとやりたかった字の練習。


ずっとずっとやりたかったくせに、人ってやらない(笑)。


「明日やろうはバカヤロゥ」を唱えて、初めてみました。


毛筆はならっていたのですが、硬筆はならっていなくて、何にも考えずにひたすら字を書くって、ある種のデトックス効果のようなものを感じています。


何か目標を決めた時は、「できればいいなぁ」ではなく、「やる。」と決めるのが私流。


「どこまでできるかわからない」なんて理由なら、たくさん思いつきますが、「これはやる」と決めたら、あとはそこへ向かうだけ。


夏休み、一気に成長する子どもたち。


母も負けてはいられません。



★☆★


c0325213_02192756.jpg



よくもまぁ、こんなに散らかして楽しく遊べるもんだわ。



いつも、最後までお読みいただきありがとうございます。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。
http://chisanamori.wix.com/home

インスタグラム。
https://www.instagram.com/maria19800815/

お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp


[PR]
by Maria0815 | 2016-07-27 07:51 | わたしのこと☆ | Comments(0)

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧