カテゴリ:母親力☆( 13 )

朝時間。

少し寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


我が家は、長男の入学式と長女の入園式も終わり、ホッと一息も束の間、様々な書類書きに加え、幼稚園の送り迎えと小学校の帰宅時間が被るというワチャワチャな日々を送っています。


さて、皆さんの中には働いていらっしゃるワーキングマザーの方、専業主婦の方、自営業の方、色々な方がいらっしゃると思います。


どんなお母さんであっても、子どもがいたり家族がいたりすれば、それぞれの時間に向き合う時間が多くなるのは仕方のないこと。


そして、バタバタしていると、どうしてもガミガミ言ってしまったり、イライラしてしまったり、まさに、


「『忙しい』とは、心を亡くすと書く」


と言われている通りだなぁと思います。昔の人は偉かった!


それでもうまくいく方はそれで良いと思うのですが、私の場合はどうも落ちつかなくなってきます。


ひとりっ子で育ったせいか、基本的にひとり大好き。ひとりでごはん、ひとりで買い物、ひとりで居酒屋、ひとりで海外も経験済み。


いまだにできないのが、ひとり焼肉と、ひとりカラオケ(笑)。


ひとりで自分自身を見つめなおさないと、どうも色んなことがうまくいかなくなってしまうので、意識してひとり時間を取ることにしています。


早起きが趣味のようになっていて(笑)、早く起きてひとり時間を確保することにしています。もちろん、子どもが一緒に起きてしまったりすると、うまくいかないこともあるのですが、うまくいけばいったで儲けものと考えています。


c0325213_10184004.jpg



朝のひとり時間は本当に貴重で、その日の気分によってやることは色々。


溜まっている家事を片付けたり、原稿を書いたり、ブログをアップしたり、本を読んだり。


30代も後半になり、急激な体力の衰えと身体のたるみを目の当たりにし(笑)、最近はワークアウトを取り入れたりしています。


ヨガやトレー二ングはもちろんのこと、トランポリンで飛ぶだけでも、けっこうな運動になります。


それに、運動ってポジティブな思考を作ってくれますよね。


中高と厳しいクラブを耐え抜いた自分のヘコタレナイ精神力は、やっぱり運動に鍛えられたんだろうなぁと思います。


c0325213_10184151.jpg

おマメさんは、自分も幼稚園へいけると思っていたため、ねぇねと離れ離れがどうも納得行かず(笑)。長男の帽子と幼稚園のカバンを引っ張りだしてきて、持って、ねぇねの送り迎えをしています。


子どもは可愛い。でも、自分自身もちゃんと育ててあげないと、子どもとの時間も息苦しいものになります。


子どもとの間に一番大切なことは、教育でも叱ることでも、徹底した管理体制でもありません。


お母さんの笑顔です。


自分の機嫌は自分でとる。


身に降りかかる様々な出来事に、一喜一憂していては、心は悲鳴をあげてしまいます。


「強い自分」はいくらでも作れます。


周りに振り回されない自分は、価値観に振り回されない自分です。


自分の価値観で生きるには、自分をしっかり持たなければいけません。


しなやかに、たおやかに、でも自分らしく。


そんなお母さん力を鍛えることも、またブログに書かせていただきますね。


★☆★


雑誌「きらり。」


c0325213_10184200.jpg



創刊しています。


私もいくつか記事を書いています。是非お手にとってご覧くださいね。


Amazon


★株式会社みのり。


皆さまからのご注文お待ちしています。


★☆★




インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村







[PR]
by Maria0815 | 2017-04-12 05:41 | 母親力☆ | Comments(0)

うちの子は、そんなに立派じゃないけれど。

ラジオ放送、たくさんの方にお聞きいただけたようで、ありがとうございました。


バレンタインの放送だったのに、そんな色気のある話は皆無でしたね(笑)。


少しでも楽しんでいただけたなら、私も嬉しいです。


★☆★


さて、私のような仕事をしていたり、教職に着かれていたり、幼稚園の先生や保育園の先生をされているお母さん方も、このブログの読者には多いようです。


今日は、そんなお母さんの話。


皆さん、よく勘違いされるのですが、そんな仕事のお母さんはさぞかし立派な子育てをされているのでしょう。と、どうやら思われているフシがあります。


全然違います(笑)。あ、中にはそんな方もいらっしゃるかと思いますが、私は違います(笑)。


c0325213_19375747.jpg

バレンタインに、長男ちゃーが貰ったチョコレート。小さな女の子が、モジモジしながら渡してくれる姿は、本当に可愛いです。みんな、ありがとう。


お母さんとしては、50点くらいかな(笑)。それでもずぅずぅしいかな。


それに、子どもたちも品行方正な立派な子どもかと言われると、ぜーんぜん違います(笑)。


やんちゃもするし、悪さもするし、泣いたり笑ったり怒ったりする、普通の子どもたちです。


c0325213_19375806.jpg

おマメさんも、黙々とチョコレート作り。


大人が言う、いわゆる「良い子」ではありません。


どこにでもいる、子どもです。


立派でも、特別凄いわけでもない。


c0325213_19375986.jpg

あ、残りのチョコレート、舐めるつもりやな!



それぞれ、みんな自分が一番だと思っている子どもたちです。


でもね、それで良いかなぁと思っています。


「私はちゃんとやっているお母さんなんだ」


「子どもたちをちゃんとしつけなくては」


「こんな職についているんだから、子どもたちはいい子に育てなきゃ!」


時々、そんなお母さんを見かけます。


人の前で、子どもたちを怒鳴りつけるお母さん。


c0325213_20503085.jpg



それくらい、子育てのプレッシャーは大きいのかもしれません。


でもね、立派な子どもなんて怖いですよ。


立派で品行方正な子どもなんて、後が怖い。


多少やんちゃでもワガママでも、立派な大人になればいいんです。


誰にでも平等に接したり、他人に優しくできる大人になればいい。


子どもの頃からそんなことできていたら、将来が不安で仕方ありません。私なら。


今のうちにやんちゃしなさいね。くらいの気持ちでいれば良いと、個人的には思っています。


専門家より前に子どもたちの母でありたいなぁ。そう思います。


c0325213_20503119.jpg



だから、うちの子は粗だらけだし(笑)、粗だらけの私の子だから、仕方ありません。と言っています(笑)。


c0325213_20503203.jpg

自分から自分に。。。


立派な子どもじゃなく、立派な大人になれば良い。


しつけより、愛情。


そんなことを、最近よく考えます。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-02-15 00:33 | 母親力☆

物事は、プラスの面を見る。

日々、機嫌よく暮らし、笑顔が多い人生を送りたいなぁと思っています。


だから、というわけではありませんが、様々な物事のプラスの面を見るようにしています。


c0325213_12584009.jpg

可愛い缶って、使い道がなくてもとっておきたくなりますよね?もちろん、子どもたちに狙われていますけど。


例えば、様々な、一般的には面倒だとされていることに対する考え方が、人柄を作るのではないか?と最近は感じます。


我が長男ちゃーの幼稚園はPTAや保護者の集まりがかなり多く、たぶん普通に考えたら「物凄く面倒くさい」ことです。


せっかく幼稚園に通って、少しは楽ができるかな?と思ったのに、全然ラクじゃない。


そう思うと、もう、イライラして、腹が立って仕方がないと思います。


ですが、別の面からみると、色んなお母さんとお友だちになれるし、何よりも子どもたちと先生の様子を見ることができる。


子どもたちが、どんな風に子ども同士で関わったり、先生方がどんな風に子どもたちを見てくれているかがわかります。


まさに、幼稚園生活を幼稚園側にお任せしているのではなく、親も一緒に作らせてもらっている。


そんな風に捉えると、凄く価値のある時間を過ごさせていただいているなぁと、心からの感謝が生まれます。


c0325213_13433802.jpg

ゴンがしつらえたドールハウスのインテリア。私好みやわぁ(笑)。


同じように、世の中には、いわゆる「面倒くさい人」がいますよね(笑)。


自分とはどうしても合わなかったり、凄く苦手だったり。


私、じつはあまりそれがなく、どんな人とでも付き合えるし、お話しができるのですが、そこには、私のこんな考え方が基盤にあるのだと思います。


世の中にはプラス面ばかりを与えてくれる人も、またはマイナス面ばかりを与えてくれる人もいない。一見マイナス面ばかりに見えても、それは長い目で見ればプラスに転じることが、たくさんある。


という考えです。


これは、人との関係においてではなく、起きる事にも通じるかと思います。


自分の周りを「好き」や「心地よい」ことばかりで満たしすぎると、それを守ろうとしてしまいます。


そうすると、それ以外のものを異物のように捉えてしまい、排除しようとしてしまう。


排除ばかりして生まれるものは、できたかもしれない素晴らしい経験や、出会えたかもしれない素晴らしい人々のない世界です。


せっかくこの世に生を受けたのだから、様々なことを知りたい。


経験は人を創ります。


それが、優しさや、受け入れる心の広さにもなります。


やらない世界の経験より、やった世界を経験したほうが、人としての魅力にも繋がります。


物事や人を多角的に捉えることは、実は誰にでもできること。


少しずつ練習すると、置かれた環境が変わってきます。環境が変わると人生が変わる。


人や周りを待つのではなく、自分が一歩を踏み出すこと。


暗い暗いと不平をこぼすよりも、自ら灯りをともすひとでありたい。常にそう思います。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、600人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
[PR]
by Maria0815 | 2017-02-09 14:23 | 母親力☆

きょうだいは、平等じゃなくていい。

「平等」は、素晴らしいことだと思います。でも、なんでもかんでも平等にはならないと思っていますし、全てを平等にするのには、無理があると思っています。


例えば、賛否両論ある、運動会の「みんな一位」や、劇の「みんな主役」。どう考えても私はおかしいと思っていて、それぞれの得意をそれぞれの場所で生かし、それを認め合うことができることが、「高い人間性」なのだと思います。


c0325213_04423900.jpg

子どもたち3人のイニシャル「R」に星。円グラフの綺麗な丸なんか目指さなくてもいい。凸凹なら凸凹で、物凄くかっこいい星になろう!


我が家のきょうだい3人は上から、


★長男ちゃー 6歳
★長女ゴン 4歳
★次男おマメ 2歳


です。


皆さん、きょうだいは「平等に育てなければいけない」と思ってらっしゃいませんか?


でも、よく考えてみてください。6歳、4歳、2歳が平等なわけがありません。


身体能力から知恵、全てがバラバラで、全く違う人間です。


c0325213_04423953.jpg

今、我が家のブームは「11ぴきのねこ」。長男ちゃー作。


私が子どもをみる限り、きょうだいは平等ではありません。また、平等に育てなくても良いのです。


皆さんの悩みを聞いていると、「上の子が下の子に優しくない。いじわるする。喧嘩ばかりふっかける。」というのをよく耳にします。


でもね、よくよく考えてみてください。2歳の子と一緒に扱われた6歳が、優しくなれると思いますがか?


人は、優しくされる経験を積んで、初めて小さな子に優しくできるのです。


上の子を下の子と同じように扱っておいて、下の子には優しくしなさい!なんて、子どもから見たら勝手すぎますよ(笑)。


c0325213_04424051.jpg

ゴンさん作にちゃー作の「11ぴきのねこ」が紛れています(笑)。最近、ゴンの絵が面白い私です(笑)。


例えば我が家では、長男ちゃーのおやつの量が一番多いのは当たり前。


ごはんも、一番初めに渡すのは長男ちゃーです。


物事をはじめるのも、全て長男ちゃーがはじめ。


お兄ちゃんなんだから、当たり前なんです。


そうすると、どうなると思いますか?子どもって凄いのですよ!


そう、自分の方が多いおやつを、下の子に分け与えることができるようになるんです。


なんでも一番にされていると、たまにはきょうだいに譲ってあげることができる。もちろん、まだ6歳ですから、難しいことがありますが、そういった気持ちが芽生えてくる。


c0325213_04424112.jpg

これは、空き箱を使って電車を描いています。長男ちゃーへのプレゼントだそうです。


平等に扱わなくても良いのですが、ひとつだけ気をつけなければいけないことがあります。それは、


きょうだいに優劣をつけないこと。


平等じゃないけど、優劣をつけない。


これが大きなポイントです。


優劣とは、読んで字のごとく、人を優れている、劣っている、と値踏みすることです。


それは、してはいけません。


例えば、一番やってしまいがちなのが、喧嘩をしているきょうだいに向かって「誰が悪い」ということを言っていることが多いかと思いますが、それは親がすることではありません。


この時も、平等にしかる必要もなく、きょうだい喧嘩に関して、親は「終わり」を告げるだけで良いのです。


我が家ではきょうだい喧嘩をした際、「これだけはダメルール」がありまして、それは「手を出したら、どんな理由であれ、その子が悪い」というものです。


でもね、親が子どもに手を出していなかったら、子どもは、例え喧嘩でも出しませんよ。


あとは、「前田家禁止用語」があり、それを言ってはいけませんよ。という決まりがあります。


c0325213_04424145.jpg

色とりどりの電車。


6歳と4歳と2歳は、平等じゃないけれど、それは人の優劣ではありません。


「お兄ちゃんなんだから」という子育ては、うまく使えば素晴らしいものです。


お兄ちゃんなんだからちゃんとしなさい!ではなく、お兄ちゃんなんだから、おやつが多くてあたりまえ!


だって、身体が大きいんだもの。


そんな風に、親に接してもらったお兄ちゃんやお姉ちゃんは、「お兄ちゃんだから、下の子に優しくするのは当たり前」。「お姉ちゃんなんだから、下の子の面倒をみてあげるよ!」と、それが自然になってくるのです。


優劣をつけない。でも、きょうだいは平等じゃなくて良い!


我が家の、ちょっと他の家とは違うルールです。



★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉美保さんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、580人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-01-22 04:42 | 母親力☆

大人の品格。

c0325213_02402141.jpg



最近よく、「大人の品格」ということについて考えます。


というのも、私は、自分の子どもを通して、日本という国のたくさんのおかしさと矛盾に気づけた1人なのですが、最近は輪をかけるように様々なことに遭遇します。


今日も、公園で遊んでいると、所々にこんなものが落ちていました。


c0325213_02402123.jpg



小さなガラスの破片です。


落ちていることに気づいたので、少し周りを探してみると結構たくさんあります。


小さな子どもたちも遊ぶし、気づける範囲で拾い集めていたのですが、そこを通りかかった初老の女性がこう言いました。


「役所に電話したらえーねん。」


私は、それを聞いて、ん?と思いました。


確かに、公園は市の持ち物で、管理は市役所です。


でも、ガラスの破片が落ちているくらいで、役所に電話しなくちゃいけないことでしょうか?


自分の周りくらい、自分の手で美しくしようとはできないのでしょうか?


道に落ちているゴミ、公園に落ちている破片。それと、自分の家の床に落ちたゴミと、どんな違いがあるのでしょう?


自分の家は綺麗にしたいけど、一歩外へ出たら、そこは市の持ち物だから、市がするべきなのでしょうか?


c0325213_02402226.jpg



戦後、日本の社会はGHQに占領され、アメリカの暮らしを輸入することになります。


アメリカの傘の下、急成長を遂げ、今の豊かな日本がある。


ですが、社会がアメリカナイズされることにより、訴訟社会になりつつある日本。


責任の所在を、これでもかと追求し、子ども同士の悪意のないものにまで、責務を負わせる社会は、どこかいびつで不健康ではないでしょうか?


本来、助け合い、思いやり、「お互い様」という言葉がある、素晴らしい国民性であったはずの日本です。


それが、保育園の所在が騒音になり、ベビーカーを蹴飛ばす大人がいる。


完全に理性と品格とを失っているとしか、思えません。


c0325213_02402314.jpg



早く気づいて欲しい。国が気づくのはもう無理でしょうね。だから、私たち大人、ひとりひとりが気づくべきです。


品格を持って生きる。


自分の周りくらい、自分で美しく整えれば良い。


自分の家の整理整頓だけ、やってればいいってもんじゃない。


ガラスの破片くらい、自分の手を汚して拾い集めれば良いではないですか。


汚れた手を、よくやったと、褒めてやれば良いではないですか。


そんなことを考えた一日。


大人の品格を持って生きて行きたいと思います。


★☆★


皆さんのおかげで出版プロジェクトが成功しました!本当にお力添え、ありがとうございます。


発達障がいのため、子どもたちのため、より良い社会のために、皆さんのお役に立てることを誓って、この場でご挨拶とさせていただきます。


本当にありがとうございました。


プロジェクト成功で、やっと、どなたが支援してくださったかがわかります。とっても楽しみにしています。







発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、560人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村







[PR]
by Maria0815 | 2017-01-13 02:50 | 母親力☆ | Comments(0)

余白を持つ。

日々、機嫌よく暮らすこと。


毎日心がけていることです。


人生は笑顔が多い方が良いに越したことはありません。


それは楽しいことだけが起こる毎日というよりは、辛いことや悲しいことがあっても、笑いに変える力がある。


笑える力がある。という方が正しいでしょうか。


c0325213_14330214.jpg

朝からお花を差し替え。アンティークの瓶はイギリスの古いもの。ロンドンの蚤の市で吟味した思い出のものです。


私にとって、笑える状態というのは、心に余裕がある状態。


心に余裕がある状態は、時間や、やるべきことに追われていないことを指します。


けれど、地球に生を受けた以上、どこへ行こうが1日は24時間で1年は365日です。


与えられた同じ条件で、それらをどのように使うかが生き方そのものであるような気がします。


c0325213_14583915.jpg

お花の水換えは、基本的に子どもたちのお仕事。ちいさな、子ども用の道具さえ用意してあげれば、難なくこなします。モンテッソーリの教えですね。



そのために、やるべきことをできるだけ午前中に終えるようにしています。


以前も書いたのですが、晩御飯の下準備も全て朝ごはんの時には終わらせています。


そうすると、子どもたちとも余裕を持って向き合えるし、午前中は子どもたちと公園へ行きたいと考えているので、だいたい10時には1日の家事の8割を済ませています(子どもにとって午前中は活動の時間で、お日様と一緒に遊ばせてあげたい)。


ともすれば、午後の余裕がある時間で、日々の最低限の家事だけではなく、プラスαができる。


c0325213_22024646.jpg



やらなければならないことを先延ばしにせず、淡々とこなす。


そうすると、「やりたいこと」ができる時間が向こうからやってきます。


これは本当に不思議。


時間もお金と同じ。いや、お金より大事だと個人的には思います。


「やらなきゃ、やらなきゃ」と言ってる人に限って、だいたい何にもできてない(笑)。


それは、会社員時代に周りの方から学ばせていただきました(笑)。


やるべきことを明日に伸ばさない。


できるだけ(笑)。


c0325213_22024797.jpg




でもね、私だって羽目を外したいときもあります。


お酒を飲んで、忘れたいことだってある(笑)。


そんな時には自分をとことん甘やかして、また明日から頑張ればいい。


それも、余白です。


年末で、忙しない心が、少しでもゆったりできますように。



★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。


いつもありがとう。



日々のこと。私のこと。ブログには書けないこと。良かったらフォローしてくださいね。
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2016-12-28 22:02 | 母親力☆ | Comments(0)

理想を追求しない。

ていねいな暮らし。手をかけて暮らす。いつもにこやかなお母さん。


なれればいいなぁ。いや、ならなきゃ。


でも、果たして、隅から隅まで美しく完璧な人生なんて、可能でしょうか?


本や雑誌を賑わせる暮らしぶりに、人生の本質はあるのでしょうか?


ていねいに暮らすことやシンプルに暮らすことは、もちろん素晴らしいことです。


でも、それが目的になってしまうことほど、本末転倒なことはないと思うのです。


c0325213_21050743.jpg



たとえば、整理整頓を行うことで、空いた時間に何かができたり、心に余裕ができたりする。


でも、整理整頓そのものが目的では、暮らしや生き方はいつまでも豊かにはならない気がします。


同じように、ラクや便利ばかりでは、人生はまるでつまらなく、薄っぺらいものになるのではないでしょうか?


c0325213_21050886.jpg



子どもだってそうです。いかに自分の思い通りに子どもを動かすことが目的なら、子育ての毎日で生まれるものはただの自己満足でしかありません。


子育てコーチングや、〇〇流の子育てを私が嫌うわけはそこにあるのかもしれません。


子どもとの毎日は、いかに楽に過ごすかが目的ではありません。


時には涙を見せてぶつかりながら、切磋琢磨する親の姿を見せたって良いのだと思います。


疲労困ぱいして、疲れ切った姿を見せても良いのだと思います。


c0325213_21050934.jpg



時には、道草が、たくさんのことを教えてくれることだってあるのです。



理想を追求することは良いことです。


ですが、その先に何が見えるかは、人それぞれです。


★☆★


下の2人が昨夜から嘔吐と下痢です。。。


もちろん、全身に浴びせかけられた私も撃沈です。


ノロの季節到来。


早く去ってくれー。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2016-12-16 21:04 | 母親力☆ | Comments(0)

幸せは見つけるものではなく、作るもの。

幸せになりたい。


人として生まれたからには、必ずそう思うでしょうし、「そう思わない」というのはやっぱり不自然かな?とも思います。


でも、たぶん、多くの人が勘違いしているのは、幸せというものは、どこか少し見つけにくいところに転がっていて、私たちは、そのどこにあるとも知れない幸せを、フラリと散歩している時に見つけるようなものだと思っているフシがあります。


c0325213_21534954.jpg

両家のジィジ&バァバからのクリスマスプレゼントが、毎日のように届き、子どもたちは大はしゃぎ。これは、おマメへ。室内テントです。


果たして、そうでしょうか?


私は、違うと思っています。


幸せは、見つけるものではなく、自らの手で作り出すもの。


どこかにあるかも知れない幸せを探す行為に、幸せはない。


そんな風に思います。


自分が幸せになれない理由を誰かのせいにばかりしていては、いつまでも幸せにはなれないでしょうね。


人生がうまく行かないのは、誰かのせいではありません。


そう感じている自分のせいです。


c0325213_21535011.jpg

メルちゃんに、読み聞かせ中。


幸せって、私はたくさん感じたものの勝ちだと思います。


例えば、宝くじで一等が当たることだけに幸せを感じているなら、一生幸せにはなれないと思います。


それよりも、気持ちの良い朝が幸せ。淹れたてのコーヒーが幸せ。子どもたちの笑顔が見られて幸せ。ごはんがおいしくて幸せ。綺麗な花が咲いていて幸せ。


そんな風に、小さな幸せをたくさん感じることのできる心が、もう幸せそのものだと思います。


「なんで?どうして?わたしばっかり。」


こんな考えでは、幸せにはなれません。


幸せは、自分で作り出すもの。そんなことを思います。


★☆★


インスタでもご紹介させていただいたのですが、私の友人で消しゴムハンコ作家さんがいます。


c0325213_22050915.jpg

届いた手紙。これも、彼女の作品です。


彼女は四年前に舌のガンに侵され、舌を切除しています。


学生時代に、共に心理学を学んだ友人。


まさか、そんなことが彼女の身に起きているとは知らず、音信普通が続いていた日々。


再び歩き出そうと踏み出した彼女から、ある日ラインが届きました。


いつまでもくよくよしていられないと、彼女から届いたラインに、深く考えさせられました。


c0325213_22051192.jpg



消しゴムハンコの作家として生きがいを見つけ、日々を送っている彼女を見ていても、幸せは常に、自分の手が紡ぎ出すものだなぁと思います。


Rのポンポン工房


力強く生きよう。病気でも障がいでも、未来を切り開くのは、いつだって自分自身だと、気付かされた再会でもありました。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2016-12-09 22:05 | 母親力☆ | Comments(0)

いろんな想い。

「子どもは親の鏡」


と、心理学でならいました。


実際、子どもとの毎日で、その言葉が、グサグサと矢のように刺さります。


本当に、子どもは親そのものですね。


私が、心ここにあらずを、子どもは見事に見抜きます。


長男ちゃーは、特に不安定です。もう、それは本当に、顕著に表れる発達障がいくん。


夜は泣き叫んだり、ママ、ママと大変な日々。


そして、真ん中さんゴンも、不安定です。最近、来年から行く幼稚園の期待半分、不安半分。


c0325213_23275124.jpg

映画館ごっこ中。見てる映画はなんと「ベニシアさんの映画」だそうです(笑)


みんな、色んな想いを抱えながら、同じ屋根の下で暮らしているのだから、ぶつかり合うこともあっていい。


お母さんは、完璧である必要もなく、ちょっとくらい気を抜いても、八つ当たりしちゃっても、仕方がないときもありますよね。


そのあと、ちゃんと、ごめんねって謝ればいい。


親だって、聖人君子で生きられるわけではない。


私も、ゆっくり親になろう。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2016-12-07 22:27 | 母親力☆ | Comments(0)

おマメさん。

c0325213_06414422.jpg



「待ってな。トン(自分のこと)がやるわ」と言っています。


c0325213_06414667.jpg

「あれ。あれ。」


なんやろ?


c0325213_06414772.jpg



あ、蛾いてるやん!


ここらへんかなー?と狙いを定めて……。
c0325213_06414797.jpg



c0325213_06414833.jpg

あらよっと!


全然届きませんでした。ちゃんちゃん。


★☆★


おマメさんは、我が家の次男坊で3番目の末っ子です。


見てるだけで癒やされる風貌で(笑)。彼の周りの空気は昭和です。


長男ちゃーの運動会でも、走っただけで、笑いが起こりました(笑)。本人は至って真剣なのですがね……。


あー、いつまでもこのままで保存しておきたーい!と思う母心。


考えてみたら、長男ちゃーの時は、早く歩かないかな?早くしゃべらないかな?と、早く早く!と思っていました。


親って勝手ですよね。


一番上と一番下、母の気持ちが違うのだから、性格も違って当たり前だー。


ゆっくりいこう。
ゆったりいこう。


そんな風に自分に問いかけた朝です。


★☆★


感覚統合アート昨日の23時59分で募集を締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございます!


順次ご返信させていただきますので、しばらくお待ちくださいね。


また、ちいさな森会員様コンテンツにおいて、FU-KOさんとの往復書簡をアップさせていただいています。


FU-KOさんからいただいた質問「迷った時の基準はなぁに?」に答えさせていただいています。


読んでみたFU-KOさんの感想は「マリアさん、やっぱり武士やわぁ〜」でした(笑)。


いや、私もね、書きながらね、「女の回答じゃねぇなぁ」と思っとりましたがね(笑)。


是非、遊びにきてくださいね!


250人突破記念にはじまった、期間限定の往復書簡。


あれからざっと100名以上の会員様が登録してくださいました。


本当にありがとうございます。


発達障がいについての偏見や差別を、できるだけ取り除きたい。


そして、彼らを理解してあげて欲しい。


少しでも多くの方に知って欲しいと思っています。


まだまだこれからの活動ですが、いつか皆さんとお目にかかれることを楽しみにしていますね。


いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2016-10-22 06:41 | 母親力☆ | Comments(0)

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧