<   2014年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

愛を示す。〜思い出のマーニー〜

生きてゆく。
成長してゆく。

そんなときの栄養は一つしかない。

人が変わる。
人を変える。

そんなときのきっかけも一つしかない。

結局は「愛。」
それだけ。

c0325213_19561286.jpg


【思い出のマーニー】
ジョーン•G•ロビンソン。

この夏の映画化で、一躍光を浴びた作品。
それまでは残念ながら、日陰の匂いのする、文学作品だった気がする。

二人の少女の心の影。
愛されなかった過去。

ファンタジーでありながら、心理描写の細かい様子。

以前も書いたが、作者が母に愛されなかった過去を知ると、それが鮮明に、忠実に、如実に書きだされていて、心が痛い。

それでもラストには、やはり胸を撫で下ろし、ホッとするのだけど。


c0325213_19561298.jpg


先日も書いたのですが、完全な育児疲れにより、エネルギー不足を感じておりました。

キャパオーバー。

無理やりのように確保した一人時間。

c0325213_19561324.jpg


大好きなお店にエスケープして、ひたすらボーッと。
頭に浮かんだことを、メモしたり…読書したり…。

c0325213_19561333.jpg


そして気付いたこと。
いや、気付いたというより、勝手にこんなことをメモしていました。


【人は一定量の愛情を受けなければ、他人に愛情を与えられない。】

【ある年齢までは、自分に愛情を与えて生きてゆく。けれどもある一定の年齢を越えたら、自分以外に愛情を与えて生きて行くのが、やはり人として美しい生き方のような気がする。】

ちょうど、思い出のマーニーを読み終えて、感想をメモしておこうと思い、そんな言葉を知らないうちに書いていました。


先日から続く体調不良で、やっぱり参っていたんですね。

心と身体って、繋がってます。
そんな時は、自分の子どもでも、正直かわいいと思えなくなったり……。

母失格!のレッテル貼られてるなぁ私。
なんて…。

c0325213_19561425.jpg


でも、少し回復。
今日は久しぶりに、公園で遊べる気温。

二人は早速裸足で駆け出しましたとさ。

c0325213_1956142.jpg


なぜかシールを見ると、顔に貼るゴン。


今日も魔女の本棚にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

週末、楽しくお過ごしくださいね!

応援のクリックいただけると、嬉しいです!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-29 19:56 | その他の児童文学☆ | Comments(12)

パリの香り。〜げんきなマドレーヌ〜

c0325213_1291580.jpg


この絵本を開くだけで、パリに行ける。

エッフェル塔。
コンコルド広場。

ノートルダム寺院。
リュクサンブール公園。

バンドーム広場。
オペラ座。

チュイルリー公園。
ルーブル美術館。

色彩が丸ごとパリで、子どもたちは根っからのパリジェンヌ。

ふっても、てっても9時半に散歩に出かける、12人の女の子。

いつも2列になってね。
パンを食べたり、歯を磨いたり。

いちばんおチビなマドレーヌちゃん。
とっても強い女の子。

そんなマドレーヌちゃんが、入院してしまう…。

マドレーヌちゃんがいなくなったのに、絵本のどこかのシーンでは、ちゃんと12人いるんですよ。

探して見てね。




パリは大好きな街。

20代前半で始めて訪れた時、あ、マドレーヌちゃんに会える!と思った。

パリジェンヌは、生まれた時からパリジェンヌ。

3歳くらいの女の子も、ツンっと顎を上げて早足で歩く。

小さな頃からキチンと革靴を履いて、背中をしゃんと伸ばして歩く。

今の日本の、オシャレママやオシャレキッズの無理矢理感はない。でも、一家でちゃんとオシャレ。

訪れる度に、かなわないなぁ〜と思う。



そろそろ臨月で、より一層大きなお腹で日々をやり過ごしております。

先日、おまめちゃんは約3000g……。
まだ、9ヶ月やのに。

そして、まぁそれに暑さもあり、着る服がない。
オシャレしたいなぁ〜と思うけど、マキシワンピばっかり。

本来は、ちょっとトラディショナルなものが好きなので、夏は困る。
妊婦はもっと困る(笑)。

そろそろ、ちゃんとした服が着たいなぁと思ったりしながら、妄想コーディネート。

c0325213_1291352.jpg


秋、お腹が凹んだら着たいな。
ちょっとパリ的な、ミモレ丈の赤いスカート。

でも、授乳中だから、トップスは前あきじゃないといけませんね……。

ホンマの妄想コーディネートになりそうです。


そしてそして…!
ついに、ゴンが…。

あ、あれに興味を持ってしまったのです。

いや、前から興味はあったし、認識はしてたけど。

つ、つ、ついにやってしまいました。

「コレ、きちて〜」
(コレ、着せて〜)


c0325213_1291466.jpg


「あ、◯◯ちゃんぴったりやん!ちゃー、もう一個あるし、それあげるわ!そのかわり、あーちゃん(おまめちゃん)がおっきくなったら、それあげな!」

と、ちゃー。
いりませんけど…。

そして、ちゃーは自分の黄色いユニフォームに背番号【9】をつけろと、やかましいです。

マートン選手です。

因みに黄色いユニフォームは、あまりにちゃーがユニフォームと化していて、どこへでも着て行き、ツッコミどころ満載すぎて、主人の職場の先輩がプレゼントしてくれました(笑)。


パリの話題なのに…!
コテコテの関西でしめます。
浪速ジェンヌということで…。

c0325213_1291472.jpg


偉そうに…。腕くんでます…!

今日もご訪問ありがとうございます。
応援にクリックしていただけると、励みになります。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-28 12:08 | 絵本☆ | Comments(8)

お兄ちゃんがいる。〜おにいちゃんといもうと〜

おにいちゃんはいじわるする。

お人形をとったり、オヤツを横取りしたり。

本当に一日中、いもうとにちょっかいを出している。

そして、おにいちゃんはやっぱりちょっと乱暴。

見ていてヒヤヒヤすることもある。

それなのに、いもうとはついて行く。

泣かされるくせに、やっぱりついて行く。

そしてやっぱり、おにいちゃんが大好き。

c0325213_13472647.jpg


【おにいちゃんといもうと】
シャーロット•ゾロトウ。

一度絶版になり、復刻した絵本。
はたこうしろうさん、おーなり由子さんはご夫婦。

お二人の手によって、楽しい絵本が復刻したのはとっても嬉しいなぁ。

おにいちゃんといもうと。
もう、本当によくできた絵本。
おにいちゃんのいじわる具合がね。

きっと兄妹を育てた方ならわかるはず。
陰険じゃない、さわやかないじわるなんですよ。男の子って(笑)。

体調、ご心配いただきありがとうございます。もう、だいぶ良くなりました。

そして、私に変わって、次は主人が体調を崩しました。私とは違い、吐き気がするようです。

c0325213_1347245.jpg


そんな時はおかゆさん。
自家製の梅干しでどうぞ。

子どもたちも、おかゆさんで朝ごはん。ゴンは起きぬけに三杯…。
彼女の食欲はとどまるところを知りません。

最近、人形遊びでおままごとが我が家のブーム。

c0325213_13472528.jpg


いつもは大抵、ちゃー→ゴンへの影響が大半ですが、おままごとに関しては逆。

確実にゴン→ちゃー。に影響を与えました。

テーブルがなく、段ボールで代用。
意味もなく、ちゃーがハサミで切ったので傾いています……。

兄妹って、こんな風に影響を与えあうんですね。一人っ子で育った私は、なんだか不思議。

遊ぶのはいつも一人だったので、三人の子育てをちゃんとできるか不安です。

それに、未開の地である「男子」が二人…。あ、おまめちゃんは産まれるまで聞かないつもりが、超音波で見えちゃいました…。オトコです……。

最近、ちゃーが赤ちゃん返り中です。
意味不明のわがままや、ぎゃん泣き、妹に乱暴、を度々繰り返します。

私の体調も悪く、ちゃんとかまってあげられないのが原因。

「なーんで、妹に赤ちゃん返りがなく、あんたにあるんだ?」と思ってしまい、衝突もしばしば…。

ものすごく感じることですが、子どもってそれぞれで、120%手をかけなければ満足できない子どももいれば、70%で十分な子どももいる。

あぁ…子育てって難しいなぁ。

c0325213_13472564.jpg


応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
今日もありがとうございます。
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-26 13:46 | 絵本☆ | Comments(9)

ぼくのなかには魔法がある。〜秘密の花園〜

太陽が照っている。
それは魔法だ。

花が育っている。
根がのびている。
それは魔法だ。

生きていることが魔法だ。
強いことが魔法だ。

魔法がぼくのなかにある。

c0325213_16411721.jpg


【秘密の花園】
作・バーネット

物語のなかに出てくる、大好きな言葉。

私たちは、本当は存在するだけで奇跡なのに、すぐにそれを忘れてしまう。

あれが欲しい、これが足りないと思ってしまう。


そして、変化には痛みが伴う。

変わりたい。
今の自分の殻を脱ぎたい。

そんな風に思っている、10代に差し掛かった子どもたちに是非読んでもらいたい本。

人は人のなかで変わることができるんだよ。
大切な人を見つけたら、ずっとずっと大切にしてね。




昨日、1歳7ヶ月にしてトイレに成功したゴンちゃん。

c0325213_16411313.jpg


自分で、「おちっこ」と言ってオムツを脱ぎ、トイレへ。

ちゃーは2歳ちょうどやったけど。
やっぱり、お手本がいるって最強。

実はこの一週間ほど、原因不明の頭痛で寝たり起きたりの日々。
ゴンの本格的なオムツハズレは、もうちょっと体力が戻ってからになってしまうけど…。

でも、嬉しいなぁ!
大好きなちゃーにも褒めてもらって…。

c0325213_16411571.jpg

この笑顔。

大好きなパピコもそら美味しいわ^o^。

c0325213_1641147.jpg


最近、面白がってやる考え事の顔。

c0325213_16411628.jpg

「えっと〜」ってゆうてます。
今日はきらーーーんなし(笑)。この顔やからね(笑)。

今日も魔女の本棚へお越しいただき、ありがとうございます。

また明日から一週間が始まりますね!
笑顔いっぱいの毎日になりますように。

応援にクリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-24 16:41 | その他の児童文学☆ | Comments(9)

FUーKOさん連載リクエストと憧れの町屋ぐらし。〜町屋えほん〜

町屋。
古民家。
古道具。

誰かの手で丁寧に作られたものには、静謐な魂が宿っている。

おしゃべりじゃない、
饒舌じゃない、
「私を見て」の自己主張もない。

自らの使命を全うする頑なな姿勢と頑固さまで持ち合わせて。

けれど、手を入れることで、少しだけこっちを向いてくれる。

まるで気難しい老人みたいだ。

c0325213_16373657.jpg


【町屋えほん】
これは、私のための絵本。

c0325213_16373784.jpg


町屋に憧れ、古民家に憧れ、田舎ぐらしに憧れ…。なのに、都会のネズミのように暮らす私。

そこそこの都会で、今日も空気がきたないと、愚痴をこぼしながら生きる、都市生活者の誇り…みたいなものもある。

c0325213_16373626.jpg


せめて、古道具を大切に育てて。



今日は、皆さんに大好きなブログをご紹介させていただきます!

FUーKOなまいにち。

手づくりの子ども服を作りながら、京都の町屋でお二人のお子さんを育てていらっしゃる、ママさん。

大人気のブログなので、ご存知の方も多いかもしれませんが…。

FUーKOさんが連載されているサイトで、町屋暮らしを紹介されているのですが…。

「アトリエが見たい!」と、リクエストしましたら、なんと快くこたえてくださいました!

記事はこちら→


FUーKOさんのブログを読み始めたきっかけは、FUーKOさん家の長女さんの愛称が、我が家の長女と同じく「ゴン」だったこと。

それから、私がお腹の赤ちゃんにつけた愛称が「おまめ」で、FUーKOさん家の長男くんが「まめぴー」だったこと。

そして、歳が一緒だったこと。

そんな偶然が嬉しく、素敵なお写真も魅力的で、そして、憧れの町屋で暮らしてらっしゃる…。

お作りになる子ども服は、とても可愛いし。なんだか、同じ年齢なのに、雑な私とは全然違うなぁ…。なんて思いながらも、ブログの更新を楽しみにしている私です!

応援のクリックをいただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-22 16:37 | 絵本☆ | Comments(6)

なかよしこよし。〜どうぶつえんガイド〜

あくびする。
せのびする。

みつめる。
にらむ。

ねている。
ねている。

たべている。
たべている。

おしっこする。
うんこする。

はしる。
あるく。

のぼる。
ぶらさがる。

ないている。
ほえている。

ねている。
たべている。

c0325213_17161555.jpg

【どうぶつえんガイド】

旭山動物園の飼育員さんである、あべ弘士さんが書いた、子どものためのどうぶつたちの本。

見開きいっぱいにのびのびと描かれたどうぶつたちは、
まるで「おりの中にははいりませんよ」と言っているようで、なんだかいつもドキドキする。

図鑑じゃない見せ方。
説明じゃない文章。
そこにいつも惹かれる。

そうやんな。
ホンマは、動物園におったらあかん子たちで、ホンマは日本って国の気候には、あってないどうぶつもいてるはず。

動物園へ行くと、いつも少しせつなくなるのは、きっとそのせいやわ。


この絵本。
ゴンの大のお気に入り。

ホンマは、ちゃーが初めてサファリパークに行くときに購入した本。

でも、ちゃーは電車男やから、動物にはあまり興味を示さず…。でも、ゴンは動物大好き!

c0325213_1716153.jpg

「こえは?」(これは?)

「じょう!」(ぞう!)

「えいかーい!」(正解!)


c0325213_17161787.jpg

「こえは?」(これは?)

「きいん!」(キリン!)

「えいかーい!」(正解!)

c0325213_17161994.jpg

「こえは?」(これは?)

「ニャンニャン!」(猫)

「えいかーい!」(正解!)


と、延々と一人でページをめくりながら、ずっと遊ぶゴンなのですが…。

c0325213_17162452.jpg

「こえは?」(これは?)

「ちゃー!」(お兄ちゃん)

「えいかーい!」(正解!)


ん???

c0325213_17162659.jpg

これよね?

「ゴン、これなぁに?」

「ちゃー!」

「え?ちゃー?トラやろ?」

「ちゃうちゃう!ちゃー!」

「トラやで!」


c0325213_17162765.jpg

「ちゃー!」

と、またこの顔。

考えた母…。
わかりました。
これやね。

c0325213_17162993.jpg

※画像はお借りしました。

c0325213_171632100.jpg

せやね。ちゃーやね。


今日も魔女の本棚を覗いていただき、ありがとうございます!

応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-20 17:15 | 絵本☆ | Comments(9)

暮らしの句読点。〜3じのおちゃにきてください〜

「3じのおちゃ」には、特別に贅沢な響きがある。

子どもたちにも、私たちにも。

せかせかしている気持ち。
ゆううつな気持ち。
カリカリしている気持ち。
しずんだ気持ち。

ウキウキしている気持ち。
明るい気持ち。
ハラハラしている気持ち。
バラ色の気持ち。

一日のうちに、こんなに感じてしまっていては、すっかり心が疲れてしまうから。

毎日毎日、一日の中の句読点みたいに、3時のおちゃをする。

c0325213_10334188.jpg


小さな頃、福音館書店の絵本がたくさん家にあった。

定期購読か、幼稚園の配布かはわからないけど、幼い私は夢中でページをめくった。

中でも大好きな絵本がこの絵本だった。

【3じのおちゃにきてください】

ささぶねにのった、おちゃのお誘いの手紙。
みどりいろのくれよんで書かれた手紙。
みんなと連れ立って進む、小川に沿った道。

みんなみんな大好きだった。

そして、我が家のちゃーも大好き。
物語の中で、このカエルのシーンには、ゴンも大笑い。

c0325213_10334283.jpg


きっと、この絵がおもしろいんやね。

c0325213_1033431.jpg


ブログを通して、本当に素敵な出会いがたくさんあります。

私のブログをみつけていただき、ありがとうございます。

大好きな絵本講師のakeさん。
ご自身のブログで、私のブログをご紹介いただきました。

私の勝手な趣味とは違い、ちゃんとした講座を受けた、本当の絵本伝道師のakeさん。
お2人の娘さんも、すくすく育たれていて、絵本や物語が、子どもたちに与える影響って、やっぱり侮れないなぁ…。と感じます。


c0325213_10334447.jpg


そして、主人と2人でお出かけした時にちゃーが、スターバックスを見かけて言った言葉が…。

「パパ。ちょっと疲れたし、お茶して帰ろか」

3歳になったばかりの頃です。まわりの人は、笑いを堪えていたそうです。

今日も、魔女の本棚を覗いていただきありがとうございます。

応援にクリックしていただけると、とても励みになります。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-19 10:33 | 絵本☆ | Comments(8)

永遠の午睡。〜プー横丁にたった家〜

そよそよと吹く、5月の風。
心地よい仲間と、お腹いっぱい食べたお弁当。

柔らかいひだまり。
胸いっぱいに吸い込む、草木の匂い。

小さなハチが飛ぶ。
白い蝶もひらひら。

ふわふわの雲みたいな気持ちよさ。
いつの間にか、午後の眠りに誘われて。
みんなみんな、夢の中。

起きたらまた、遊ぼうね。

c0325213_12274343.jpg



【プー横丁にたった家】
世界で愛される、黄色いクマ。
持ち主は、クリストファー・ロビン。

彼は【百ちょ森】なんて名前の、魔法の森に住んでいる。


映画とキャラクターが有名だけど、原作はそれはそれは素敵なお話。
余りにも素敵なお話だから、どれか一つはいつもポケットに入れている。

例えばプーは、午前11時くらいにはいつも、「ちょっと何かつまむ」ことにしている。

だから、ふと時計を見た時、11時頃を指していたら、ちょっとニヤリとしてしまう。

プーは今頃…なんて。

プーの物語の時間軸は、きっと一日が24時間ではない。
百ちょ森には、まるで心地よい永遠の午睡のような時間が流れている。




昨日、京都では五山の送り火でした。

毎年、じぃじが会員のゴルフ場でディナーをしながら、五山の送り火を見るのが我が家の恒例行事。

昨日はあいにくの霧で、五山の送り火は見られず…。

それでも、生のJAZZを聞きながらのディナーに舌鼓を打った夜でした。
c0325213_22321827.jpg



c0325213_22321468.jpg


ステージ前でダンスをし、疲れてひと休みのゴン。

c0325213_22321519.jpg


通る人全てに「おーい。」

c0325213_22321695.jpg


大好きなチョコレートケーキを、勝手にパクパク食べるちゃー。

「あなたはチョコレートダメ」と言ったら、この顔。
c0325213_22321675.jpg



最後にはドラムまで叩かせてもらって。
c0325213_22321751.jpg


♪おいらはドラマ〜、ヤクザなドラマ〜♪
な、ちゃーでした。

若い方は知りませんね。こんな歌。
石原裕次郎です(笑)。

五山の送り火が終われば、そろそろ秋の虫が鳴きだします。

夏も終わりに近づいているのかな?
雨が多い今年の夏。
夏らしいこと、家族でなんにもできていないのがちょっと気になる。
プールくらい行きたいなぁ。

今日も魔女の本棚を覗いていただき、ありがとうございます!

応援にクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-17 12:26 | その他の児童文学☆ | Comments(10)

大切なこと。〜トミーが三歳になった日〜

どんなに立派で、
どんなに正当で、
どんなに歴史に残る英雄がいようとも。

たとえ愚かでも、
たとえ少しくらい貧しくても、
たとえ世界から非難されようとも。

戦争より平和の方がいい。

子どもを持って、こころからそう思った。

小さな人たちが犠牲になる。
そんなこと、やっちゃいけない。
何があっても、やっちゃいけない。

世界から、銃がなくなればいいのに。
世界から、爆弾がなくなればいいのに。
世界から、核兵器がなくなればいいのに。

丸い丸い、美しい地球なのに。
今日もどこかで、戦争をしている。

c0325213_7515992.jpg



【トミーが三歳になった日】
ナチスドイツのユダヤ人迫害。

余りの理不尽さの中で、散った命の記録。

トミーの三歳のバースデーには、ケーキもなければ、お祝いの歌もなかった。

見えるのは、壁、壁、壁。
そして、小さな小さな窓から見える、額縁に入れられたような空。

トミー。
世界は広いんだよ。
トミー。
空はもっと広いんだよ。

この本は、トミーのお父さんが収容所の中で、トミーを書き続けた記録。
戦争が終わるまで、壁のうしろに、そっと、閉じ込めて。

重い絵本。
長い絵本。
命の絵本。

最後には、涙でくもって、字が読めなくなる。
いつも、最後まで読めなくて。

きっと、子どもたちには読んで聞かせてあげられない。
こんな残酷なこと。

だから、本棚の隅にそっとたてかけておく。
いつか、自分で開いて欲しい。
いつか、自分で読んで欲しい。

8月の曇り空を見上げて思うこと。

大切な大切な命のこと。

「これは、わたしがおまえのために、やまほどかこうと思っている本の、第一さつめです」


応援にクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-15 06:29 | Comments(10)

女の子の大切なもの。〜まいごになったお人形〜

大切な大切なお人形。
ただを捏ねて買ってもらったお人形。

お洋服もたくさんあったし、靴下も靴もあった。
あんなに大好きだったお人形。
いつから遊ばなくなったのかな?

いつの間にか忘れていた。
あんなに大切にして、ずっと一緒だったお人形のこと。

c0325213_13532345.jpg


【まいごになったお人形】
お人形が冷凍庫に忘れられてしまうお話。

お人形を可愛がるって、女の子ならでは。

ゴンも、一歳を超えた頃から赤ちゃんとお人形には興味津々。

小さいママとして、今日も朝から奮闘中。

c0325213_13532433.jpg


ごはん。
歯磨き。
オムツ替え。
お散歩にねんね。

ちゃんとお世話する姿は、ちゃーには絶対見られなかったもの。

ぬいぐるみなんて欲しがったことはないし、お人形なんて見向きもしなかった。

ゴンが産まれた時も、赤ちゃんなんて興味がなかった。
そう考えると、母性本能って凄いな。

おマメちゃんが産まれてきたら、小さなママはとってもお世話に忙しくなるやろなぁ。
目は離されへんやろけど…。



c0325213_13532562.jpg


昨日は、友達が遊びにきてくれました。
お互い、上の子も下の子も同級生。

朝から遊びに遊び倒して、花火して晩御飯をみんなで食べて、みんなでお風呂。

c0325213_13532537.jpg

プールの水が変わっています(笑)。
絵の具遊びで、みんなが遊んだ後。

楽しい夏の過ごし方。
子どもたちには夏が似合うなぁ〜。

【魔女の本棚】を覗いてくださり、ありがとうございます。

絵本や物語のある暮らし。
子どもたちと、絵本や物語の中みたいに丁寧に暮らしていけたらなぁ〜。と、このブログを始めました。少しずつだけど。

応援にクリックしていただけると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2014-08-14 13:53 | 絵本☆ | Comments(8)

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧