<   2015年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

母として。〜ターシャ・テューダーの子どもたちの本〜

どんな母になりたいだろう?

ひとつだけ挙げるなら、私は育児を心から楽しめる母になりたい。

子どもたちと一緒に、色んなことを楽しめる母親でありたい。

そして、子どもたちが成長した時に、自分は大切にされた!と、確信を持てるように。そんな子育てがしたい。

そして、子どもたちと一緒に日々を笑って過ごしたい。
c0325213_20484487.jpg

【小径の向こうの家】
作 ベサニー・テューダー
【母ターシャの思い出】
作 セス・テューダー


ターシャ・テューダーと言えば、アメリカを代表する絵本作家であり、また、世界中のガーデナーが憧れるバーモント州のあの広大な庭が有名。

けれどもこの2冊は、母親としてのターシャ・テューダーを、長女のベサニーと長男のセスが書いたもの。

バーモントではなく、ニューハンプシャーと言う土地での農場暮らしと、子どもからみた、ターシャ・テューダーという人の記録のようなもの。

今の私には、どんな育児書よりも心に響く本。

暮らしは決して楽ではなく、家族の食事に洗濯物。農場の家畜の世話に、他の動物たちの世話。

そして、4人の子育てと絵本作家の仕事。

そんな忙しい中でも、子どもたちを楽しませ、そして自分自身も心から楽しんだ。

絵本作家であり、ガーデナーであり、世界中の人々が憧れた暮らしを紡ぐ人であったターシャ・テューダー。

母としても、とてつもなく魅力に溢れた人だったのだと、つくづく思う。

★☆★
先日、素敵な森からの贈り物をくださったかもみんさん。

その時いただいた、くるみの殻を使った小さなプレゼント。

ちゃーがものすごく感動し、ど〜しても真似したかったみたい。
c0325213_20484523.jpg

c0325213_20484560.jpg

c0325213_20484667.jpg

私に似たのか、「手作り」という言葉に弱いちゃー。

さすがに我が家にくるみの殻はないので、折り紙で代用。

雑草を摘んで、真似っこ。
c0325213_20484789.jpg


「みてみて〜!」とちゃー。
c0325213_20484730.jpg


お花を散らしてアレンジ。
c0325213_2048487.jpg


因みにこちらが、ターシャ・テューダーが贈り物として作った、くるみの殻を使ったプレゼント。実物の写真です。
c0325213_20484882.jpg


★☆★
母としての生き方も、ターシャ・テューダーに教えてもらいました。

ターシャの会の皆さんにも、是非読んで欲しいなぁ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

お手数おかけしますが、クリックしていただけたら、とても嬉しいです。

いつもありがとうございます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-30 20:48 | エッセイ☆ | Comments(6)

邪心のない。〜山脇百合子さんの絵〜

迷いがない。
邪心もない。

うまく見せてやろうとか、私はアーティストなんだとか。

芸術的なんだとか、難しいものを表現するだとか。

とにかく、そんなものは全てとっぱらって、この人の絵がある。

ただ、真摯に、子どものため。

ただ、本当にそれだけ。

それって凄い。
大人なのに凄い。

迷いなく、邪心なく、絵が描けるって凄いことなんだ。

★☆★

好きな画家は?と尋ねられたら、レオナルド・ダ・ヴィンチと山脇百合子さんと答えます。

その振り幅にも驚くけど。

とにかく私は山脇百合子さんに、ずっとずっと徹底的にやられています。

まさに、「やられたぁ〜!」の心境。

描き込まれる全てのディテールを、つぶさに見ていくのが好き。

お部屋に拡がった、クッキー缶とか、バスケットとか、窓辺のお花とか。
c0325213_20321019.jpg

c0325213_20321134.jpg

簡素で贅沢な食卓とか。
c0325213_20321287.jpg

c0325213_20321313.jpg

ピクニックの様子とか。
c0325213_2032141.jpg

テーブルの上のジャムの瓶とか。
c0325213_20321527.jpg

部屋の隅に置かれている植物とか。
c0325213_20321699.jpg

私が住みたい理想の家とか。
c0325213_20321751.jpg


絵本の主人公の豊かな暮らしが、丁寧な眼差しで描き込まれている。

もう、とにかく全てが好き。
理屈抜きに全部が好き。

私にとって山脇百合子さんはそういう存在。

山脇さんの絵の中には平穏だけが流れているから。

★☆★

そんな山脇百合子さんの絵を使ったパッケージのやきがし屋さん、【シュシュクル】さん。
c0325213_2032798.jpg

大切な方への贈り物に。
そして、自分へのご褒美に。

待ちきれない人が一人。
c0325213_2032834.jpg


美味しいクッキー。
c0325213_2032947.jpg


おやつの時間は楽しいな。

★☆★
頑張ったけど、後ろ前でっせ……!
c0325213_2032959.jpg


そんなゴン。弟を抱っこしようとして彼は振り落とされて、鼻血が出たおマメ。
c0325213_20321091.jpg


良いことしようと思ってのことやから、怒られへんなぁ……!

今日も遊びに来ていただきありがとうございます。

ご面倒おかけしますが、お帰りの際にクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

いつもありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-28 20:32 | 絵本☆ | Comments(4)

ぐりとぐら展in伊丹市立美術館。

c0325213_22154843.jpg


お天気の良い日の見本みたいな日曜日。

一家でお出かけ。

待ってたよ。ぐりとぐら。
c0325213_22153279.jpg


あ!あのたまご!
c0325213_22153514.jpg

きっと子ども達はぐりとぐらの視線。

原画や貴重な初版本。
そして、「ぐりとぐら」の元になった「たまご」というお話の原稿。

ぐりとぐらが発見したあのたまごを見るみたいな視線で、隅から隅まで堪能しました。
★☆★

ただね、アートとなるとちょっと海外と比較してしまうのだけど……。

せっかく絵本の展示会なのに、全てが大人目線で残念。

アメリカのエリック・カールの絵本美術館(はらぺこあおむしの作者)や、オランダのディック・ブルーナハウスは、もっともっと子ども目線のアートを展開してくれている。

たとえば、ぐりとぐらになって進めるあの絵本の中そのものの迷路があったり、あの、たまごの殻で作った車があったり、あのぐりとぐらのリュックを背負ってみたり、あのフライパンを引きずってみたり……。

絵本って子どものためのものでしょう?もっともっと、日本も、足を運ぶ全ての人がアートを身近に感じられるような展示をして欲しいな。

お金を払う大人ばっかりに媚びないでさ。

一時期はキュレーターになる夢を持っていた。本とアートと子どもたちを、何とかして繋げたいと思う今日この頃。


★☆★
子ども3人連れの外出。
ハードルが高いのは食事。

親も子どもも平和でいられるのは、公園でお弁当を広げること。
母がね、早起きすれば良いだけの話。
c0325213_22153828.jpg

c0325213_22154172.jpg

木漏れ日がなんともきれい。
c0325213_22154257.jpg

ごはんを欲しがるおマメにおにぎりあげたら、難なくごっくん。
何度も欲しがる。
半分平らげました。

さすが、サラブレッド。
ダテに4000g超えで産まれてまへんな(笑)。

ごはん粒を顔につけてる、生後半年の人。
c0325213_22155165.jpg


帰りに抱っこ。
c0325213_22155459.jpg

パパ頑張れ!併せて35キロ!
来年はそこに、プラス12キロくらいが加算されます。

良い天気に恵まれた週末。
皆さん、いかがお過ごしでしたか?

明日から、また元気な一週間を過ごせますように。

いつもいつもありがとう。
お手数ですが、クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

[PR]
by Maria0815 | 2015-04-26 22:15 | 絵本☆ | Comments(6)

子育てで大切にしていること。

遊ぶこと。
食べること。
寝ること。

笑うこと。
笑いあうこと。

おひさまと、仲良しリズムを刻むこと。

思いっきり遊ぶことと、少しの約束。

なんてことないことやけど、真理だけは見失いたくない。
c0325213_928887.jpg


例えば、汗をかいても気持ちよく過ごせる、機能性の下着じゃなく、洗い立ての気持ちいい下着に何度も着替える。それをちゃんと整えてあげること。

例えば、手が汚れないクレヨンじゃなく、汚れたらきちんと洗えば良いこと。それが気持ちいいことを、きちんと知ってもらうこと。

例えば、切れないハサミを渡しておいて目を離すのではなく、ちゃんと切れるハサミを渡し、目を離さずに見守ること。

例えば、外出先でおとなしいからと、ゲームや動画を見せておくのではなく、静かにしなければならない場所を教え、もし無理ならば、大人も予定変更する覚悟を持つこと。

例えば、バーチャルな動物を育てるのではなく、ちゃんと生き物を育てる喜びを与えてあげること。
生き物は臭いし、うんこもするし、汚れたら洗わなきゃいけないし、そして、いつかは死んでしまうということを、ちゃんと肌で感じられるようなこと。
c0325213_928926.jpg

物事をスムーズに進めるために、便利なことはたくさんある。

けれども、子育てとは本来、ベルトコンベアに乗って、簡単に目的地に着くようなものではないはずだ。

利便性と対極にあるのが子育てだと思う。

合理的とは真逆の存在が子どもだ。

手を抜いてはいけないもの。
その筆頭が子育てなんだと思う。
c0325213_928957.jpg


先日、子育てストレスを全く感じないっていうお母さんに出会いました。

可愛くて仕方ないのだそう。

しかも、我が家と同じ4歳、2歳、0歳。
まだまだ産みたい!って。

凄い。
冗談交じりに、「どこの山で修行したん?」って聞いた(笑)。

私だって、子どもは可愛い。
でも、子育てストレスがないとは言い切れない。

一回でいいから、そんな心境になってみたい〜って思った。まだまだ私には修行が足りへんなぁ〜って落ち込んでた数日。
c0325213_9281016.jpg

c0325213_9281136.jpg

c0325213_9281123.jpg

でも、今朝、朝早く起きてちゃーのおにぎりを作って、朝ごはんの支度を終えて、一人でゆっくりコーヒーを飲んでたとき、こんな気持ちが湧き上がってきた。

「さて、今日はどんな楽しいことが待ってるかな?どんな子ども達と出会えるかな?」

心の底から出てきた気持ちに、自分でもニッコリ。

大変じゃないという心境にはまだ至ってないけど、「手塩にかけて育て、成長をゆっくり待つ」という気持ちがわかりかけてきた。

私は私なりにでも、いびつにでも、お母さんとして成長していけたらな。
c0325213_9281263.jpg


いつも遊びに来ていたたきありがとうございます。

我が家のガタガタ子育てをいつも応援していただき、ありがとうございます。

お帰りの際、クリックしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

いつもありがとうございます。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-24 09:28 | ナチュラル子育て☆ | Comments(6)

思い出に残る服を。〜毎日着たい、手づくり服〜

物語のある服。

こんな服知らなかった。

一枚の服が、こんなにも饒舌だなんて。


くるくる変わる子どもの暮らしに。
ひらひら踊る子どものまいにちに。

パタパタとやり過ごす大人の事情に。
せかせかとすぎてゆく大人の日常に。

そっとそっと寄り添って、「あなたは大丈夫」と言ってくれる。
袖を通せば、何でもない毎日がスペシャルになってやってくる。

こんな風に日々をキラキラにしてくれる。そんな服がここにある。
c0325213_20295416.jpg

【毎日着たい、手づくり服】
美濃羽 まゆみ

大好きなFU-KOさんの新しい本。

先日、ゴンの洋服の第2弾が届きました。
c0325213_20295685.jpg

この服は一目惚れ。
子どもの白に弱い私。

シンプルの極みみたいな服が、子どもを一番引き立てる。

ぷくぷくのホッペとか、柔らかい髪の毛とか……。

そして、この中に素敵な贈り物が!
c0325213_20295618.jpg

そう。
ご著書に、直筆のメッセージを入れていただいたのです!

予約して、楽しみに待ってたら、まさかのご本人からホンマに嬉しいサプライズ。
FU-KOさん。ありがとう。

ページをめくるたびに、普通の暮らしに寄り添う服がホンマに素敵で。

きっと10年後もクローゼットにかかってる。変わらずに袖を通してる。
そんな服を、心から愛しいと思う。

FU-KOさん。
絶対、楽しいこと、一緒にしましょうね!

★☆★
「ママ〜、その色のコントラストが綺麗やわ!」と、ちゃーが撮ってくれた一枚。
c0325213_20295989.jpg

私の制服と化している、セントジェームスのボーダーとマリメッコのエプロン。
普段はキャスのエプロンをすることが多いんやけど、元気を出したい時はこっち。

また、大好きなボーダーのお話も、ここでできたらなぁ。。。

しかし、4歳児が、「コントラスト」って言う?


無農薬でじいじが育てた、色々なレタス。
c0325213_20295870.jpg

緑が濃くて綺麗やわ。
c0325213_2029584.jpg

ドレッシングは手作り。
市販のものより、やっぱり美味しい。

晩御飯のメインは、ちゃーが一人で巻いた春巻き。
いびつやけど、手助けせずに、全部一人でやりました。
c0325213_2030030.jpg

もう、格別に美味しかった!

いつも、魔女の本棚に遊びに来ていただき、ありがとうございます。

明日からまた、一週間が始まります。
皆さん、体調にお気をつけて!

日々を楽しく過ごせますように。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

今日もありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-19 20:29 | その他☆ | Comments(7)

生きていることを楽しむ。〜ターシャ・テューダーの会〜

「植物の葉が風にゆれるのを見つめ、小鳥のさえずり、ハトの声、ハチの羽音に耳を傾けていると、この世界は、なんとすばらしいもので満ちているのでしょう、と思います。」

絵本作家ターシャ・テューダーの大好きな言葉です。


フログを通して仲良くさせていただいている、かもみんさん。ゆめさん。
shizukuさん。で「ターシャの会」を。

と言っても、何をするわけではなく、皆さんで影響を受けたり、刺激を受けたりした、ターシャ・テューダーという一人の女性の生き方を、少しでもなぞらえたら……。

日々を楽しく過ごせる、ビタミンのようなものになればいいなぁと思っています。



私の持っている本から。

森と生きる。自然を大切にする。
素敵な生き方をされているかもみんさんに。

リースを作るターシャ。
c0325213_2155287.jpg

庭に佇むターシャ。
c0325213_2155344.jpg

美しいチューリップを摘むターシャ。
c0325213_21551185.jpg

「春は奇跡よ」というターシャの声が聞こえてくるよう。



お弁当作りがお上手で、いつまでも少女のようなゆめさん。
旦那さま思いの、素敵なお母さんに。

ジャガイモを剥くターシャ。
c0325213_21551166.jpg

子どもとジンジャークッキーを作るターシャ。
c0325213_21551334.jpg

美しいレシピと道具たち。
c0325213_21551441.jpg


まるで、お料理は義務ではないと、言ってくれているみたい。



手仕事がお上手で、心の美しいshizukuさん。
悲しみをきちんとバネにできる強い人に。

暖炉の前で手仕事をするターシャ。
c0325213_21551447.jpg

ターシャの魔法の手元。
c0325213_21551683.jpg

まるでオブジェのような裁縫道具たち。
c0325213_21551617.jpg


自らの手で何かを作り出すことは、本当に素敵なことよと、教えられているよう。

皆さんにぴったりのターシャを探してみました。

生きていることを楽しみ、生まれてきて良かったと、そう思いたい。

★☆★
育児真っ最中の私です。
だから、子どもと一緒に楽しみを見つけよう!

日課の雨戸開けをするちゃー。
c0325213_21551766.jpg

図書館のついでにお散歩。
c0325213_21551794.jpg


そして帰宅し、バーベキューをしました!
家の前でね(笑)。
c0325213_21551839.jpg

職人ちゃーは、火おこしをお手伝い。
c0325213_21551914.jpg

うちわが揺れているのを、和室から楽しそうにみているおマメ。
c0325213_21552024.jpg


そしてその頃ゴンは……。
c0325213_21552012.jpg

何してんの?お手伝いしてたハズやのに……!

でも、おにぎりが出来たと同時に出てきました。
c0325213_21552175.jpg


準備や後片付けが大変やねんけど、やっぱり楽しそうにしている子どもたちを見てたら、やって良かったなぁって思います。

今日もこちらへ遊びに来ていただき、ありがとうございます。

お天気に恵まれた土曜日、皆さんいかがお過ごしでしたか?

皆さんが素敵な週末を過ごせますように。

ご面倒をおかけしますが、お帰りにクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

いつもありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-19 03:06 | ターシャ・テューダー☆ | Comments(6)

誰だって食べたくなる。〜からすのパンやさん〜

たくさんのパンに、必ず目を奪われる。

自分はどのパンがいいか、人と話したくなる。

そして、この絵本に散りばめられた、加古里子さんのシャレの効いた言葉に、子どもたちはムフフ、と笑い出す。
c0325213_20413514.jpg

【からすのパンやさん】
作 かこさとし

保育士の友人が、子どもたちの「読んで!」のリクエストが一番多かったのが【からすのパンやさん】だったと、良く言っていました。

もう、見たくないほど読まされた!って笑って言ってたけど、彼女の子ども部屋の絵本棚に、【からすのパンやさん】があるのを、私はちゃあんと知っています。

それくらい、この絵本は子どもたちを惹きつける。

そして、ぐいぐい引き込んでいく。

良いものには、絶対に真似の出来ない引力がある。

★☆★

昨晩この絵本を読み、パンが食べたくなった私たち。

ちゃーを送ってから、卵アレルギーの私たちも食べられるパン屋さんへ。
c0325213_20412949.jpg

【イロハベーカリー】
我が家は、トランス脂肪酸もできるだけカットしているので、ちゃんとバターと国産小麦を使って焼いているこちらのパン屋さんが大好き。
c0325213_2041306.jpg

ゴンもホクホク。

エコバッグ持参で、ポイントを加算してもらえます。
c0325213_20413129.jpg

お気に入り、パリのパン屋さんポワラーヌのエコバッグ。

子どもも食べやすい小さめのパン。
c0325213_20413177.jpg


美味しかった。
ご馳走さまでした。
c0325213_20413369.jpg

もう少し余裕が出てきたら、パンを焼きたいなぁ。

★☆★
ちゃーが幼稚園で、一番寂しいのは多分ゴンやね。
c0325213_20413360.jpg


それでも送って行ったら、教室に入って行くちゃーに、
「しっかり頑張っといでやー!後で迎えにくるからなー!」と言います。(笑)
c0325213_20413442.jpg


「足が短すぎて、届けへんわ!」と言ってます。(笑)。
c0325213_20413592.jpg




いつも、遊びに来ていただきありがとうございます。

お手数ですが、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

いつもありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-16 20:41 | 絵本☆ | Comments(4)

お人形の夢。〜ターシャ・テューダーのドールハウス〜

子ども時代いうものは、2度体験できるのですね。

自分自身の本当の子ども時代と、自分の子どもの親として体験できる子ども時代と。

自分の出来なかったことや、したかったことを子どもに追体験させるのは嫌。

でも、娘が出来たことでお人形遊びができることが、今は楽しかったり。
c0325213_20353652.jpg

【ターシャ・テューダーのドールハウス】

子どもたちがもう少し大きくなったら、ドールハウスを手作りしたい。
私の夢です。

その日の為に、少しずつドールハウスの小物を集めています。

大好きなかご。ミニチュア版です。
そばのコインで、大きさがわかりますか?
c0325213_20353038.jpg


小さなガーデンツールと、箒とちりとり。
c0325213_20353929.jpg



今、【ターシャ・テューダー展】が開催されていますね。2年間かけて日本全国を回ります。
※開催日程は随時更新です。

今回の目玉がこの、ドールハウスとお人形たち。

全て手作りで、子どもたちと一緒に楽しんだターシャ。自身もお母さんからドールハウスをプレゼントしてもらったとか。

ターシャのように、全て手作りは無理だけど、いつか挑戦してみようと思います。

★☆★

ブログを通して仲良くさせていただいている、かもみんさんゆめさん。

3人で【ターシャ・テューダーの会】を勝手に募っています。(笑)。
かもみんさんもゆめさんも、ターシャのことをブログにアップされています。

かもみんさんのターシャの記事。

ゆめさんのターシャの記事。


ターシャのように生きるって、スタイルを真似するんじゃなくて、心持ちなんですよね。

広大な敷地と庭を持っていても、幸せではない人もいる。

猫の額ほどの家でいても、幸せな人もいる。

ターシャ・テューダーという1人の女性から学ぶことはたくさんあります。

今日のターシャの言葉。

「子どもの気持ちは、ちょっとしたことで楽しくなるものです。
わたしは、年中行事や伝統を、子どもたちと一緒に心から楽しみました。」

心から。
大切な言葉。
心を使って子育てしよう。

子育ては技術ではないのだから。

★☆★

初めて、幼稚園で描いた絵を持って帰ってきました。
小さく小さく折りたたんで。
c0325213_20353267.jpg

王冠、12万円って書いてます(笑)。

雨が降り続いた週明け。
お家で工作。
c0325213_20353232.jpg

何を作っているかというと、お手本はこれです。
c0325213_20353336.jpg


「ママが大好きやから描いたった!」ってこちらを。
さて何でしょう?
c0325213_20353456.jpg

正解はムーミンママです(笑)。

ドールハウスの夢も虚しく、2歳3ヶ月のゴン。
c0325213_20353753.jpg

三輪車より先に自転車に乗れるようになってしまった。(笑)。

今日も、こちらへ遊びに来ていただきありがとうございます。

いつも応援していただき、嬉しいです。
コメントを下さる方々、応援のクリックをしていただいている方々。長い文章を最後まで読んで下さる方々。

いつも本当にありがとう。

お帰りの際、お手数ですがクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

[PR]
by Maria0815 | 2015-04-15 20:35 | 丁寧な暮らし☆ | Comments(2)

土屋鞄製作所とテノナル工藝百職。

やっと雨が上がった土曜日。
じぃじとばぁばが、ちゃーとゴンを連れてお出かけしてくれた。

おにぎりと簡単なお弁当だけ作って、行ってらっしゃい。

ごめん。なんかスッキリ。(笑)
たまにはね。

★☆★

「鞄欲しいんよなぁ〜」
と、少し前から言ってた主人。

「ほな、京都行こうか〜」って、おマメと3人で京都散歩。

普段、4歳、2歳、0歳を連れて買い物なんか行く気にもなれず(笑)。久々にゆっくりお出かけ。

まずは土屋鞄製作所へ。
c0325213_13503419.jpg


色々悩んで、主人の鞄を決める。

はじめ、ネットで気に入ったのを見つけてて、殆どそのまま買う勢いやったんやけど、やっぱり実物を「見て」、「触って」、「持って」、鏡に映してみたら、なんかしっくりいかへん。

で、結局別の鞄に。
これもはじめ、ネットではブラックって言ってたんやけど、結局ネイビーに。
c0325213_13503658.jpg

やっぱり、本物を見るって大切。
あのままネットで買ってたら、きっと後悔してたなぁ。

しかし、私も使えるかなぁ?と思って、持ってみたら、保険のおばちゃんみたいになったわ……。

c0325213_13503444.jpg

かいもんして、ホクホクの主人とおマメ。

それから、まだ入園して幼稚園もはじまってないのに、ちゃーのランドセルのリサーチへ。
c0325213_13503538.jpg

素敵すぎるランドセルに、私が欲しい!
とりあえず、パンフレットをもらっとこ。
c0325213_1350377.jpg

あ、FU-KOさんではないですか!
FU-KOさん、ゴンちゃんとそっくり!


それから、欲しいものがあってこちらのお店へ。
c0325213_13503543.jpg

テノナル工藝百職さん。

もうね、店主の方とのお話が楽しすぎ!かごやざるの話を根掘り葉掘り聞いてしまった……。

めっちゃ勉強してはる。
でも、押し付けがましい感じは全然なくて、心地いい空気感。

こんな雰囲気の人、憧れる。

そして、お目当はこちら。
c0325213_13503846.jpg

米とぎざる。

金ざる使ってて、ザリザリとした感覚がなんか嫌やって。。。
ずっとずっと欲しかった米とぎざる。

マタタビがいいやら、青竹がいいやら、と素人がうんうん考えていたのも、色々教えてもらって。

くるみの木のかごも素敵やったなぁ〜。

そして、お店を出ようとしたら、呼ぶ子がいる。
c0325213_1350399.jpg

日本の古い鍵。

鍵に弱くて……。
この鍵を見ているだけで、

「実は、どこかにある秘密の花園の入り口の鍵なんだ」とか、

「古い洋館の、私だけが開けられる鍵」とか、

「既に滅びた王家の末裔だけに託された鍵」なんて。

またまた、「田舎にあるおじいちゃんの家の開かずの間。そこにある古い古い衣装だんすの鍵。実は異国へ繋がる扉だった」とか。

物語が始まるみたいでワクワクする鍵。

いただいたカードもホンマに素敵。
c0325213_13504053.jpg

きれいに暮らしたい。
身仕舞いよく。
時々忘れるけど。

★☆★
かご持って休憩。
c0325213_13504014.jpg


唯一近づける動物がうさぎ(笑)。
c0325213_13504147.jpg


幼稚園初日、泣かずに頑張りました。
自分からバイバイして。
顔は歪んでたけど、振り返ることなく教室へ入って行きました。

背中がたくましくみえた帰り道。
c0325213_13504210.jpg


いつも遊びに来てくださってありがとうございます。

お手数ですが、クリックしていただけたらとっても嬉しいです。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

今日もありがとう。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-13 13:50 | ブログ☆ | Comments(8)

森から届いた贈り物。

その贈り物は森から届きました。

森の小さな木でできたお家に住んでいる、魔法使いと魔女のご夫婦です。

魔法使いのだんなさんは、木とお話しながら、何でも作り出す魔法の手を持っています。

魔女の奥さんは、植物とお話できたり、それはそれは美味しいごはんを作り出す魔法の手と、優しい心を持っています。


ブログを通じて、仲良くさせていただいているかもみんさん。

手作りのログハウスで、それは丁寧な暮らしを紡ぎだされていて、いつもお邪魔しては、勝手に憧れています。


そんなかもみんさん。
私の勝手なおせっかいに、こんな贈り物を下さいました。
私のおせっかい記事。→

かもみんさん家のパパさんが作ってくれた、こんな素敵な椅子。
c0325213_14144629.jpg

早速、ちゃーが飾りつけ。

「木の手作りやし、ぐりとぐらにぴったりやぁ〜!」と、大喜び!

それからそれから……。
c0325213_14144684.jpg

素敵なバスケットには、何が入ってるんやろ〜?
c0325213_14144759.jpg

ドキドキ……。


c0325213_14144790.jpg

「めっちゃええ匂いする〜」と、ちゃー。
か、か、かもみんさん!コレはまさに、ターシャ・テューダーの世界です!
c0325213_14144842.jpg

ターシャの絵本に出てくる、くるみの置き物ではないですか!

しかも、ご自宅のお花で作られたという、本当に素敵な贈り物。

それから、こちらもターシャの絵本から飛び出してきたみたい!ミツロウのキャンドル!
c0325213_14144947.jpg

あ、こら!せっかく写真撮ってるのに横取りしたな〜!


そしてそして……。
何より素敵だったのは、かもみんさんが作ってくれた、こんなお話。
c0325213_14145099.jpg


主人公はちゃーとゴン。
2人が森に分け入って、きこりのおじさんとおばさん(かもみんさん家だと思われます!)に出会い、木の椅子を作ったり、手作りのスコーンをいただいたりして帰ってくるお話なんです!

もう、これには感動!
お忙しいのに、わざわざこんなお話まで……。本当にありがとうございます!

昨日の夜はこのお話を読みました。

私の絵が上達したら、是非是非絵本にさせて欲しいです!

さらにはハーブティーまで……。


もうね、信州のターシャ・テューダー。
本当に素敵な贈り物に、一家で感動しておりました。

心からありがとう。

★☆★
休日。
少し傷んだリンゴで、ジャムを作っています。

少しゆったりした時間が流れています。

今日も遊びにきていただきありがとうございます。

お帰りにお手数ですがクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


お友達のハナノワさんが作られたトラコミュです。
いつも、参加させてもらっています。

にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。へ
子どものいる暮らし。

良い休日を。
[PR]
by Maria0815 | 2015-04-12 14:14 | ブログ☆ | Comments(5)

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧