<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いびつなまる。

標準。普通。平均。


まるで意味のないことに、心を砕くことはない。


ガタガタの丸でも、ガタガタの円グラフでも、それがこの子らしい。


どうしてみんな、そんなにまんまるの円グラフにしたがるのかな?


みんながみんな、平均になって、どこが素敵なんだろう?


その子らしく、そのままで。


得意なことを、ぐんぐん。ぐんぐん。


いびつなまるでええやんか。


ガタガタなままでもええやんか。


僕は僕。私は私。


それが一番大事なこと。


★☆★

いたずら盛りの1歳8ヶ月。

c0325213_21495954.jpg


あらー。べっぴんさん。

c0325213_21500004.jpg


なんで、そんなんかぶってんの?

c0325213_21500086.jpg


我がブログでも、ちゃーと人気を二分する勢いのおマメになりつつあります。


今日はパパのお誕生日。
c0325213_21500146.jpg

39歳にして、身長が1センチも伸びたアンビリバボーなパパ。


大学卒業時は177㎝。


現在、181.5㎝。


この勢いでいくと、還暦を迎える頃には190㎝やな。


何食べてんねん。


★☆★

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。


お気軽にメールくださいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp


[PR]
by Maria0815 | 2016-06-30 21:49 | 発達障がい☆ | Comments(0)

人として。

発達障がいでも、そうでなくても、結局は人としてどう生きるか。


結局はそこに行き着くのではないか。


先日、とある方とお話をしていて、そんな答えにたどり着きました。


いつも思います。


障がいがあるから「不幸」なのではありません。


不便かもしれない。


でも、「不幸」とは限りません。


「障がいがあるから不幸だ」と思う心が不幸なのです。


障がいを持っていても、イキイキと生きることは可能です。


障がいを持っていても、幸せに生きることは可能です。


障がいを持っていても、人として、どのように生きるのか。


私も日々、修行の毎日です。


★☆★
我が家の長男ちゃーの幼稚園は、とにかく親の招集が多いことで有名です。


普段の子どもたちの様子や、どんな友だちと遊んでいるかもわかるので、物凄く良いことなのですが、チビ2人連れての参加は、正直キツイ。。。
殺人並みのスケジュール。帰宅後はエナジーを吸い取られた、ただの抜け殻と化します。

c0325213_21102720.jpg


今日は、親子でこんなお人形を作ってきました。

c0325213_21102878.jpg


こだわりのポイントは、みんなは毛糸で簡単に髪を作るところを、ちゃーは一本一本、紙で作り、文字通り「植毛」したところです(笑)。


さすが、発達凸凹!こだわりが匠のごとし。


こんな作品を作る時は手を出さず、ヒントだけ。


私が常に大切にしていることです。


今日も遊びに来ていただきありがとうございます。


いつも本当にありがとう。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。


お気軽にメールくださいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp

[PR]
by Maria0815 | 2016-06-29 21:13 | こどもにいいこと☆ | Comments(0)

7月18日(月)「モンテッソーリ教育と療育~Help me to do it myself ! 自分でするの、手伝って!」

こちらのブログでご紹介した時から、かなりの反響をいただいているイベントの詳細が決定致しましたので、お知らせ致します。


★☆★
7月18日(月)

ひづきの森×ちいさな森
「モンテッソーリ教育と療育~Help me to do it myself ! 自分でするの、手伝って!」

★内容
・家庭環境を整えることは、最高の療育
・発達凸凹さんへのものごとの伝え方


★場所 ひづきの森
・駐車スペースはございますが、駅より徒歩5分ですので、電車の方が便利かもしれません。近くにコインパーキングもございます。


★時間 13時〜15時


★参加費 お一人様1500円


★お子様連れ可
・託児というスタイルではございませんが、当日はスタッフが在中しております。


★定員
・10名


★申し込み方法
・お名前
・連絡先(電話番号など)
・お子様連れかどうか
・参加したい理由
を記載したメールをchisana_mori@yahoo.co.jp宛てにお送りください。


★☆★
ただいまの所、かなりの応募を予想しております。


ですので、申し込みは本日より一週間とさせていただきます。


期限は、7月3日 23時59分までとさせていただきます。




皆さんのご応募お待ちしています。



c0325213_03220435.jpg

色とりどりに塗られた、幼稚園に提出するカード。


こんな、歪さが大好きです。


c0325213_03220431.jpg

ホームランバーのアタリが見えた!



皆さん、いつもありがとう。



発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。

[PR]
by Maria0815 | 2016-06-27 07:56 | ちいさな森☆ | Comments(0)

絵本講座と真田丸。

6月24日、「さんじの絵本×ちいさな森」の絵本講座が終了しました。


講師のayumiさんから、絵本の選び方とひろげ方についてお話いただきました。


★主食の絵本
★おやつの絵本
★お菓子の絵本


子どもたちの側にいつもある絵本。
だからこそ、大人がしっかり選んであげなければいけない。


大人に媚を売った絵本が、本当にたくさん並んでいます。


今、ベストセラーになっている絵本の中には、正直手にとって欲しくない絵本もたくさんあります。


子どもは、鮮度抜群の生ものです。見たもの、聞いたもの、感じたもの、全てを、まるで乾いたスポンジのように吸収して行きます。


だからこそ、「正しい目を持って選ぶこと」が何よりも大切だと、私は強く思います。


c0325213_03450249.jpg

私がずっと大切にしている「そらいろのたね」の絵本。ずっと持っているから、黄ばんで色褪せています。それでも宝もの。



手作りのフリーペーパー。
ayumiさんが、夜な夜な手書きで描かれたんだと思うと、なんだか心がまんまるになります。


ayumiさんの強い思い、もっともっと広がるといいなぁ。

c0325213_03450262.jpg


当日はJR神戸線が、大幅に遅れてしまっていたようで、「間に合いそうにありませーん」と泣く泣くキャンセルをいただいた方も。


また、是非開催させていただきますね。


ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。


★☆★
「あーあかん。鎧が欲しい」


我が家の発達凸凹さんの長男ちゃーが、突然発した一言。


「出たな!真田丸!」と乗っかる私。


またまたダンボールをゴソゴソと、鎧を作り始めました。


完成し、装着したところ……。
c0325213_03450202.jpg

「ママ〜!立たれへーん!起こして!」


アホすぎます。


やっとの思いで立ったら、今度は……。


c0325213_03450310.jpg

「ママー!腕につける鎧が拾われへーん!」


アホすぎます。


アホすぎます。


c0325213_03450361.jpg

それを、手作りケーキを食べながら、「アホくさ。」と言わんばかりのゴンさん。


みんな、スクスク大きくなぁれ。


いつも遊びに来ていただきありがとうございます。


皆さんとどこかでお会いできるのを楽しみにしています。


発達凸凹さんと一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。


お気軽にメールくださいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp


[PR]
by Maria0815 | 2016-06-25 03:44 | ちいさな森☆ | Comments(0)

生まれてきてくれてありがとう。

c0325213_22243401.jpg

お誕生日おめでとう。


あなたが生まれてきてくれて、私の人生はガラリと変わりました。


発達障がいを持って生まれてきてくれてありがとう。


あなたのおかげで、たくさんのことを学べました。


私をお母さんにしてくれて、本当にありがとう。


あなたのおかげで、母である幸せを知ることができました。


私はいつでも、あなたの味方です。


あなたの未来が、どうか輝いていますように。


c0325213_22243538.jpg


手作りの下手くそなケーキ。


でも、満面の笑みで喜んでくれた子どもたち。


長男ちゃーが、今日6歳になりました。


月日の経つのは本当に早いですね。


子どもたちのお誕生日が来るたびに、いつも思います。


私と一緒に人生を歩むことを選んでくれてありがとうと。


いつも、最後までお読みいただきありがとうございます。


皆さんのメールやコメントに、毎日励まされています。


いつもいつも、本当にありがとう。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森。



インスタグラム。


お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp



[PR]
by Maria0815 | 2016-06-22 22:24 | ブログ☆ | Comments(0)

FU-KOさんの個展。

c0325213_19500392.jpg

6月18日。
メリーゴーランド京都で行われている、FU-KOさんの個展へお邪魔してきました。


もう、3回目。


もちろん、いつも通り素敵なお洋服で、新作もたくさん。


一家でお邪魔した、個展。


c0325213_21205868.jpg


ゴンとちゃーは、くつろぎすぎです。

c0325213_21205807.jpg



ちゃーは失礼ながら、「あれがふーこさんかぁー」と言っていました(笑)。ごめんよ。ふーこさん。


ゴンとおマメにそれぞれ1着ずつ。


私は素敵なバングルを。
真鍮のハードさを柔らかにし、優しささえ見えるバングルに、一目惚れ。


そしてそして、メリーゴーランド京都の店長、潤さんの本も。

c0325213_21205872.jpg



大充実の京都でした。


いつもありがとう。


8月にはFU-KOさんと、発達凸凹トークショーを行います。


また、ブログとホームページでお知らせしますね。


皆さん、お楽しみに!


明日はちゃーのお誕生日です。
幼稚園からプラネタリウムに行く予定。
晴れますように。


発達凸凹と一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。


お気軽にメールくださいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp

[PR]
by Maria0815 | 2016-06-21 21:19 | ブログ☆ | Comments(0)

土屋鞄のランドセル。

c0325213_17455841.jpg

もう、ランドセルかぁ。


早いなぁ。


この前、幼稚園に上がったと思ったちゃーですが、来年の今頃はランドセルを背負って、小学校へ通うのだなぁ。


そこで、土屋鞄さんへランドセルを見に行ってきました。


たくさんの色とりどりのランドセルに心躍るけど、発達凸凹長男ちゃーの好みは一貫して渋好み。


自ら手に取ったのは、ネイビー。


c0325213_06323897.jpg



キャメル(ゴンのチェックが入ります)。
c0325213_06323916.jpg



最後はブラウン。
c0325213_06323939.jpg



そして、全員一致でブラウンが一番似合ってるんやない?と、早くも決定しています(笑)。


これ、男の子はいいけど、2年後のゴンは「ピンクー!」って言われて、


「そんなん、6年間持つんやから、もっと地味な色にしときー!」


というやりとりが、目に浮かぶようです。


その下には、おマメもいるしね。


発達凸凹さんのちゃーが、楽しく通える小学校を色々模索中です。


でも、もう10月には決めなきゃいけないんですね。


自分のことでは悩まない私も、子どものことでは色々考えてしまいます。


この日は、あの大好きな人にも会いに行ってきました。


その時のことは、またご紹介させてくださいね。


発達凸凹さんと一緒に。
ちいさな森ホームページ。



インスタグラム。


お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp
[PR]
by Maria0815 | 2016-06-20 07:19 | ブログ☆ | Comments(0)

環境に恋をする。

ホンマに飽きへんなぁ。


ずっとずっと、虫を探している姿。


ずっとずっと、石を掘り当てている姿。


ずっとずっと、水に触れている姿。

c0325213_16404573.jpg


何回も何回も。


あくる日もそのまたあくる日も。

c0325213_16404651.jpg


はじめてみたいに遊ぶ姿。


まるで、環境に恋をしているみたいに。


まるで、はじめての恋をしているみたいに。

c0325213_16404750.jpg


こんな眼差しで毎日を暮らせたら、たまらなくキラキラしているだろうなぁ。

c0325213_16404725.jpg


私も、こんな風に物事を見られたらなぁ。


とりあえず、心のメガネだけは、くもりませんように。


いつも、遊びに来ていただきありがとうございます。


京都からの帰り道。


また、ブログに書かせていただきます。


いつも、本当にありがとう。


ちいさな森ホームページ。

インスタグラム。

お気軽にメール下さいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp








[PR]
by Maria0815 | 2016-06-18 16:40 | ナチュラル子育て☆ | Comments(0)

「私が変わる」という選択。

過去と他人は変えられない。


変えられるのは自分だけ。


壁にぶつかるたび、何かと衝突するたび、悩んだり弱くなったりするたびに、常に唱えてきた言葉です。


例え自分の子どもであっても、他人を変えようとすること自体に無理があると思うのです。


いつだって、変わるなら自分。


いつだって、変わるのは私。

c0325213_21353084.jpg


発達凸凹さんは、物事への執着心や拘りが強い場合が多く、日常生活の中で親がイライラしてしまう場面が物凄く多いのが現状ですね。


つまり、毎日毎日彼らの、他人から見たら「わけのわからない行動」に振り回されている。


「室外機をただ眺めるだけに1時間付き合った」


「青い特急が通るまで、2時間待たされた」


などなど、たくさんのその子ならではの拘り。


「もー」となる気持ちも、とってもよくわかります。


「子どもの興味に、私は全く興味を持てない。私って最悪な親」


そんな風におっしゃる親御さんにも良く出会います。


そんな時、どうすれば良いのか?


答えは簡単です。「受け流す」。


「受け入れる」ことは、とっても素晴らしいことで、子どもと接する時、もっと言えば、子どもを持った時、この「受け入れる」ということがなければ、子どもとの暮らしはとてもお粗末なものになると思います。


でも、日常の場面において、この「受け入れる」ことばかりでは身が持ちません。


私たちだって、生身の人間です。


c0325213_21184890.jpg


そんな時は受け流す。


室外機に何故興味があるのか?


「私は室外機に興味を持てなくて、子どもの気持ちをわかってあげられない……」などと思う気持ちになんて、ならなくて良いのです。


「おっ!またやってるな〜。じゃあ私は子どもが室外機に興味を持ってる間、他のことを考えていよう」くらいの気持ちで受け流す。


「あ、またはじまった!」


子どもの拘り行動については、こんな感じで受け流す。


障がいは受け入れる。


そんな風に、どんなこともバランス良く。


考えても仕方のないことは、「私」を変えてみる。


つまり、考え方を変えてみる。


そんな風に受け取れたら、毎日の笑顔が増えていくような気がします。


c0325213_21184881.jpg

楽しそうやわ……。


今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。


いつも、本当にありがとうございます。


ちいさな森ホームページ。


インスタグラム。


[PR]
by Maria0815 | 2016-06-16 21:18 | 発達障がい☆ | Comments(0)

発達障がいとモンテッソーリ教育①。

Help me to do it myself.
「自分でできるように手伝ってください」。


モンテッソーリ教育で、最も大切にされている言葉ではないでしょうか?


私は常々、発達凸凹さんを「長い長いイヤイヤ期」だと思っています。


子どもを育てていて、誰もがぶつかる第一次反抗期。俗に言う「イヤイヤ期」。


1歳半くらいから現れはじめる、このこだわり満載のイヤイヤ期。


なんでも「イヤ!」。
なんでも「自分で!」。
秩序やこだわり、習慣を何よりも重んじる、小さな人たちの愛おしくも、試練な日々。


親は「もぉ、なんでー?」って言いたくなる。


この時期をモンテッソーリ教育では「秩序の敏感期」と言い、とても大切にしている、成長の第一段階の需要なポイントでもあります。


そう。発達凸凹さんはこの「秩序の敏感期」が、ずっと長く続いているようなもの。

c0325213_04001446.jpg


そんな「秩序の敏感期」を大切にするモンテッソーリ教育だから、日常にこだわり満載の発達凸凹さんには、まさにぴったり。


今、そんなことを再度学び、療育と掛け合わせて、自宅でできる「伸びるお手伝い」のプログラムを夜な夜な練っています。


たくさんの専門家に意見を聞きながら、そしてたくさんの発達凸凹さんにご協力いただきながら、良いものになればなぁと思っています。


7月に予定している、「モンテッソーリ×療育」のイベントでも、少しご紹介できれば……。


★☆★
c0325213_04415830.jpg

梅仕事中のちゃーとゴン。おマメは梅を投げたり、コップに梅を詰めたり(注※左上の赤いコップ参照)で、戦力外通告を受けました。


どんな子どもも、自分で「伸びよう」とする力があります。


それは、発達障がいでも知的な障がいがあっても、子どもはみんな、伸びてゆくものです。


「成長したくない」なんて子どもはいないのです。


大人は、少しだけそれを手伝ってあげる。それだけで良いのだと思います。


先回りせず、見守る。


当たり前のことですが、ついつい口を出したり、手を出したりしてしまうのも親ですね。


「秩序の敏感期」を、「もー!!!」と捉えるか、「あ、またやってるなー」と捉えるかで、子どもの成長も親の心持ちも変化してきます。


次回はそんなことを書こうかなと思っています。


いつも、最後までお読みいただきありがとうございます。


みなさんからいただくメッセージに、勇気と元気をいただく日々です。


いつも、本当にありがとう。


ちいさな森ホームページ。


インスタグラム。


お気軽にメッセージを送ってくださいね。
chisana_mori@yahoo.co.jp
[PR]
by Maria0815 | 2016-06-14 04:41 | 発達障がい☆ | Comments(0)

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧