<   2016年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

毎日の楽しみとアンケートの締め切り。

ちいさな森では、本日までアンケートを実施させていただいています。


会員様でない方も、こちらよりアクセスいただきますと、答えていただけます。


より良い情報の発信や、皆さんのお役に立てるよう、参考にさせていただきたいと思っていますので、ご協力いただけると嬉しいです。


よろしくお願いします。


★☆★


毎朝、幼稚園で密かに楽しみにしていることがあります。


長男ちゃーが育てているブロッコリーの葉に踊る朝露。


c0325213_21093676.jpg



c0325213_21093748.jpg



他のお友達のブロッコリーの葉にも、キラキラしています。


そろそろ霜に変わりそうな11月の終わりですね。


訪れる公園の掃除が間に合わず、落ち葉のプールは子どもたちの格好の遊び場。


c0325213_21093824.jpg



季節が日々移り変わる様子は、私の毎日の楽しみでもあります。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2016-11-30 21:09 | ちいさな森☆ | Comments(0)

発達障がい、こだわり行動。

ちいさな森ホームページにて、「発達障がいの診断基準」。会員様サイトにて朝倉ろすいの発達障がい当事者Q&A を更新しています。


是非、ご覧くださいね。


★☆★


発達障がいの子どもに多く見られるのが、こだわり行動ですね。


我が家の長男も例に漏れず、赤ちゃんの頃から、なかなかのこだわり屋さんでした。


衣服や食べ物のこだわりはもちろんなのですが、普段の遊びでも、このこだわり行動は見られました。


私は専門家なので、ちいさな子どもの発達障がいを見抜くのに、遊びの中から発見し、伸ばしてゆくポイントを探るのですが、発達障がいの子どもたちが見せるこだわり遊びの中に、電車遊びがあります。


我が家も、電車男でした(笑)。


とにかく並べる。


腹ばいになって下から覗くように、電車や車を動かして遊ぶ。


このあたりは、かなり顕著な例なのですが、私は「電車」というもの自体がひとつのキーワードなのかな?と見ています。


男の子はまぁ、電車や車は必ずといっていいほど好きなのですが、発達障がいの子の遊び方と、定型の子の遊び方は全然違います。


まず、


1人で遊びたがる。


レールを壊されたり、誰かに電車を取られたり邪魔をされたりすると、異常なくらいに怒ったり、泣いたりする。


電車や車以外に、殆ど興味を示さない。


3歳までに、これらの特徴が顕著に見られる場合が多いのですが、もちろんこれだけでは発達障がいだと断定はできません。


c0325213_13100390.jpg



その他に、色々な特性があるのですが、私はこの「電車」というものが、発達障がいの子どもたちの心を捉えて離さないのだと思います。


それは、電車はバックをしない。


彼らは、ごっこ遊びや臨機応変が嫌いで、大の苦手です。


ですから、赤ちゃんたちの意味不明の突発的な行動も、大人たちの日によって違う行動も言動も、3歳くらいの子どもたちが好きになってくる、「お母さんごっこ」や「お医者さんごっこ」も、全て理解の範疇を超えている。といっていいと思います。


でも、電車だけは、常に前を見て、前進し続けてくれる規則正しさを見せてくれます。


自分でバックさせない限り、後ろに下がることはありません。


その、規則正しさが、彼らを安心させるのだと思います。


そんな目で子どもたちを見ることができると、「電車ばっかり……」というお母さんの見方も、少し変わってくるのではないでしょうか?


彼らは、電車に安心し、癒やされているのだと思います。


どうか、好きなら、思う存分遊ばせてあげて欲しいと思います。


無理やり、その素晴らしい世界を壊さないように、私たち大人は気をつけたいものですよね。


c0325213_12413335.jpg

今のちゃーのこだわり行動は、石探し、木ノ実採集。。。毎日、宝もののように、幼稚園から持ち帰ります。ですが、置いたら忘れてる、素敵な発達障がいです(笑)。



思う存分、やりなさいね。好きなだけ、やりなさいね。そんな風に声をかけてあげられる大人でありたいな。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2016-11-29 13:10 | 発達障がい☆ | Comments(0)

まるで、武士と暮らしているようだ。

我が家の長男ちゃーは、自閉スペクトラム症で、一番苦手なことは、「思考の切り替え」です。


例えば、思っていたことと違う場合や、やろうと思っていたことができなかった場合。


また、完璧だと思っていた所が、間違っていた場合などに、「ま、いっか」と思うことが、極端に苦手です。


今日も、大好きな計算をやっていて(笑)、5ページやったうちの、一問だけ間違いがありました。


c0325213_23192585.jpg

わかりますか?ひとつだけ間違いがあるの。


彼はそれが許せず、なぜ一問間違えているのに、はなまるを貰えるのかがわかりません。


「◯◯に、はなまるをもらう資格はない」


と泣き出す始末です。


「14問まで、はなまるやねんで!」と説明しても、無理。


「はなまるは、全問正解した人が貰うべきや!」と言って譲りません(笑)、


はなまるを書いておきましたが、シールを貼るのは拒否。


彼の中では、合格ではなかったようです(笑)。


心のなかで、「おまえは武士か!」と突っ込みまくった休日の夕方でした、


この切り替えにかかる時間は、年々短くはなってきています。


ですが、やっぱり特性は特性。


忘れた頃に、大きな波がやってくるのです。


まるで、忘れてはいけないよ!と言われているように。


そうでした。彼の生きにくさを、成長しても、親である私は忘れてはいけませんね。


★☆★

そのあとは、明日に備えてチョコマフィンを作りました。


c0325213_23192614.jpg



明日は、月に一度の「なかよしタイム」で、幼稚園で持参したおやつを食べます。


ちゃーは今から楽しみにしています。


小学校のこと、皆さんからコメントをいただいたり、ダイレクトメールをいただいたりして、ひとつひとつ大切に読ませていただいています。


皆さん、ちゃーのことを応援して下さって、本当にありがとうございます。


これからも、よろしくお願いします。



また、アンケートの結果も、大切に読ませていただいています。


結果など、またホームページにてお知らせさせていただきますね!そちらもお楽しみに!


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2016-11-27 23:19 | 発達障がい☆ | Comments(0)

アンケートのお願いとホームページのお知らせ。

只今、ちいさな森では、メルマガにてアンケートをお願いしています。


これから、ちいさな森を運営していくにあたり、皆さんからご意見を頂戴したく、実施させていただくことになりました。


因みに、アンケートはこちらからアクセスいただくと、会員様ではなくてもご参加いただけます。


是非、ご協力いただけたら嬉しいです。


また、徐々にリニューアルして行くホームページのトップに、「発達障がいとは?」という私なりの考え方もアップしています。


良ければご覧くださいね。


★☆★


c0325213_19220106.jpg



本日は、とある予定のため、いつもはオカンカットのゴンさんを、シャレオツな美容院へ連れて行きました。


c0325213_19220219.jpg



また、ご報告できるかと思います。お楽しみに。


c0325213_19220322.jpg



ラディッシュが美しかったので、パシャリ。


自然にある色は、本当に綺麗ですね。


皆さん、素敵な休日をお過ごしくださいね。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2016-11-26 19:21 | ちいさな森☆ | Comments(0)

発達障がいの子の小学校選び〜ファイナルステージ⑤〜

かねてからこちらのブログでシリーズ化して参りました、発達障がいの子の小学校選び。


ついに、結果をご報告したいと思います。


その前に、過去の記事を載せておきます。











c0325213_23172257.jpg

野鳥の会の方ですか?


パンパカパーン!


では、長男ちゃーが選んだ小学校を発表しまぁす!


な、な、なんと……。








地元の小学校!






正直、ズコーっ(笑)。両親でズコーっ(笑)。そして、親身になって色々調べてくれた担任の先生もズコーっ(笑)。


え?そうなん?と、一同ズコーっ(笑)でした。


c0325213_23172366.jpg

ちゃー作、ドラゴンボールカード入れ。表紙は元気玉です(笑)。



ですが、まぁ正直、私はなんとなく予感していたところもありました。


まず、体験入学の時に、あまり輪に入って行けなかった点が、一番のポイントだった気がしています。


そして、ここ2週間くらい、実は荒れ模様のちゃーでした。


夜寝る時に、突然「寂しい」と言って泣き出したり、普段は言わないワガママを言ってみたり、不安定感で溢れていました。


先生に後になって聞いて見ると、やっぱり最近は、「強めな感じ」だったそうです。


それはもう、私は十分にわかっていました。


「本当は地元の小学校に行きたいけれど、パパもママも色々調べてくれて頑張ってくれてる。それに答えなあかん」と思っているちゃーの心を。


もう、痛いくらいに感じていたので、私はあえて何にも言いませんでした。


「25日までに決めてなー、◯◯のホンマに行きたい方を教えてくれたらいいから!」とだけ伝えていました。


c0325213_23172459.jpg

ヒーローアバターカード(笑)。


「地元の小学校でもええの?」と、何回か聞いたことで、内心はバレバレやけど、迷うふりをしていたのも知っています。


でもね、私は実は嬉しかったのです。


いや、もちろん、素晴らしい環境の小学校へ行って欲しい気持ちは親としてありました。


それは認めます。


でも、親の期待に応えるという選択ではなく、自分の気持ちに正直に従い、それを私に伝えてくれたのが、本当に嬉しかったのです。


そんな事を思いながら、最終報告を担任の先生にした時、最後に先生がこんなことをおっしゃいました。


「でも、それを正直に言える家庭環境で本当に良かったですねー。◯◯くんも、勇気が要ったと思いますが、僕は◯◯くんの決めたことを全力で応援したいです!」


c0325213_23172575.jpg

細かい仕事ぶり(笑)。取り出しやすく、指の差込口が切り取られてあります(笑)。


そう言ってもらえたちゃーは、ほんまに幸せやわ。私たち両親も、彼を全力で応援しよう。


皆さん、お騒がせ致しました。


長男ちゃーは、来年から地元の普通級へ通うことになりました。


応援、ありがとうございます。


c0325213_23172650.jpg

裏表紙は、ドラゴンボール。


来年就学を迎える発達障がいの子をお持ちの親御さん。


きっと、ベストな答えは子どもたちが連れてきてくれます。


私はそう信じています。


子どもたちのチカラ、信じましょうね。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2016-11-25 23:36 | 発達障がい☆ | Comments(0)

感覚統合アートイベントへのご参加、ありがとうございました。

c0325213_13480930.jpg


11月23日に開催させていただきました、感覚統合アートへのご参加ありがとうございました。


胃腸風邪の流行か、キャンセルも出てしまい、3名様のご参加でした。


今回、一番大切にしたのは、


指導をしない。


手足を使う。


飽きるまで遊んでもらう。


の3点でした。


本来、アートというものは自己表現で、子どもたちは根っからのアーティストです。


ところが、幼稚園や保育園では「○○を描いてみましょう!」が殆どなんですよね。


それでは勿体無い。


色を混ぜたければ、混ぜれば良い。


好きなものを描けば良い。


そんな風に見守りました。


c0325213_13481159.jpg

発達障がいの子どもたちが持つ、独特の感性、ホンマに大切にして欲しいなぁ。


c0325213_13481298.jpg

黒ばかり作っていた女の子。パンダと手形の立派なアートやわぁ。


そして、感覚統合を養うために、手足をしっかり使うこと。


c0325213_13481382.jpg



c0325213_13481463.jpg



そして、私も。


c0325213_13481482.jpg



あとは、飽きるまで、つまり、子どもたちがもう終わり!と思うまでやりきってもらうことは、常に私が大切にしていることです。


c0325213_13481612.jpg



c0325213_13481781.jpg



子どもたちは、本当に一人一人個性的で、可愛いです。


みんな違うし、みんな凸凹。


そんな中で、みんながみんな、キラリとした、自分だけしか持っていない、素晴らしいのびしろを見せてくれました。


色の混ぜ方が独特で、素晴らしい色の感覚を見せてくれた男の子。


まだ3歳なのに、パンダを正確に描き、自分の名前も書いて、それを旗にする!という本当にその子にしか思いつかない発想を見せてくれた女の子。


手形アートを使い「チョウチンアンコウ」を描いた子ははじめて!大好きな魚の世界を表現してくれた男の子。


みんな、大丈夫!発達障がいでも、絶対大丈夫!そう確信した1日でした。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


またお会いできる日を楽しみにしています。


c0325213_13481803.jpg



最後にはお悩み相談コーナーも。
c0325213_13481925.jpg



ホームページでは、動画も見ることができます。是非ご覧になってくださいね!


c0325213_13505007.jpg

可愛い女の子にいただいた、どんぐり。大事に持ってきてくれたんやなぁ。ありがとう。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2016-11-24 13:13 | Comments(0)

発達障がいって何?

先日も書いたように、今、ホームページを新しくするため、日々原稿と向き合っています。


ここには書いたことがないのかもしれませんが、発達障がいだと診断されるには、実は明確な診断基準があります。


その診断基準については、ホームページのリニューアルを待っていただくとして、最近、また新たにそれらと向き合っていて、深く深く考えさせられることがあります。


一体、発達障がいってなんだろう?


見た目にわからない障がいを、わざわざ「障がい」だと言わなければならない理由は何だろう?


そんなことを日々考えながら毎日を送っているとき、ふと、こんなことがありまさした。


c0325213_10055803.jpg

後1ヶ月もすると、クリスマスなのですね。早いなぁ。


未診断の小学二年生の男の子です。


彼も一見普通なのですが、専門家から見ると、なかなか顕著な自閉スペクトラム症でした。


例えば、自分が帰宅した時に誰かが家にいたら、怒り出す。


先生が変わったり、環境の変化に、非常に弱く、「学校に行きたくない」と言う。


算数は異常に強いが、国語の文章が読めない。


想像した絵が描けない。


1人の世界に入り、独り言を繰り返す。


何人かでいても、別々に遊んでいることが多い。


衣服に対してのこだわりが強い。


目が合わない。


会話の成立が難しい。


パッと見ただけでも、これらの特性が挙げられました。


c0325213_10055976.jpg

初めての乗馬に挑戦。四年前は、ギャーギャー泣き喚いていましたっけ。


お母さんから相談があり、色んなことを話していくうちに、お母さんも発達障がいをプラスに捉え、「学校の先生に話してみる」と言う見解に落ちつきました。


そして、先生からの言葉はこうでした。


「気にならないし、わからない」


それを聞いた時、「発達障がい」の本質を見た気がしました。


つまり、教育者、教師、教諭、先生と言われる人たちから見て「発達障がい」とは、


周りに迷惑をかける子どもかどうか。先生が困る子どもかどうかが、判断の基準になっているのです。


でも、本当にそうなのでしょうか?


それが、診断の本質なのでしょうか?


c0325213_10453897.jpg

大阪を出るまで、絶対に食べないと決めた大好きなアルフォート(笑)。まだ、豊中(笑)。溶けまっせ(笑)。


私は違うと思います。


私の診断基準。つまり、手を差し伸べるかどうかの基準は、


「本人が困難をかんじているか?本人が、生きにくさを実感しているか?」


なのです。


その子自身、帰宅した時に他人が自分の家にいることは、想像の範疇を超えてこまっているのです。


環境の変化に戸惑い、何故そんな態度をとるのか?と親に責められ、苦痛を感じ、傷ついています。


そのことで、先生は困りません。周りも困りません。でも、本人はこまっているのです。


これは、手を差し伸べなくても良いでしょうか?


気にしなくても良いでしょうか?


学校生活に問題がなければ、彼の心は無視されても良いでしょうか?


私は違うと思います。


専門家でも、こんな考えかたをする人は少ないかもしれません。


社会的に支障があるから障がいなんだ。


と、平気で言う専門家もいます。


それが障がいの本質です。


でも、これだけ不登校やうつ、引きこもりが増えている裏側には、この診断の甘さと、見極めの甘さがあるのです。


理解されにくい発達障がい



という、ものが、実は社会に警鐘を与えているのです。


一体、発達障がいってなんだろう?


皆さんはどう思われますか?


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2016-11-23 11:05 | 発達障がい☆ | Comments(0)

コラムの更新とホームページリニューアル準備中。

毎週月曜日、ちいさな森会員様ページにて、コラムを更新しています。


今回は、発達障がい独自の大きな特性、「視覚優位」について。


お読み頂けたら嬉しいです。


また、今、ちいさな森のホームページを「発達障がいの総合サイト」にしようと、準備中です。


そちらも、是非お楽しみになさってくださいね!


★☆★


c0325213_21572386.jpg

決して、還暦を迎えたわけではありません。

木曜日、こちらの3人で会ってきました。


毎日のようにチャットで話していますが、やっぱり会って話すと、色んな問題がクリアになります。


本当に、刺激を与え合える同士に出会えたことに感謝です。


まぁ、前々から2人には言われていたことなのですが、「マリアさん、もっと前に出て!」を少しずつ実行しようかと思っています。


実は学生時代、読モのアルバイトをしていたのですが、メディアなどになんだか苦手意識があり、何度かお話をいただいても、かなり抵抗がありました。


なんだか、本当の自分以上にデフォルメされてる感じが、こそばゆくて……。


でも、2人に出会って、少しずつ考え方が変わりました。


嬉しいことに、私の考えに賛同し、支持し、協力していただいている皆さんにも、そんな消極的な態度では失礼かと思い、少しずつ顔を出していくことになりそうです。


皆さんにどこかでお会いできるかもしれません。


その日を楽しみにしています。

★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2016-11-21 21:35 | ちいさな森☆ | Comments(0)

11月23日(祝日)感覚統合アート追加募集のお知らせ。

11月23日(祝日)に開催します、感覚統合アート。


「先の予定がわからず……」や「仕事の予定がまだわかりません。」などのお声をいただいていましたので、若干名ですが、追加募集のお知らせをさせていただきます。



お申し込み方法は、こちらの記事をご参考になさってくださいね。


お申し込みは先着順となります。11月21日23時59分締め切りまで、皆さんのご参加お待ちしていますね!


c0325213_20504036.jpg

必殺!寝たふり!


★☆★


今日は、この3人で会ってきました。



c0325213_20504150.jpg



また、詳しくは明日かかせていただきますね!


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2016-11-17 20:50 | ちいさな森☆ | Comments(0)

発達障がいの子の小学校選び④。

なんだか、すっきりしないお天気の一日。暑いんだか、寒いんだか・・・。


でも、もう11月も半分を過ぎたのですね。


月日は百代の過客のして・・・という言葉が、じんわりと沁みて行く季節になりました。


c0325213_23025887.jpg

トマトの丸かぶりー。



さて、先日の記事もたくさんの方に読んでいただけたようで、ありがとうございます。


そう、マイナスポイントについてお話しします。


大きな利点でもあり、または弱点でもあるのかな?と思っている点は「少人数制度」です。


発達障がいの長男ちゃーにとって、最初は利点に働くのですが、やはり、一クラス10人。友達関係が広がって行かないという懸念はあります。


そして、クラスに不協和音が鳴り響いたとき、来年もクラス替えがないというのは、やはり最大の欠点かな?と感じています。


c0325213_23025982.jpg



それから、中学校の問題。


我が家は、この樫田小学校へ入学した場合、中学は私学か国公立受験を考えています。


ですが、関西にいる限り、どんな中学でも一学年100人を下回ることはありません。


そんな大人数のところへポンと放り込まれて、果たして大丈夫なのか?自分を出せるのか?


この辺りも、やはり大きなポイントであるように思います。


c0325213_23030072.jpg

ちょい、すっぱい(笑)。


ですが、樫田小学校には「全校生スピーチ」というのがあり、全員が全校生の前で、自分の思った事や感じた事、意見や主張をスピーチするという行事があります。


必ず、全員があたるというこのスピーチ。ほかの学校なら、まずありません。


せいぜい、クラス発表が限度。


このスピーチはいい!と、直感しました。


今、自分の意見を持たない「人」が増えています。日本人は特に流されやすい気質でもあります。


大衆がYesなら、自分もなんとなくYes。


ですが、これはもうやめるべきです。


自分は自分と、自分の考えはこうだ!と、考えを言葉にすることは、生き方の指針にもなります。


ですから、これができれば、きっとどこでもやっていける!と私は確信しているので、ここの部分は私の中ではクリアになりました。

c0325213_23030118.jpg

おとなしいなーと思ったら……。

あとは、物理的に距離が遠い。


バス2本を乗り継ぎ、約1時間半。


でも、これもなれるまでかな?という気がしています。


c0325213_23030243.jpg

ぬいぐるみの口に粘土を詰め込んどりました。

それに、この物理的な部分は悩んで答えが出るものでもありません。


ですから、このマイナスポイントを、他のプラスポイントでいかにカバーできるか?


そこを考える方が、遥かに良い結果を導きます。


このあたりを考えても、夫婦で合致した意見は「樫田小学校に通わせたい」でした。


ですが、本人には言ったことはありません。


あとは、彼が決めることです。


タイムリミットまで、あと10日(笑)。


c0325213_23030378.jpg

こんだけ入れたでーと、おマメさん。内臓にまで到達していることでしょうよ……。


★☆★


ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃ。


また、発達障がい当事者朝倉ろすいさんのコラムもお読みいただけます。


是非、会員登録なさって下さいね。

いつもありがとう。


インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2016-11-15 22:53 | 発達障がい☆ | Comments(0)

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧