<   2017年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

子どもの感性の伸ばし方。

c0325213_20340171.jpg



暖かい日が増えてきましたね。


春休みに入り、1日2回の公園に、母はクタクタです。


さて、我が家では子どもの「感性」を特に大切にしています。


「センス」と「感性」って、同じように使われる言葉ですが、根本的には違っていて、「センス」は大人になっても磨けるけど、「感性」は幼い頃に決まってしまうような気がしてなりません。


「感性」って、「センス」のベースになるもの。


つまり、生きていくにも、何をするにも「感性」がなければ、美しいものに心を動かされたり、危険を察知したり、ピンとくる、ピンと来ない、ということも、感じることが難しい。


感じ取る力があるからこそ、生きて行く力になる。


c0325213_03135135.jpg



その子どもの「感性」は本当にちいさな頃から、育ててあげることができます。


1番大切なことは、自然に触れること。


桜が咲いたなら、それを見て、触って、香りがあって、色があって、「桜が咲いた」ということを、全身で感じ取れる場所に身を置くことが何よりも大切です。


桜が咲いていることだけなら、テレビでもわからります。桜を知ろうと思えば、スマホで簡単に調べることができます。


でも、それは違う。


桜の花びら、木の肌、吹いている風。それら全てを感じることで、子どもはやっと「桜が咲いていて、美しい」と感じることができるのです。


c0325213_03135165.jpg



野に咲く花も、こんな風に集めて、束にして、やっと、たくさんの色や形があることに気づきます。


次に大切なのは、どんなことも「好きなだけやる」ことだと思います。


c0325213_03135267.jpg



私が幼い頃からの習い事に消極的な理由がここにあります。


なぜなら、本当にちいさな頃には、専門家に教えてもらう30分よりも、本当に好きな時間を好きなだけ使い、満足するまでやりきることが、何よりも大切だからです。


c0325213_03135353.jpg




習い事ならば、区切られてしまうことも、家でなら、心ゆくまで遊ぶことができる。


時間に追われることなく、好きなことをやりきることでしか、生きる力は育たないと言っても過言ではありません。


c0325213_03135369.jpg



そして、最も大切なことは、親が口を出し過ぎないことでしょう。


c0325213_03135419.jpg



絵でも、何でも、遊びには正解なんてありません。


やりたいように、やらせてあげれば良いのです。


c0325213_03135587.jpg



2歳ではぐちゃぐちゃで、見境なくやっているようなことも、6歳になれば自ら秩序を生み出すようになる。


それが成長であり、それが子どもです。


親の言いなりになんてならない、それが子どもです。


約束やルールを守ることはもちろん大切です。


だからこそ、家では好きにやらせてあげる。これさえあれば、子どもの感性は必ず伸びます。


人と同じではない生き方をしても、生き抜く力は、こんな風にして伸びて行くものだと思います。


c0325213_03135500.jpg



色とりどりの子どもたちがいるから、世界は輝くのだと、私は信じています。


さて、春休みも中盤。明日(ってか、今日!)は、子連れひらパー。。。1人で3人。。。連れてきます。


屍になる予定(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村








[PR]
by Maria0815 | 2017-03-30 03:13 | こどもにいいこと☆

いちご一個でできること。

c0325213_13314899.jpg



子どもたちって、いちごが大好きですよね?


我が家の子どもたちも例に漏れず、いちごはすぐになくなります。


我が家では、いちごもタダでは食べさせません(笑)。


まず、分けて数を数えるのは6歳の長男ちゃーのお仕事。


c0325213_13314989.jpg



お皿も自分で準備して。兄妹のぶんを仕分け。


c0325213_13315027.jpg



4歳の長女ゴンには、こんな問題を出します。


「さて、いちごの種はどれでしょう?」


みんな、思い思いに答えます。


次男おマメは、ヘタを捻って取るという感覚統合の遊びを。


子どもたちといちごを食べる。


その行為ひとつとっても、子どもたちにとって楽しいものになる。


日々の営みでさえ遊びになるのは、子どもたちの特権。


生かさない手はありません。


c0325213_13315024.jpg



桜がほころび始めました。


春ですねぇ。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-28 13:31 | こどもにいいこと☆

発達障がいって、なんだろう?

数学パズル教室にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


今回は発達障がいのお子さんが対象でしたので、何名かの方にお問い合わせいただいた、発達障がいではないお子さんには、ご参加を見合わせていただきました。


本当に申し訳ありません。


皆様お一人お一人と、もっとお話しをしたかったのですが、お時間が足りずごめんなさい。


キャンセル待ちも出た人気のイベントでした。遠方より、朝早くから来ていただいた皆様、本当にありがとうございます。


また、お休みにもかかわらず、お父さんたちがたくさん来てくれたことも、私はすごく嬉しかったです。


また、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。



★☆★


今回、数学パズル教室への参加をいただいた子どもたち。何回目かの子もいたし、初めて会えた子どもさんもいました。


みんな、本当に個性的で、本当に面白い。


もじもじしながら、お母さんの影に隠れてお部屋へ入って来てくれた子。


初対面なのに、もう、随分前からの知り合いかのように話しかけてくれる子。


ゲームのルールがわからなかったけど、時間をかけて話すと、ちゃんとわかって、満面の笑顔を向けてくれた子。


元気がなくて、冬から幼稚園へ行けなくて、私も心配で会いに行かせてもらって、でも、時間が解決するだろうなぁと感じて、お母さんにもそのように伝えたら、やっぱり、3月の声を聞けた頃から、幼稚園へ通いだした子。


c0325213_21421104.jpg

長男作、お寿司(笑)。


ボソッと、本当にボソッとだけど帰り際に「ありがとうございました」と言ってくれた子。


「帰りたいんだー!」と、全身アピールしてくれた子。


数学パズルのピースや枠を使って、橋を作ってくれた子。


最年少ながら、へびに拘って、独特の絵パズルを見せてくれた子。


「卒園おめでとう〜」って言ったら、ニヤリと笑ってくれた子。


c0325213_21421290.jpg

まだまだ小さい、株分けブロッコリー。おんなじように育てているつもりでも、違うように育つ。人間と一緒やね。


みんな、発達障がい。


でも、私には彼らが強烈な個性を持った、素晴らしい子どもたちに見えて仕方がありません。


目が合いにくい。


他人と自分の境界線が曖昧。


コミュニケーションに問題がある。


発達に遅れがある。


じっとできない。


悪いように取ろうと思えば、いくらでも取れます。


でも、今日来てくれたみんなは、やっぱり素晴らしかった。


個性は爆発。


でも、それでいいやんか。


そのままがええやんか。


そう、心から思います。治す必要なんか、どこにもない。


特性は特性のまま、絶対にダメなことはダメと教えて、彼らが生きやすい社会を、私たちが作らなければ!


c0325213_21421352.jpg



発達障がいって、一体なんだろう?


そもそも、回り回って、子育てはおんなじじゃないか?


まず、受け入れること。


どんな子も。そのままをきちんと受け入れること。


発達障がいでなくても、それをなかなかできる大人がいない現代。


子育てに、境界線なんかないんじゃないか?


そんな風に思えてしまう、今日この頃です。


きっと、みんな、絶対、絶対大丈夫やで!親がそう思っていれば、不思議と子どももそう思うものです。


絶対、大丈夫。発達障がいでも、大丈夫。


皆様との出会いに感謝です。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-26 21:42 | ちいさな森☆

「うつ」になりやすい人の口ぐせ。

仕事柄か、元々の感受性か、「うつ傾向」にある人が初対面でわかってしまいます。


ここ数年は本当に多くて、発達障がいと共に、年々増えていく傾向にありますね。


発達障がいは確かに「うつ」になりやすいですが、発達障がい=「うつ」になるかと言えば、そうではありません。


いくら発達障がいでも、育つ環境、自分自身の考え方、人生の取捨選択で、いくらでも楽しく生きることができます。


ですが、「うつ」になりやすい人には、決まって傾向があります。


c0325213_22034234.jpg

この方を見ていると、本当に飽きません(笑)。


大きな大きな特徴が、まぁとにかく「マイナスな発言」が多いのです。


とにかく、全てに対して「マイナス」です。


わかりやすい例で言えば、行事などで凄いことをした方がいらっしゃったとします。


本来ならば、それは讃えるべきことで、「凄いね〜〜!」で良いのですが、「うつ傾向」にある人は必ず、


「ここまでやると、来年やる人が大変」と言います。


一見、来年の人を思いやっているように見えますが、違います。


凄い人に賞賛を送れないだけ。


他者を認めることが難しい。


c0325213_20443667.jpg

なんちゅー顔やねんな。。。


世の中には、凄い人はたくさんいて、必ず超えていく人がいます。また、違った提案をする人がいます。


来年は、来年。次は次。


まず、目の前のことを讃えるべきなのに、それができない。これはマイナス思考の表れですよね。


同じようなことが、他にもたくさんあります。


「◯◯さんだからできる、私には無理」


これは典型的なパターンかもしれません。


c0325213_20443710.jpg



そんなことはありません。


みんな、本気にならないだけ。


本気になれば、絶対にできる。みんな、潜在意識の数パーセントしか使っていない。


時期はあります。でも、できないことは、実はほとんどない。


c0325213_20443856.jpg



こんな口ぐせの多い人、少し気をつけて見て下さい。


まず、言ってしまっているなら、一週間は言わないようにする。


習慣になるまでは、約3カ月。


口ぐせは思考になり、生き方にあらわれる。


少しずつ、良い習慣を身につければいいだけの話です。


自分で防げるなら、防ぎましょう。気づいたらまず、行動です。


明日、数学パズル教室にご参加いただける皆さん、お気をつけていらして下さいね。


皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

[PR]
by Maria0815 | 2017-03-25 20:45 | 発達障がい☆

り、律儀というか、ま、真面目というか。。。

春休み、まだ前半なのに、なかなかの体力消耗具合な母です。


朝、昼、夕方の公園に、母はバテバテです(笑)。


さて、ある日長男ちゃーがおもむろにお店屋さんをはじめました。


c0325213_21242900.jpg



場所はテレビの前で、ご丁寧にお値段をつけております。


c0325213_21243018.jpg



SDカードらしきものと、妖怪ウォッチのカード入れ。


c0325213_21243057.jpg



手作りの鉄砲。


c0325213_21243193.jpg



手書きのドラゴンボールカードに、SDカードセット(たぶん、DSのゲームやろな)。


商品が揃ったので、買い物客になってくれと渡されたお金を見ると……。


c0325213_21243247.jpg



なんだか、不思議なマークが描かれていました。しかも全てに。


「なーなー、これ、なんのマーク?」と聞くと、


「え?お金って、作ったら捕まるんやろ?だから、偽物ですよ!っていうマーク。警察の人にわかるようにやん!」


(笑)。


そう言えば、以前、長男ちゃーが「お金持ちになりたかったら、お金を作ったらいーんちゃうん?コピーとかしてさ!」と言った時に、お金を作ったりコピーをすることは犯罪なんだと教えたことがありました。


2年くらい前の話です。


まぁ、律儀というか、真面目というか(笑)。


いやぁ、面白い!


まだまだ可愛い6歳児でした。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
by Maria0815 | 2017-03-23 21:24 | 発達障がい☆

子どもの作品と思い出のしまいかた。

過ごしやすい日が続きましたね。いよいよ、桜の季節がやってくるなぁと、肌で感じます。


さて、長男の卒園式が終わり、幼稚園から色々なものを持ち帰りました。


我が家の場合、春休みは整理整頓の強化月間です。


新たな環境へと変化する春。子どもたちの場合は特に、物の出入りが多く、年末よりもこの時期が一番しっくり来る気がします。


c0325213_02400877.jpg



皆さんは、この写真のような配布物はどうされていますか?


我が家は、とっておく派。


保育修了式のプログラムはもちろん、先生方が一生懸命作って下さった劇のお知らせなども残しておきます。ここには写っていませんが、運動会のプログラムなども。


そして、おたより。


幼稚園の記憶って将来必ず曖昧になるもの。でも、人間の成長においては最も大切な幼児期。幼稚園の先生がどんな風に思って、どんな風に接してくれていたかを是非知って欲しいなぁという、私の願いがこもっています。


先生との関わりが密な幼稚園ならではかもしれません。


持ち帰る作品の、大きな絵以外はこちらのBOXに。


c0325213_02375524.jpg



幼稚園だけのもので、一年間でひとつのBOX。セリアのものです。


この中には、名札や出席ノートも入っています。


これらのBOXは、普段はクローゼットのこちらの場所にしまっています。


c0325213_02375649.jpg



大きな絵は、右側の袋にまとめています。


我が家は、幼稚園以外に家でも色々つくるので、その都度その都度、残しておくものと、いらないものに仕分けします。


普段の折り紙や絵などは、直接ノートに貼り付けていくように。


c0325213_02375662.jpg



ノートの右側に貼っている箱のように立体的な作品は、折った状態で閉じて、袋に入れてノートに貼り付けています。


普段、家でつくる作品はこんな風に時系列で貼り付けていくと、成長や遊びの拡がり方がわかって面白いです。


幼稚園の思い出などは、まとめて一年間を保存する方が、次に箱を開ける楽しみがありますよね。


私は昔から「秘密の箱」みたいなものに弱く(笑)、箱の中に何かをしまうのがフェチ的に好きです。


綺麗なお菓子の缶は、今でも絶対捨てられないのです。


それは子どもたちにもばっちり遺伝。箱や缶は争奪戦。


特にやはり、長男ちゃーの箱への執着が凄く、「あー、遺伝やなぁ。。。」といつも思います。


c0325213_02375712.jpg



最近、走り始めたとブログに書きましたが、こんな風にまっすぐに伸びた小道も大好きです。


最近はアスファルトで補正された道ばかりでつまらないですよね。


凸凹じゃり道が、私は好みです。人生の道もね。


我が家の整理整頓強化月間に伴い、長男ちゃーの身支度コーナーや、長女ゴンの身支度コーナーの環境も見直し中。また、こちらに書かせていただきますね。


そんな中、次男おマメが発熱。


c0325213_02375873.jpg



遊び過ぎたかな?
今日は雨。ゆっくり過ごそうね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。※4月のリニューアルに向けて、今コラムはお休み中です。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-21 02:37 | 丁寧な暮らし☆

「療育」=「治すところ」ではない。

数学パズル教室へのお申し込みは締め切りました。


多数お申し込みありがとうございます。


ご参加いただけることになりました皆様には、随時メールにてお知らせ申し上げます。今しばらくお待ちくださいね。




★☆★


言葉に遅れがあったり、同年齢の発達に達していない場合、発達障がいの可能性が高いとみて、療育を勧められます。


市の療育であったり、お母さん自身が探して民間の療育や、発達教室へ通わせている家庭も多いかと思われます。


そこで、よく相談されることが、


「療育へ行っているのに、まだしゃべれないんです」
「療育で、何をしているのか知りませんが、全然良くなりません」
「療育へ行っているのに、座れないのですが」


という内容です。


c0325213_01134693.jpg

実は最近、走りはじめました。2月頃から体力をつけるためにウォーキングを開始。フルマラソンも何度も経験しているのですが、まぁまだまだ走れません(笑)。ボチボチやります。


皆さん、大きく勘違いされているのですが、療育は発達障がいを治すところではありません。


訓練所でもありません。


障がいとの向き合い方を学び取る場所です。


「言葉が出ない」のなら、「言葉に興味を持てるように」。


「手先が不器用」なら、「手先を使うことを楽しいと思えるように」。


「先の見通しを立てることが苦手」なら、「先の見通しの立て方を、その子がやりやすい方法で発見できるように」。


「落ちついて座っていられない」のなら、「落ち着ける環境はどんな場所かを見つけるために」。


c0325213_01134761.jpg

この方もいっしょにRUNです(笑)。


それらを、その子に合わせて一緒にみつける場所なのです。


ですから、家でそれができるなら、行かなくても良いし、お母さんがたっぷり向き合えるなら、絶対にそっちの方が良いと思います。


無理矢理通わせる場所ではありません。ですから、合わない先生や合わないカリキュラムで子どもが嫌がるような場合は、変更や辞めることも視野に入れるべきです。


c0325213_01134799.jpg

朝から、コンロを磨いていたら、かって出てくれたおマメさん。


発達障がいの子は特に、先生や場所との相性が大切です。


以前、療育の事前見学に長男を連れて行きたいと行ったら、断られた療育がありました。


あり得ません。


発達障がいを、本当に理解しているのか?と頭にきた覚えがあります。もちろん療育へ通われている子がいない時間帯への申請です。本当に何のためにやってるの?と言ってしまいました(笑)。


c0325213_01134872.jpg

お化粧も、ね。。。


療育は、寄り添う場所です。画一的なプログラムに則ってすすめるような療育は、子どもたちのためにはなりません。


療育を、楽しい!と言って通えているようなら、それはその子にぴったりだということです。


「できるようになること」よりも、「楽しく通えていること」を、是非大切にしていただきたいと思います。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
by Maria0815 | 2017-03-19 01:13 | 発達障がい☆

卒園。

思えば、幼稚園が始まる2年前のちょうど今頃、「絶対に幼稚園へは行かない」と断固拒否し続けていました。


入学式では、1人で座れず、幼稚園の先生にお話しして、横に椅子をつけてもらって、私も園児席に座りました。


初めての日曜参観を拒否し、6月に入ると、登園拒否をしました。


「行きたくない」と言っていた幼稚園を、いつの日か大好きになりました。


年長さんでは、1度も「行きたくない」とは言わず、むしろ病気になっても「行きたい場所」になりました。


c0325213_08031695.jpg



年長さんになって、少し経ったころ担任の先生を大好きだと言いました。


発達障がいの子が、他人を大好きだと言うことが、あまりに凄いことなので、私は心からびっくりしました。


それから、お友達が大好きだと言い、初めて女の子からお手紙をもらったりしました(笑)。色々な女の子にお手紙を貰って、「みんなのことが大好きやから、1人は選ばれへん」と、ジャニーズJr.みたいなことも、のたまいました(笑)。


たくさんのお友達と、たくさんたくさん遊びました。


先生に叱られたこともあったし、お友達とケンカしたこともありました。


たくさん笑って、たくさん泣きました。


そして、3月16日、無事に卒園式を迎えました。


ただただ、感謝しかありません。


出会えた全ての人に。


起こった全てのことに。


ありがとうございました。


c0325213_08031715.jpg



みんなみんな、大きく羽ばたいてね。


子どもたちが作る未来の手助けが、私にもできますように。


今朝はゆっくり時間がながれています。


さぁ、春休み。


とある人の、タイミングの悪い寝違いを大爆笑した私は、今日、寝違えました(笑)。痛い。。。


皆さん、良い1日を。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村










[PR]
by Maria0815 | 2017-03-17 08:03 | ブログ☆

正解を求めないで生きていく。

c0325213_15092305.jpg



明日、長男ちゃーが卒園式を迎えます。


発達障がいを抱える彼を、温かく見守ってくれた先生方。最後の最後まで、彼が小学校へ行くことを心配し、励ましてくれた先生方。


優しく接してくれたお母さんたち。


支えて、助けてくれたたくさんの友達。


それぞれに別れを告げる春。


2度と戻らないからこそ、キラキラ輝いていた日々。


ありがとう。


★☆★


卒園式の練習が不安で仕方ない長男。ずっとずっと、担任の先生を見つめて、頷いてくれるのを確認しているみたいです。


発達障がいの長男ちゃーは、一見普通に見えます。知能の高いタイプなので、たぶん専門家が見なければわからない発達障がいのタイプです。


でも、卒園式の意味はたぶん理解していません。


「おめでとう〜」と言われてお祝いされることなのに、どうしてみんな泣くのかが理解できない。


日々、不安そうに先生を見つめているようです。


チック症も絶好調ですが、自分で乗り越えるしかないんです。理解者のそばで。


c0325213_17354282.jpg

彼にとっては、誰にも邪魔されずに、自分の世界に没頭する時間が、大切です。ムーミンハウスは立派な箱庭療法やわ。


どんな事にも正解があるように見える時代。


全ての人が、どうすることが正解だろう?と答えを求めて生きているように感じます。


フェイスレス エイジ。


全てが同じような幸せを求める今の時代に生きる人を、そう呼ぶそうです。


顔が見えてこない世代。


発達障がいの子が、画一的な幸せや正解を求めれば、そこには苦しみしかないように感じます。


画一的な幸せや正解ではなく、自分だけの幸せや正解を求めて生きる。


正解を求めてもがきながら生きるより、正解なんてないのだと、思って生きたほうが、実は幸せになれる。


そんなメッセージを、全ての子どもたちに伝えられたらなぁ。と思います。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
by Maria0815 | 2017-03-15 17:35 | 発達障がい☆ | Comments(0)

発達障がいの子は今、落ちつくことができません。

発達障がいの子は基本的に、「変化」と「突発性」に弱いのが大きな共通点です。


卒園、卒業、クラス替え。


大人の慌ただしさや、心ここに在らずを見抜いて、「問題行動」を起こします。


友だちとのケンカが絶えなかったり、偉そうに言ったり、トイレの失敗があったり、こだわりに執着したり。


c0325213_22002843.jpg

最後のお弁当。あけたらお手紙。嬉しくてちょっと寂しいサプライズ。


様々な行動に出てきます。チックもそのひとつ。


でも、「困った」ことをする子は、裏を返せば「困っている」子です。


困っているから、困ったことをする。


変化に戸惑い、傷ついている子たちです。


c0325213_22002933.jpg

寒いのに、アイス。しかもシャーベット(笑)。


発達障がいの子どもは、障がいを知りながらのサポートが必要です。


適切な時に適切なだけ。


ですが、乗り越えるのは自分自身です。ヘルプを必要としながらも、やはり将来は自分次第です。


辛さの乗り越え方は、発達障がいであれ何であれ、溺れそうになりながらでも、血を流しながらでも自分自身で見つけなければいけません。


c0325213_22002909.jpg

泥だらけの遊びをしている子どもは、本当に夢中ですよね。


ですから私は、自分自身の特性を知ることを、そんなに悲観していません。


そりゃ、親が悲観しながら伝えたなら、本人も悲観するでしょう。


我が家の長男も、じぃじやばぁばに「なんで、そーかなー。。。」なんて言われることもあります。


我が家は障がいはまだ告知していませんが、本人はこう言っています。


「◯◯は、◯◯やから(自分の名前)これでえーねん。」


そう。それでいい。


そう伝えれば、それまでのことです。人を傷つけるような行為や言動には厳しく注意しますが、外見に注意がむきにくい点や、食べ方が綺麗ではない点。姿勢などの点は、別に良い。


長い目で見てあげたい点です。


c0325213_22003028.jpg



「でも、ママ、それでいいんやろ?」と確認しながら、少しずつ自分で気をつけようとしている姿勢も見られたり。


結局は、障がいを乗り越えるのは自分自身。


どんなことも、自分次第。


だから、今の辛さも理解してあげながら、適切なサポートを得て、彼らは乗り越えるしかない。


理解とサポート。


これだけは絶対に必要です。ですが、同情の視線は親からでさえいりません。


c0325213_22003186.jpg



理解とサポートだけを、周りの大人たちがしてあげれば、それで良いのです。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

[PR]
by Maria0815 | 2017-03-14 22:00 | 発達障がい☆ | Comments(1)

★上級心理カウンセラー★メンタル心理カウンセラー★チャイルドカウンセラー★家族療法カウンセラーがお届けする、子どものこと。おうちのこと。


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧