卒園。

思えば、幼稚園が始まる2年前のちょうど今頃、「絶対に幼稚園へは行かない」と断固拒否し続けていました。


入学式では、1人で座れず、幼稚園の先生にお話しして、横に椅子をつけてもらって、私も園児席に座りました。


初めての日曜参観を拒否し、6月に入ると、登園拒否をしました。


「行きたくない」と言っていた幼稚園を、いつの日か大好きになりました。


年長さんでは、1度も「行きたくない」とは言わず、むしろ病気になっても「行きたい場所」になりました。


c0325213_08031695.jpg



年長さんになって、少し経ったころ担任の先生を大好きだと言いました。


発達障がいの子が、他人を大好きだと言うことが、あまりに凄いことなので、私は心からびっくりしました。


それから、お友達が大好きだと言い、初めて女の子からお手紙をもらったりしました(笑)。色々な女の子にお手紙を貰って、「みんなのことが大好きやから、1人は選ばれへん」と、ジャニーズJr.みたいなことも、のたまいました(笑)。


たくさんのお友達と、たくさんたくさん遊びました。


先生に叱られたこともあったし、お友達とケンカしたこともありました。


たくさん笑って、たくさん泣きました。


そして、3月16日、無事に卒園式を迎えました。


ただただ、感謝しかありません。


出会えた全ての人に。


起こった全てのことに。


ありがとうございました。


c0325213_08031715.jpg



みんなみんな、大きく羽ばたいてね。


子どもたちが作る未来の手助けが、私にもできますように。


今朝はゆっくり時間がながれています。


さぁ、春休み。


とある人の、タイミングの悪い寝違いを大爆笑した私は、今日、寝違えました(笑)。痛い。。。


皆さん、良い1日を。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村










[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-17 08:03 | ブログ☆

正解を求めないで生きていく。

c0325213_15092305.jpg



明日、長男ちゃーが卒園式を迎えます。


発達障がいを抱える彼を、温かく見守ってくれた先生方。最後の最後まで、彼が小学校へ行くことを心配し、励ましてくれた先生方。


優しく接してくれたお母さんたち。


支えて、助けてくれたたくさんの友達。


それぞれに別れを告げる春。


2度と戻らないからこそ、キラキラ輝いていた日々。


ありがとう。


★☆★


卒園式の練習が不安で仕方ない長男。ずっとずっと、担任の先生を見つめて、頷いてくれるのを確認しているみたいです。


発達障がいの長男ちゃーは、一見普通に見えます。知能の高いタイプなので、たぶん専門家が見なければわからない発達障がいのタイプです。


でも、卒園式の意味はたぶん理解していません。


「おめでとう〜」と言われてお祝いされることなのに、どうしてみんな泣くのかが理解できない。


日々、不安そうに先生を見つめているようです。


チック症も絶好調ですが、自分で乗り越えるしかないんです。理解者のそばで。


c0325213_17354282.jpg

彼にとっては、誰にも邪魔されずに、自分の世界に没頭する時間が、大切です。ムーミンハウスは立派な箱庭療法やわ。


どんな事にも正解があるように見える時代。


全ての人が、どうすることが正解だろう?と答えを求めて生きているように感じます。


フェイスレス エイジ。


全てが同じような幸せを求める今の時代に生きる人を、そう呼ぶそうです。


顔が見えてこない世代。


発達障がいの子が、画一的な幸せや正解を求めれば、そこには苦しみしかないように感じます。


画一的な幸せや正解ではなく、自分だけの幸せや正解を求めて生きる。


正解を求めてもがきながら生きるより、正解なんてないのだと、思って生きたほうが、実は幸せになれる。


そんなメッセージを、全ての子どもたちに伝えられたらなぁ。と思います。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-15 17:35 | 発達障がい☆ | Comments(0)

発達障がいの子は今、落ちつくことができません。

発達障がいの子は基本的に、「変化」と「突発性」に弱いのが大きな共通点です。


卒園、卒業、クラス替え。


大人の慌ただしさや、心ここに在らずを見抜いて、「問題行動」を起こします。


友だちとのケンカが絶えなかったり、偉そうに言ったり、トイレの失敗があったり、こだわりに執着したり。


c0325213_22002843.jpg

最後のお弁当。あけたらお手紙。嬉しくてちょっと寂しいサプライズ。


様々な行動に出てきます。チックもそのひとつ。


でも、「困った」ことをする子は、裏を返せば「困っている」子です。


困っているから、困ったことをする。


変化に戸惑い、傷ついている子たちです。


c0325213_22002933.jpg

寒いのに、アイス。しかもシャーベット(笑)。


発達障がいの子どもは、障がいを知りながらのサポートが必要です。


適切な時に適切なだけ。


ですが、乗り越えるのは自分自身です。ヘルプを必要としながらも、やはり将来は自分次第です。


辛さの乗り越え方は、発達障がいであれ何であれ、溺れそうになりながらでも、血を流しながらでも自分自身で見つけなければいけません。


c0325213_22002909.jpg

泥だらけの遊びをしている子どもは、本当に夢中ですよね。


ですから私は、自分自身の特性を知ることを、そんなに悲観していません。


そりゃ、親が悲観しながら伝えたなら、本人も悲観するでしょう。


我が家の長男も、じぃじやばぁばに「なんで、そーかなー。。。」なんて言われることもあります。


我が家は障がいはまだ告知していませんが、本人はこう言っています。


「◯◯は、◯◯やから(自分の名前)これでえーねん。」


そう。それでいい。


そう伝えれば、それまでのことです。人を傷つけるような行為や言動には厳しく注意しますが、外見に注意がむきにくい点や、食べ方が綺麗ではない点。姿勢などの点は、別に良い。


長い目で見てあげたい点です。


c0325213_22003028.jpg



「でも、ママ、それでいいんやろ?」と確認しながら、少しずつ自分で気をつけようとしている姿勢も見られたり。


結局は、障がいを乗り越えるのは自分自身。


どんなことも、自分次第。


だから、今の辛さも理解してあげながら、適切なサポートを得て、彼らは乗り越えるしかない。


理解とサポート。


これだけは絶対に必要です。ですが、同情の視線は親からでさえいりません。


c0325213_22003186.jpg



理解とサポートだけを、周りの大人たちがしてあげれば、それで良いのです。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-14 22:00 | 発達障がい☆ | Comments(1)

「ママ、東大に行きたいんやけど。」

c0325213_20543533.jpg

最近は、週末に旦那さんのソフト見学が一家の習慣。なんだか、気持ちの良い週末の過ごし方です。

2年くらい前からでしょうか?


長男ちゃーが「東大に行きたい」と、良くつぶやきます。


6歳なのに(笑)。


たぶんきっかけは、「日本で一番賢い大学ってどこ?」と尋ねられたことでした。


まぁ、4歳で尋ねる長男もどうかと思いますが、この辺りは発達障がいあるあるですね。


目に見えるもの(順位など)に、意味を見出しやすい彼らです。


「数学で、世界一の大学は?」とも聞かれました(笑)。


「マサチューセッツ工科大学ちゃうかなー?」(実際は知らない。。。笑)。


「ほな、そこ行く!」


「………」


c0325213_20543602.jpg

男子2人、ホワイトデーのお返しに、色付きリップ作成中。


いや、夢はデカイ方がいいけれど、大学は最終目標じゃないよ。


「マサチューセッツへ行って、数学やってどうしたいん?」


「うーん。。。」


少し6歳には難しかったかな。


c0325213_20543734.jpg

天然の色素で色つけ。


「ママー、働くのってなんのためなん?」


その後、しばらくして尋ねてきたちゃー。


「そりゃ、世の中を良くするためさ」。


c0325213_21372705.jpg

チョコレートも作ります。39歳のとーちゃんはソフトのあとは伸びてます。


そう。仕事は決して生活のためでも、お金のためでもない。


少しでも、世の中が良くなり、少しでも、人の役に立つためにするもの。


人間ひとりの力は微力だけど、無力ではありません。


世の中を良くするために東大を目指すなら、それは素晴らしいこと。


でも、良い就職先を見つけるために大学を選ぶ社会は、もう終わりを告げようとしていますね。


c0325213_21372799.jpg



東大へいきたいと言った長男ちゃーに、2歳の頃のゴンさんのひとこと。


「えー、ちゃーは東大行くの?ゴンは万代(スーパー)行くわ!」


ある意味、返しに天才的なものを感じた母でした。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村












[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-13 21:39 | 子供のおもちゃ☆

旦那さんと子どもへの意見が異なる時。

なんだか、いつまでも寒いですね。


春の足音が、近付いては遠ざかる。そんな日々です。


先日告知させていただいた数学教室。早速、お申し込みやお問い合わせをいただいています。


数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。


春休みに、是非、お子様と遊びに来てくださいね!


★☆★


さて、普段から良く耳にする相談の内容に、


「旦那さんが、話を聞いてくれない。」
「旦那さんと、子育ての意見が違いすぎる。」
「旦那さんが、わかってくれない。」


というのかあります。


はい。わかります(笑)男女は平等ですが、違います。育って来た環境が違い、見て来たものも違います。


ましてや、24時間子どもと対峙している母親と違って、帰宅後や土日の数時間。ベタベタと甘えられることもなく、まとわりつかれることもなく、ましてや、幼稚園や保育園での様子なども見ていない父親とは、意見が違うのは当たり前。


c0325213_02561112.jpg



あくまでも社会がステージの男性と、結婚して子どもができると、どうしても家庭がステージの女性。はじめから意見なんか合わないと思っている方が無難かもしれません。


ですが、実は子どもにとって、「価値観は2つあった方が良い」のです。


というのも、社会は多種多様な価値観で満ち溢れており、それらを取捨選択して生きていかなければならないのが人間です。


1つの価値観だけに縛られて生きることは、実は大変危険で、社会適応力の低い大人になってしまう可能性が高くなってしまいます。


ですから、まずはベースとなる考え方。つまり、「卑怯なことを許さない。」「小さな子どもをいじめない」などの人間の基本となる価値観を擦り合わせておけば、子どももそんなにぶれることはありません。


c0325213_02561198.jpg



ですが、そこはこちらも人間。一緒に暮らす中ではイライラも募りますよね(笑)。


旦那さんをどうにか説得、納得させたい。というお母さんの気持ちもわかります。


全てが全て、考え方を変えることはもちろんできませんが、男性というのは意外に素直で、納得ができれば、コロっと考え方を変えたりしてくれたりもします。


その一番大切なことが、理論的に話し、医学上や理科学的に証明がある。ということを元に話すことです。


男性は女性の「感情的な面」が理解できません。


「泣いて訴えたのに聞いてもらえなかった」ということを良く聞きますが、そのシーンだと男性側からすれば「泣いていること」しか記憶に残らず、内容は全く聞こえていない(笑)。言っても無駄な感じですね(笑)。


私の言っていることが、どれだけ社会的に認められているかを伝えるために、データー収集をする。まるでビジネスマンのプレゼンです。


c0325213_07260987.jpg

ちゃーが貰った、ラブレター(笑)。人生最大、唯一のモテ期です(笑)。


例えば、「甘える」ということについて、両親の意見が食い違ったとします。


物を与えることなども意見が食い違いがちですね。


「甘える」ことをどこまで良しとするか。父親の方はどうしても、「甘やかすな!」と言いがちです。


でも、物を与えること以外の甘やかしは、とことんやってあげる方が良いのが子ども。


つまり、心はとことん満たしてあげる方が良い。


c0325213_07261051.jpg

「やりたい気持ち」もそうですね。


それを、感情的に話すのではなく、理論的に伝える。


「小さな頃に、十分依存できなかった子どもは、将来100%何かに依存するというデーターがあるの知ってる?ギャンブルや男女関係、非行に走るというのは実証されてるよ。」


などのように、きちんと伝える。


私は、ずっとそうしてきました(笑)。元々、子どもについては、私が専門家ということで、旦那さんはあんまり煩くはなかったのですが、それでも微調整が必要(笑)。


障がいについては、特にそうでした。


あ、男性は特に「専門家」にも弱いかもしれませんね。


男性の方にも譲れないことがあるでしょうし、こちら側にもある。


相手の思考回路を理解することで、物事がスムーズに運ぶ。家庭もつまりは、人間関係から成り立っているわけです。


でも、決して全てにおいて、同じ方向を向けば良いというわけではないことを是非知っておいて下さいね。


それは、お姑さんの関係においても同じです。


違う価値観で育てる人がいても良いのです。


たくさんの価値観に触れることが、子どもの人格形成に役立つことを是非知って下さいね。


c0325213_07324229.jpg



★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-11 07:32 | こどもにいいこと☆

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧