発達障がいとチック症。

c0325213_12391963.jpg



幼稚園が終わるまで、後9日。


毎日、長男ちゃーが「幼稚園終わるまで、後◯日」と言っています。


もう、この瞬間は2度と戻らないんやなぁと思うと、大切にしなければいけないものが見えてくる気がします。


我が幼稚園では卒園式に、親から歌のプレゼントがあります。


よろこびの歌


という歌なのですが、この歌詞がまた。。。練習の冒頭から友人と号泣(笑)。


「こんなんあかんわー!」と言いながら泣いていました。


でも、長男ちゃーは「ママ、泣かんといてや!」と言っています。たぶん泣いたらパニクると思う。でも、泣いてまう。さて、どうしましょうか(笑)。


★☆★


長男ちゃーを始め、どんな子どもたちもみんな、色々な形で、それぞれ「変化」を感じとっています。


我が長男はチックが絶好調です。


発達障がいの子どもはチックが出やすく、一般的には7歳くらいまでに治るのですが、季節の変わり目は出やすかったり、慢性化してしまうケースもあります。


チック症は本人さえ気にしなければ、私は個人的に良いのではないかと思っています。


どちらにしても、本人には絶対に伝えない方が良いのがチック症です。


それを気にしだすと、そのことが気になりすぎてストレスになってしまうからです。


c0325213_20310047.jpg

昨日はパパと動物園へ。


人に迷惑をかけるものでもなし、気にすることはない。


今はなんでも名前がつくし、少しでも標準からハズれると、それを修正しようとします。


普通でないから、面白いのに。


私は「発達障がい万歳!」なので、発達障がいの子どもたちが大好きです。


ですが、母親としてこの障がいの難しさも、身にしみてわかります。


c0325213_21354399.jpg

3兄妹、モルモットと触れ合う。


本来ならば、成長と共に適応できてくるものが、環境や人によって物凄く左右されること。


予定変更や、思っていたことと違う結果になる、ということには、やはり、いつまでも対応しにくいと思います。


それは大人になっても。


融通が利かない。応用が利かない。


それが発達障がいです。


もっと知識が広まり、理解者がいてくれることで彼らは楽しく暮らしていける。


その手助けができればと思っています。


c0325213_21354456.jpg

なんだか、良く似ている気がするのは私だけでしょうか?

★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-02 21:34 | 発達障がい☆ | Comments(0)

幼稚園終了まで、あと11日。らしい。

長男ちゃーが、おやつの時にふとこぼしました。


「幼稚園に行くの、あと11日やねんて。」


c0325213_23102782.jpg

長男がささっと作った、輪ゴム鉄砲。こんなん、簡単に作るのは、親が見てても凄いと思う。


もう、11日しか制服着ないんやー。と思ったら本当に感慨深く、熱いものがこみ上げてきました。


先生方にお渡しするアルバム制作の委員をさせていただいているのもあり、我が長男が在籍した「にじぐみさん」の子どもたちの写真を見ていると、夜中に1人で泣けてきたり(笑)。


みんな、それぞれの成長があって、なんか親戚の子どもみたいな可愛さ。


思えば、幼稚園選びも本当に苦労しました。


c0325213_23102815.jpg

次はゴンさんが幼稚園の番。


モンテッソーリ教育の幼稚園も、シュタイナー教育の幼稚園も、ありとあらゆる幼稚園を見学に行き、


「ないわー。」


と嘆きながら、消去法で決めた公立の幼稚園。


日本の幼稚園教育はフレーベル教育が基本。知育も早期教育も必要ない。当たり前のことを当たり前にしてほしい。給食があるなら、産地や食材の出所など、ちゃんとしていて、放射能などもきちんと調べている幼稚園。


そんな幼稚園、ありませんでした。


だったら、私がやろう!という、消去法での公立幼稚園だったのです。


我が幼稚園はお弁当ですから、食の管理は私次第。◯◯教育がないぶん、私が、彼の特性や個性を尊重し、伸ばすことができる。


そう思って選んだ、公立幼稚園。


c0325213_23102807.jpg

おマメさん、美顔中(笑)。


結果、長男ちゃーには大正解でした。


それはもう、素晴らしい先生方に出会えたからだし、素晴らしいお友だちに出会えたからでした。


幼稚園のことを考えても、全ては回り回ってうまく行くようにできているのかな?と思います。


c0325213_23102902.jpg



色々見た幼稚園が、全てピンとこなかった。今、長男ちゃーは格段に成長して、ここにいること。


発達障がいを抱えながらも、楽しく幼稚園に通えていること。


それが全ての答えのような気がしています。


c0325213_23103009.jpg



直感を信じ、子どもを信じる。


発達障がいを抱えるお子さんをお持ちのお母さん。是非、直感を信じてみてください。


幼稚園や小学校。ピンと来るか来ないか。子どもの表情が曇るか曇らないか。


その全ては、子どもが教えてくれます。


小学校もそうでした。結果、長男ちゃーが自分自身で決めた小学校。きっと、幸せがそこにあるのだと思います。


c0325213_23103121.jpg

「べっぴんさん」らしいです。

途中、行けないこともありました。


行きたくないと言ったこともありました。


年長さんでは1度も言いませんでした。


先生大好き!お友だち大好き!なんて言う日がくるとは思えませんでした。


泣いているお友だちを励ましたりできるようになりました。


この成長には、親もびっくりです。


発達障がいでも、成長します。ゆっくりですけど、歪ながらも、成長します。


親の手を離れ、先生やお友だちに任せた時、グンと伸びる子どもたち。


子どもを心から信じること。


発達障がいでも、そうでなくても、1番大切なこと。


長男ちゃーに、2年間かかって教えてもらったことです。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村








[PR]
# by Maria0815 | 2017-03-01 00:12 | 発達障がい☆ | Comments(0)

「好き」と「大好き」しかない人生。

今日は少しだけ私のことを。


普段、発達障がいや精神障がいを持つ人と接することが多いカウンセラーという仕事。


友人にも、発達障がい者もいれば、性同一性障がい者もいます。


もの凄い頭のいい友人もいるし、なんでそんなに男に騙されるんだ?という、どうしようもないバカもいます(笑)。


c0325213_22440550.jpg

今日はおマメのおもろガオシリーズです。


隣のおっちゃんは、パソコン教えてーと玄関先にやってくるし、近所の子どもはトイレを借りにきます(笑)。


我が家は常に開け放たれていて、色んな人が出入りしています。


まるで毎日が「園庭開放」状態。


でも、それで良いのです。子どもの育ち以上に大切なことはありません。


c0325213_22440614.jpg



そんな中で、ふと気づいたことがありました。


私には「嫌い」な人がいない。ということです。


接する人全てが「好き」か「大好き」(笑)。


老若男女全てです。「あの人苦手〜!」がない(笑)。


36歳で初めて気づきました。


c0325213_22440612.jpg



でもねー、これ、良いことだなぁと思えたんです。


接する人全て「好き」か「大好き」ってことは、悪口を言わないで済むんですよね。


そうすると、心をクリアに保つことができます。


しかめ面になることもないし、誰といても楽しいんです。


c0325213_22440734.jpg



色んな人の色んなことが知りたいし、人と出会うことが、本当に1つ1つ学びです。


出会い全てが、私の糧になり、財産になります。


「好き」と「大好き」しかない人生。こんな生き方もあります。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-28 00:03 | わたしのこと☆ | Comments(0)

出版ラッシュ。

本日月曜日、ちいさな森会員様サイトにて、発達障がいコラムをアップしています。


今回は、発達障がいの子との大切なコミュニケーションの方法であるコミック会話について書いています。


良ければ、読んで見てくださいね。



★☆★


雑誌の校正が佳境を迎えています。


c0325213_22553017.jpg



発達障がいだけではなく、「障がい」を扱う雑誌「きらり」。


私ももちろん、かなり登場します(笑)。


専門家として、発達障がいを扱う記事ばかりではなく、なんとこんなコーナーが!


c0325213_22553182.jpg



大丈夫か?私の料理で(笑)と、思わなくもないのですが。。。


料理は好きで、レシピなどは見ずに適当に作ります。お菓子やケーキも、本やクックパッドなどは参考にしたことがなく、私自身の舌を信じ、自分でレシピを作るのが好きです。


こう書くと、長男ちゃーの味の敏感さは完全に私譲りであるとわかりますね。


ははは。


c0325213_23094168.jpg



そしてそして、我が家の長女ゴンがモデルを務めたこちらの本。

c0325213_10155012.jpg


男の子にも女の子にも、作ってあげたい服


がいよいよ発売になります!


3月3日発売です。我が家の家宝となる本の発売、今から本当に楽しみです。


4月には雑誌きらりと、発達障がい当事者で友人の朝倉美保さんの本。


そして、秋には私の本。


わぁ、まさに出版ラッシュ!


書いて書いて書きまくりですが、まだまだ足りません。


今、もしかすると、人生最強のバタバタ具合かも(笑)。


こんなのも楽しいのですがね。


c0325213_23094256.jpg



幼稚園まで、あと少しのゴンさん。ベッタリできるのも今のうち。


嬉しくて、少し淋しいのが親心ですね。


なんでか太文字ですみません。何度やっても何故かなおらなかったので、このままアップしますね(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-27 02:00 | ちいさな森☆ | Comments(0)

イヤイヤ期の「やりたい」が「生きる力」になる。

我が家の次男坊おマメは、2歳4カ月です。


イヤイヤ期真っ只中の年齢ですが、我が家の3人はイヤイヤ期にあまり苦労した経験がありません。


イヤイヤ期はもちろんあったのですが、発達障がいの長男ちゃーの場合も特性を理解していたので、「事前告知」でだいたいのことは納得していたように思います。


イヤイヤ期という言い方も、あまり好きではないので私は「やりたい期」と呼んでいます。


なんでも「やりたい!」。


なんでも「自分で!」。


でも、「できない!」。


「うぎゃー!」となるわけです。


c0325213_11312132.jpg

今は4歳のゴンさんと同じことがやりたいのね。


専門的なお話をすると、この1歳半くらいから出てくるイヤイヤ期は、「第1反抗期」と言われるもので、体外妊娠期と言われる「赤ちゃん」の時期を経て、自分の力で歩み始めた全ての子どもはが、


「僕は、私は、お母さんとは違う人間なんだ!」


とはっきりと自覚する時期てす。


自分の足で歩みはじめることで好奇心が芽生え、世界が広がる時期と、このイヤイヤ期が同時期に訪れることは、子どもの成長にとって本当に大切な時期であると大人たちに警告をしてくれているのだなぁと、驚かされるばかりです。


c0325213_11312254.jpg

なんでもね、やりたいの。結果じゃなく、過程が大切な子ども時代。


この、「やりたい期」が訪れた子どもたち。決して縛らず、やりたいことを、やりたいときに、やりたいだけできる環境を1日に1度でも与えてあげることができたら、子どもたちは満足し、無意識のうちに自己を肯定し、親を信頼し、それを生きる力に繋げて行くことができます。


c0325213_11312379.jpg

玄関のお掃除はおマメの日課です。


決して手は出さず、口を挟まず、見守る。


初めから終わりまで、自分でやめるまで待つ。


c0325213_12134411.jpg

ちりとりの使い方が斬新(笑)。


こんなことを話すと、必ず出る質問があります。


「親の言うことを聞けない、ワガママな子になりませんか?」


と言うことです。


ワガママと成長過程の違いをしっかりと理解し、適切な援助をすれば絶対になりません。


親の邪魔にならぬよう、やりたい時にやりたいだけテレビやスマホを見せることは、ワガママです。


ですが、子どもが成長したいと言う欲求に対して、思う存分させてあげることは、ワガママではありません。人間の欲求です。


そればかりではありませんが、全てにおいてバランス良く。


ワガママを聞くべきない場所では、絶対に聞かないという親の態度を貫くことも大切です。


テレビやスマホ、ゲームも、全て悪ではありません。発達におけることからお話すると、必要なものではないのですが、「善」だけで、人間は生きて行くことができないのと同じです。


c0325213_12242179.jpg

ゴンさんはもう、お手の物です。


ただあまり早い時期からは、私は推奨しません。


特に発達障がいの子には。


またその辺りもお話しますね。


ここ数日の寒暖の差で、発達障がいの子どもはあまり調子がよくありません(笑)。


私の仕事も溜まりに溜まっています(笑)。


金曜日。ラストスパートですね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-24 12:24

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア