緩やかに、しなやかに

c0325213_02505854.jpg



いちごの美味しい季節となりました。


我が家では、いちごが食卓に上がるたびに争奪戦が繰り広げられています。


大食感の3人兄妹のお腹を満たすのは、並大抵のことではありません。


お父ちゃん、頑張ってや(笑)。


さて、最近子どもたちを見ていると思うことがあります。


それは、子どもたちには子どもたちの成長のリズムがあるということ。


外から操作できるものでも、誰かに強制されるものでもない、自分自身のリズムです。


c0325213_02505879.jpg



例えば、つい先日のこと。我が家のゴンさんが「おしゃぶりが欲しい」と言い出しました。


我が家は完母で、哺乳瓶やおしゃぶりの類を、3人ともが全く受け付けなかったのですが、今になってそんなことを言ったのです。


内心私は「来た来た」と思っていました。


c0325213_02505994.jpg



長女ゴンは、この春から幼稚園です。


プレ幼稚園へ行ったり、入園説明会があったり。長男ちゃーの通う幼稚園で、知っている先生ばかりですが、やっぱり環境の変化に気づいているのでしょうね。


ごはんを食べさせて欲しいと言ったり、トイレについてきて欲しいと言ったり、親に手間をかけさせようとします。


中には、おもらしやおねしょをする子もいるでしょうね。


c0325213_02510010.jpg



これは、いわゆる赤ちゃん返りと同じです。


環境がぐんと先送りされる時、つまり、自分に弟や妹ができたり、幼稚園や保育園へ行ったりする場合、自分の意思とは違う場所で環境だけが先に整えられ、子ども自身の感情は後回しにされる状況の時などに起きる現象です。


簡単に言えば、そのことによって、子どもたちは親や大人に警鐘を与えているのだと思います。


c0325213_02510113.jpg



だから、「おしゃぶりが欲しい」と言ったときに、「来た来た」と思ったのです。


結果、どうしたか?


もちろん買いました。そして、3日くらいずっとチュパチュパしていました(笑)。幼稚園へお迎えへ行くときも、していました(笑)。


でも、3日くらいで自然に放しました。


c0325213_02510197.jpg



そして、昨日2月22日。体験入園で初めて私と離れて、先生と過ごすことができました。


それまでは、親子体験でもくっついて離れなかったのに。


かなりあっさり、離れました(笑)。


「これこれ!」と私は内心ほくそ笑みながら、やっぱり子どもって凄いなぁと感心しました。


赤ちゃん返りは、大きく飛躍するための「溜め込み」です。


大きく大きくジャンプする前に、しっかりしゃがんで力を溜め込むアレですね。


ゴンは、おしゃぶりで赤ちゃん返りをし、そのジャンプする力を溜め込んでいたのですね。


これは、おしゃぶりが功を奏したのではなく、「おしゃぶりをしている自分を、お母さんが認めてくれた」。ということが、ゴンが一番嬉しかったことなんですよね。


こんなとき、「もう◯◯歳なんだから」。は通用しません。子どもはいつだって甘えたいし、親の愛情を試してもいます。


c0325213_02510257.jpg

「べっぴんさん」と、言っています(笑)。


子どもたちを比べてはいけないとわかっていながら、ついついやってしまうのが親であり人間です。


でも、子どもたちは、本当にそれぞれです。こんな赤ちゃん返りがない子もいます。


100人いたら100人が、自分の中の自然の法則に則って成長して行きます。


親である私たちは、それぞれを、緩やかに、そしてしなやかに受け止めなければならないなぁと、感じた瞬間でもありました。


ゴン、よく頑張ったね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-23 02:50 | こどもにいいこと☆

我が家の遊び「本作り」。

c0325213_21051566.jpg



我が家でよくやる遊びに、「本作り」があります。


これは2歳くらいからできるもので、どんどん進化して、今や長男ちゃーは図鑑作りをしています。


今日もひとつ作ったので、ご紹介しますね。


チューリップの花びらがひらひらと落ちてしまったので、長男ちゃーを「解体してみよっかー」と誘ってみました。


c0325213_22025069.jpg



花びら、おしべ、めしべ、と分けていきます。


c0325213_22025110.jpg



「あ!」


子どもって鋭いですよね。


「花びら、6枚!おしべ、6本!めしべのこのビラビラも6個ある!」


と気づきました。


そう、これって、自分で気付くから子どもたちの中に残るけれど、ただ教科書を見て、それを読むだけではなかなか残らない。ただの知識の詰め込みでしかありません。


c0325213_22025225.jpg



ひとつひとつ、詳細に描いていく長男ちゃー。


ここでやっと図鑑の出番です。


c0325213_22025362.jpg

我が家の図鑑たちは、出版社で揃えることはないなぁ。中身をひとつひとつ吟味して買っています。植物は小学館。


c0325213_22025465.jpg



おしべの役割、めしべの役割をふーん、と読んでいます。


そして、出来上がった「チューリップ図鑑」。


c0325213_22025552.jpg



c0325213_22025658.jpg



自分で発見したことを書いているだけのものですが、これは子どもにとってはもの凄い発見なんですよ。


自分で見つけたこと。


このことが、どれほど子どもたちの自信になるか、計り知れません。


単なる「知識」ではなく、この経験は必ず「知恵」になります。


人が幸せに生きていけるのは、「知識」があるからではなく、「知恵」があるからです。


知識と知恵の違いは、目の前にあるパンを、「パンである」と知っているだけなのか、空腹を感じた時にそのパンを作り出すことができるのか、それくらいの違いがあります。


発達障がいの子は特に、この経験がなければ、色んなことが身につかない子たちです。


雨の日や、誰かが風邪気味で外に出られない時など、こんな遊びを是非取り入れて見てください。


子どもたちの目が、本当にキラキラしていることに気付くはずですよ。


c0325213_22025603.jpg



この方は、お米研ぎに目がキラキラです。


c0325213_22025787.jpg



楽しそーやね(笑)。


★☆★

発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村




[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-21 00:03 | こどもにいいこと☆

発達障がいの子どもの「知識」は経験・体験を増やすこと。

本日月曜日、ちいさな森会員様サイトにて、発達障がいコラムをアップしています。


今回は少し年齢の高い子や、学習障がいの子どもたちにも応用できるかと思います。


是非お読みくださいね。



★☆★


c0325213_23472480.jpg



今回コラムにアップしている内容は、モンテッソーリ教育のコスミック教育をもとに、長男ちゃーの興味の行くところに焦点を合わせました。


ここで使用している白地図は、無印良品のものです。


かなり細かい地図なので、アバウトに塗っても良いかなーと思います。


この地球の話に行く前に、長男ちゃーが3歳から4歳のころ、宇宙に凝った時期がありました。


プラネタリウムへ行ったり、実際にプラネタリウムの大きな望遠鏡で土星の輪っかを見て、感動して帰宅したりという、体験的な宇宙の土台があってから、この地球の話へ流れてきました。


なかなか地球というものに興味がわかず、その宇宙にこだわる時期が長く続いてきましたが、きっかけは「海」の話だったと思います。


「海の生き物と、陸の生き物どっちのほうが種類が多いんやろう?」と長男が言い出したことで、「あ、今だ!」と思ったのです。


その時提案したのは、「ママと一緒に調べよう」ということでした。


あくまで、私が教えるというスタンスではなく、一緒に学ぶスタンスを取りました。


実は、これ、キーワードさえ打ち込めばスマホで簡単に検索できる内容だと思います。


けれども、調べる過程がすでに学ぶことですよね?


どこへ行って、何を調べればいいんだろう?と2人で考えました。


長男ちゃーは「本屋さんか図書館で、図鑑を調べよう」と即答してくれたことが、私はすごくうれしくて、紙の本。まだまだ無くなってくれるなよ!と思っています。


また、少しずつ、こんなお話もさせていただきますね。


今日はおマメの、似合わなさすぎの帽子シリーズをオマケ(笑)。


c0325213_23472562.jpg

手塚治虫大先生。。。


c0325213_23472664.jpg

太陽に吠えろのチィチィこと、地井武男。。。



c0325213_23472758.jpg

まるで、大木凡人のようだ。


あー、可愛い(笑)親バカ(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村


[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-20 00:30 | Comments(0)

発達障がいの子には「事前予告」が一番大切。

c0325213_13404199.jpg



発達障がいの子たちと接していて、一番気をつけることは、間違いなく「事前予告」です。


それだけ我が家でも2歳頃から気をつけていて、それがないと、パニックになったり、思い通りではない場合に癇癪を起こしたりしました。


今は、以前ほど頻繁ではありませんが、初めての場所へ行ったり、初めてのことをする場合にはきちんと伝えるようにしています。


c0325213_20204264.jpg

ミカンを庭に置き、メジロを待つ3人(笑)。


もちろん、6歳の今は、外で泣き叫ぶことはありませんが、静かなパニックを起こします。


固まる(笑)。


それは、慣れた幼稚園でも同じで、思った場所に上靴がない(つまり、自分が置き忘れてる)。ハサミがなくなった。など、静かなパニックを起こしている時は、誰にも聞けません。


私がいれば、私にボソッとは言えますが、自分から担任の先生に聞いたりはできません。


先生が気づいてくれる時は良いのですが、気づいてくれなければ、いつまでも固まっていたりします。


そんな時は、「どうするべきか」を伝え、結果までを伝えないといけないので、このあたりはやはり、定型の子どもへの接し方とは違ってくるあたりかなぁと思います。


c0325213_06205285.jpg

劇の発表会だった2月16日。頑張ったね。かっこよかったね。の気持ちを込めて、ゴンとおマメでちゃーの大好きな「ささみの梅しそチーズ春巻き」を作りました。


定型の子どもなら「自分で考えてごらん」で良いと思うのですが、パニックを起こした発達障がいの子は、頭も心もパニックを起こした要因にとらわれます。


そこからの思考回路の転化ができない、またはできにくいので、他人からの介助が必要になります。


気を反らせたり、別のことをさせたり、解決法の手助けをする。


c0325213_06205237.jpg

おマメさん、最近は料理男子です(笑)。


もっと小さい頃は、本当に大変で、「道順をこんな風に行くよ」とか、「◯◯に◯時までにつかなきゃいけないから、寄り道はしないでください」とか、玄関を出る前にきちんとを説明していました。


トラブルの予測も含め。


電車が止まった場合、道が混んでいた場合、お店がお休みだった場合などです。


幼稚園へ通い始めたころは、幼稚園で何をするかをボードを使って説明していました。


1日の流れの紙をポケットに入れて、握りしめていたこともありました。


くちゃくちゃに丸められた紙を見て、なんだか切なくなったのを覚えています。


c0325213_06205384.jpg



また、小学校へ行くとイチからやなぁ。と親としては痩せる思いですが(実際には痩せない)、また、準備のボードや、時間の工夫など、ちゃーと一緒に考えて行きます。


発達障がいでも、それぞれ違います。


発達障がいの療育のシステムが合う子や合わない子がいます。療育や幼稚園だけにお任せするのではなく、「我が家の工夫」を加えることで、彼らは凄く暮らしやすくなります。


また、その辺りもご紹介させていただきますね。


c0325213_06205424.jpg

黙々…(笑)。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-17 05:59 | 発達障がい☆

うちの子は、そんなに立派じゃないけれど。

ラジオ放送、たくさんの方にお聞きいただけたようで、ありがとうございました。


バレンタインの放送だったのに、そんな色気のある話は皆無でしたね(笑)。


少しでも楽しんでいただけたなら、私も嬉しいです。


★☆★


さて、私のような仕事をしていたり、教職に着かれていたり、幼稚園の先生や保育園の先生をされているお母さん方も、このブログの読者には多いようです。


今日は、そんなお母さんの話。


皆さん、よく勘違いされるのですが、そんな仕事のお母さんはさぞかし立派な子育てをされているのでしょう。と、どうやら思われているフシがあります。


全然違います(笑)。あ、中にはそんな方もいらっしゃるかと思いますが、私は違います(笑)。


c0325213_19375747.jpg

バレンタインに、長男ちゃーが貰ったチョコレート。小さな女の子が、モジモジしながら渡してくれる姿は、本当に可愛いです。みんな、ありがとう。


お母さんとしては、50点くらいかな(笑)。それでもずぅずぅしいかな。


それに、子どもたちも品行方正な立派な子どもかと言われると、ぜーんぜん違います(笑)。


やんちゃもするし、悪さもするし、泣いたり笑ったり怒ったりする、普通の子どもたちです。


c0325213_19375806.jpg

おマメさんも、黙々とチョコレート作り。


大人が言う、いわゆる「良い子」ではありません。


どこにでもいる、子どもです。


立派でも、特別凄いわけでもない。


c0325213_19375986.jpg

あ、残りのチョコレート、舐めるつもりやな!



それぞれ、みんな自分が一番だと思っている子どもたちです。


でもね、それで良いかなぁと思っています。


「私はちゃんとやっているお母さんなんだ」


「子どもたちをちゃんとしつけなくては」


「こんな職についているんだから、子どもたちはいい子に育てなきゃ!」


時々、そんなお母さんを見かけます。


人の前で、子どもたちを怒鳴りつけるお母さん。


c0325213_20503085.jpg



それくらい、子育てのプレッシャーは大きいのかもしれません。


でもね、立派な子どもなんて怖いですよ。


立派で品行方正な子どもなんて、後が怖い。


多少やんちゃでもワガママでも、立派な大人になればいいんです。


誰にでも平等に接したり、他人に優しくできる大人になればいい。


子どもの頃からそんなことできていたら、将来が不安で仕方ありません。私なら。


今のうちにやんちゃしなさいね。くらいの気持ちでいれば良いと、個人的には思っています。


専門家より前に子どもたちの母でありたいなぁ。そう思います。


c0325213_20503119.jpg



だから、うちの子は粗だらけだし(笑)、粗だらけの私の子だから、仕方ありません。と言っています(笑)。


c0325213_20503203.jpg

自分から自分に。。。


立派な子どもじゃなく、立派な大人になれば良い。


しつけより、愛情。


そんなことを、最近よく考えます。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らしの工夫や、好きなこと、私のことをアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村





[PR]
# by Maria0815 | 2017-02-15 00:33 | 母親力☆

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧