タグ:小学校 ( 2 ) タグの人気記事

子どもの作品と思い出のしまいかた。

過ごしやすい日が続きましたね。いよいよ、桜の季節がやってくるなぁと、肌で感じます。


さて、長男の卒園式が終わり、幼稚園から色々なものを持ち帰りました。


我が家の場合、春休みは整理整頓の強化月間です。


新たな環境へと変化する春。子どもたちの場合は特に、物の出入りが多く、年末よりもこの時期が一番しっくり来る気がします。


c0325213_02400877.jpg



皆さんは、この写真のような配布物はどうされていますか?


我が家は、とっておく派。


保育修了式のプログラムはもちろん、先生方が一生懸命作って下さった劇のお知らせなども残しておきます。ここには写っていませんが、運動会のプログラムなども。


そして、おたより。


幼稚園の記憶って将来必ず曖昧になるもの。でも、人間の成長においては最も大切な幼児期。幼稚園の先生がどんな風に思って、どんな風に接してくれていたかを是非知って欲しいなぁという、私の願いがこもっています。


先生との関わりが密な幼稚園ならではかもしれません。


持ち帰る作品の、大きな絵以外はこちらのBOXに。


c0325213_02375524.jpg



幼稚園だけのもので、一年間でひとつのBOX。セリアのものです。


この中には、名札や出席ノートも入っています。


これらのBOXは、普段はクローゼットのこちらの場所にしまっています。


c0325213_02375649.jpg



大きな絵は、右側の袋にまとめています。


我が家は、幼稚園以外に家でも色々つくるので、その都度その都度、残しておくものと、いらないものに仕分けします。


普段の折り紙や絵などは、直接ノートに貼り付けていくように。


c0325213_02375662.jpg



ノートの右側に貼っている箱のように立体的な作品は、折った状態で閉じて、袋に入れてノートに貼り付けています。


普段、家でつくる作品はこんな風に時系列で貼り付けていくと、成長や遊びの拡がり方がわかって面白いです。


幼稚園の思い出などは、まとめて一年間を保存する方が、次に箱を開ける楽しみがありますよね。


私は昔から「秘密の箱」みたいなものに弱く(笑)、箱の中に何かをしまうのがフェチ的に好きです。


綺麗なお菓子の缶は、今でも絶対捨てられないのです。


それは子どもたちにもばっちり遺伝。箱や缶は争奪戦。


特にやはり、長男ちゃーの箱への執着が凄く、「あー、遺伝やなぁ。。。」といつも思います。


c0325213_02375712.jpg



最近、走り始めたとブログに書きましたが、こんな風にまっすぐに伸びた小道も大好きです。


最近はアスファルトで補正された道ばかりでつまらないですよね。


凸凹じゃり道が、私は好みです。人生の道もね。


我が家の整理整頓強化月間に伴い、長男ちゃーの身支度コーナーや、長女ゴンの身支度コーナーの環境も見直し中。また、こちらに書かせていただきますね。


そんな中、次男おマメが発熱。


c0325213_02375873.jpg



遊び過ぎたかな?
今日は雨。ゆっくり過ごそうね。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。※4月のリニューアルに向けて、今コラムはお休み中です。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、650人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村



[PR]
by Maria0815 | 2017-03-21 02:37 | 丁寧な暮らし☆

土屋鞄のランドセル。

c0325213_21533001.jpg



今日、待ちに待った土屋鞄のランドセルが届きました。


長男ちゃーが選んだのはブラウン。


背負って見て、しっくりきたのがブラウンでした。


c0325213_21533165.jpg



今年40歳になるパパが、33年前に買ってもらったランドセルとパチリ。


軍隊のリュックがモデルらしいのですが、ランドセルという風習は日本独特のもの。


なんだか踊らされてる?と少しだけ思わなくもないのですが、


子も親も、人が「心踊る」という気持ち自体は、やっぱりいつまでも忘れたくないなぁ。と、思います。


きっと、きっと、色々ある6年間。


幼稚園の2年間とは、比べ物にならないくらいの6年間。


楽しいことも、辛いことも、嬉しいことも、悲しいことも。


全部経験しないと、人としては完成しない。


どんなことがあっても、家族はずっと君の味方だよ。


それだけはずっと伝えていきたい言葉です。


発達障がいの長男ちゃー。でもきっと大丈夫。


親が子どもを信用せずに、一体誰が信用するのでしょう?


起こってもいないことを、わざわざ心配する必要はありません。心配は、起きた時にすれば良いのだと思います。


c0325213_21533181.jpg



私を母にしてくれたのは、間違いなく長男ちゃーです。


彼のお母さんで、本当に良かった。発達障がいのちゃーのお母さんで、私は本当に幸せものです。


★☆★


発達障がい専門サイト・ちいさな森ホームページでは、魔女のおうち会員を募集しています。


会員登録をしていただくと、発達障がいの深い知識や、自宅でできる、発達障がいの子を伸ばす遊びや、我が家の工夫を書いたコラム。子どもたちの成長におススメのおもちゃなどもご紹介しています。


是非、会員登録なさって下さいね。
只今、630人の会員の方にご登録いただいています。

いつもありがとう。


インスタでは、暮らし、絵本、本、私のこと。をアップしています。良かった、フォローしてくださいね!
インスタグラム。


ランキングに参加してみることにしました。
良ければ、クリックしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村






[PR]
by Maria0815 | 2017-03-04 21:53 | ブログ☆ | Comments(0)

子育てカウンセラー。子どもの専門家が実践する、我が家の毎日。発達障がいの専門家としてちいさな森という発達障がい専門サイトを運営しています。http://chisanamori.wixsite.com/home


by マリア
プロフィールを見る
画像一覧